スポンサードリンク

不妊症の可能性があるときには

排卵がきちんとあるか、ホルモンの分泌が正常かなど、いろいろ検査を行ないます。

 

その過程で、子宮内膜症が見つかる場合があります。

 

検査をして、子宮内膜症が見つかった方の30〜50%が不妊症になるわけではありません

 

子宮内膜症があるから、赤ちゃんが生めないと、がっかりすることはありません。

 

子宮内膜症とうまくつきあいながら、無事に赤ちゃんを出産することができます。

子宮内膜症が不妊を引き起こす原因

卵子がキャッチできない

卵巣と卵管の癒着、卵巣と子宮の癒着、直腸と卵管の癒着です。

 

子宮内膜症になると、内膜組織によって隣接する臓器同しが、くっついてしまうことがよくあります。

 

そうすると、卵管や卵巣が動きにくくなってしまいます。

 

卵管の先(卵巣側)にあって、卵巣から飛び出した卵子をキャッチして卵管に送る卵管采の動きが悪くなれば、卵子をキャッチできなくなり、卵管に癒着があれば、卵子が卵管を通りにくくなる通過障害が起こります。

排卵が行なわれにくい

卵巣チョコレートのう胞になると、卵胞が成熟しにくくなり、正常な卵子の成長と排卵が障害されるため、妊娠しにくいと言われています。

プロスタグラジンの影響

子宮内膜症になると、プロスタグラジンという生理活性物質(微量で体の働きを調節する作用を持つ物質)の放出が盛んになります。

 

プロスタグラジンは流産を起こす原因にもなっていることから、妊娠に結びつきにくいといわれています。

サイトカインの影響

子宮内膜症になると、ある種のサイトカインが放出され、しれが不妊の原因になるといわれていますが、検証がきちんと行なわれていないので、むやみに不安がる必要はありません。

サイトカイン

リンパ球やマクロファージなどの免疫細胞や神経細胞、造血細胞は、互いに情報を交換したり、コミュニケーションをとったりするために、いろいろな物質を出しています。

 

これらの物質のことを総称して「サイトカイン」と呼んでいます。

 

このサイトカインがもたらす情報により、がんや関節リウマチなどの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患といった病気が発症したり、治ったりしているのではないかと推測されます。

 

子宮内膜症についても同様で、内膜組織が子宮の外で増殖すると、免疫細胞のマクロファージが集まってきます。

 

生体にとって異常な、余計なものの内膜組織を食べてくれます。

 

このマクロファージが分泌するサイトカインのうちのどれかが、妊娠を妨げてしまうらしいことが分かってきました。

 

マクロファージが集まってこないと増殖した余計な内膜組織は、そのまま増えつづけて、子宮内膜症が悪化してしまいます。

 

しかし、集まってくるとサイトカインのせいで、妊娠しにくくなる、非常に厄介な関係があるようです。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫とは、子宮にできた良性の腫れ物で、筋肉に腫瘍と書きます。

 

実際は筋肉のかたまりではなく、筋肉が線維に変異(線維化)したもので、触ってみると硬いものです。

 

線維腫ともいいます。

 

筋腫ができる部位は、95%が子宮体部、5%が子宮頚部です。

 

極微小のものから、10数kgに及ぶものまで、出産間際の胎児くらいの大きさで、それくらい大きくても症状がほとんどなく、ごく普通に生活を送っている方もいるほどです。

 

体型がスリムだと、お腹だけが妊娠したようにポッコリと大きくなっていることもあります。

 

30歳以上の女性の20〜40%、35歳以上の女性の40〜50%、月経がある女性の約20%など、さまざまなデータがあります。

 

保父にしみやしわができるのと同じようで、加齢減少ともいわれ、子宮筋腫の仕組みが明かではありません。

 

女性ホルモンのエストロゲンが何らかの形で影響しています。

 

子宮筋腫の発生メカニズムは分かっていませんが、筋腫が大きく成長するメカニズムがある程度、明らかになっています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク