スポンサードリンク

筋膜下筋腫は不妊とはあまり関係がないといわれています

子宮筋腫の種類が不妊に影響するということはいえるかもしれません。

 

一般的には粘膜下筋腫や筋層内筋腫は不妊になりやすく、筋膜下筋腫は不妊とはあまり関係がないといわれています。

 

筋腫が妊娠を妨げる理由でもっとも多いのは、子宮の変形で、受精卵や胎児に栄養を送る血管の減少や、卵管の変形が起こるため、受精や着床、胎児の成長が難しくなります。

 

また、筋腫がある所の子宮内膜は薄くなる傾向があるので、そういう点でも、妊娠にしくくなる可能性があります。

子宮肉腫

子宮筋腫の検査をしていると、ごくまれに筋腫に似ているがんが見つかることがあります

 

これは「子宮肉腫」という子宮体がんの一種で、子宮体がんの2〜5%ぐらいと見られる、非常に珍しいがんです。

 

子宮肉腫は、子宮体部の筋腫から発生します。

 

子宮筋腫は、エストロゲンの分泌がなくなった閉経後は、小さくなることはあっても、大きくなることはありません。

 

閉経後に大きくなっていくようでしたら、子宮筋腫ではなく、実は子宮肉腫だったという可能性もあります。

 

定期的に婦人科を受診してください。

 

CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像化装置)、腫瘍マーカーなどで、ある程度、子宮筋腫か子宮肉腫かの区別はつけられますが、最終的には子宮の細胞を器具で採取して調べる細胞診や組織診などの検査で、診断を確定します。

 

子宮筋腫そのものが悪性化して子宮肉腫になることは決してないので、子宮筋腫があるから怖いと心配する必要はありません。

 

症状に合わせて治療法を選んでください。

 

子宮内膜症や子宮筋腫には、新しい薬の登場や、手術法の進歩で、医まではさまざまな治療法があります。

 

患者さん自身の生活状況もっとも適した治療法を選び出すことが、子宮内膜症・子宮筋腫を選び出すことが、子宮内膜症・子宮筋腫の治療にはとても大切です。

 

子宮内膜症や子宮筋腫の治療は、齟齬とや結婚、とくに妊娠と出産という女性のライフスタイルに大きく分かれてくるためです。

基本となる治療法は、薬物療法と手術療法

子宮内膜症も子宮筋腫も、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて進行し、月経に伴なって症状が現われる病気です。

 

薬物療法は、エストロゲンを抑制するホルモン療法が中心になります。

 

ホルモン薬によって、女性ホルモンを出す卵巣の機能を弱めたり、抑えたりして月経を止める方法で、増殖した内膜組織や筋腫を小さくし、つらい症状を抑えることを目的とした治療法です。

 

ただし、ホルモン薬による治療では、病気を作り出す子宮や卵巣はそのまま残っているので、子宮内膜症や子宮筋腫をもとから治すことはできません。

 

そのため、このような治療法を「保存療法」と呼びます。

 

手術療法には、子宮や卵巣は残したまま、本来あるべきでないところにできた、内膜組織や筋腫だけを取り除く「保存手術」と、子宮や卵巣そのものを取り除く「根治手術」があります。

 

保存手術は、ホルモン療法と同じように保存療法です。

 

病巣をとってしまえば、子宮内膜症や子宮筋腫は、治ると思われるかもしれませんが、手術が受けて症状が無くなっても、卵巣や子宮が合って元気に働いている限り、再発の可能性が非常に高いのです。

 

子宮内膜症や子宮筋腫を完全に治す「根治療法」は、病気のもとを取り除く「根治手術」しかありません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク