スポンサードリンク

子宮の仕組みと働き

一般的におおよそ鶏卵のMサイズぐらいの大きさで、重さは約50gです。

 

直腸と膀胱の間に挟まれていて、前傾に少し傾いています。

 

子宮は、上部3分の2を占める「子宮体部」と下部3分の1を占める「子宮頚部」に大きく分けられています。

 

子宮体部は「子宮漿膜」と呼ばれる薄い膜に包まれています。

 

子宮そのものは、1〜3cm嫌いの厚さの筋肉でできていて、その筋肉は驚くほど伸び縮みします。

 

もともとは長さ8cm・幅4cmぐらいの子宮が出産直前には長さ30cm、幅25cmの大きさにまで伸び、出産後には元に戻ります。

 

子宮の内側は、子宮内膜という薄い膜に被われています。

 

この膜は基底層と機能層に分けられ、機能層は女性ホルモンの働きによって、妊娠の準備のために周期的に厚くなったり、剥がれ落ちたりを繰り返すのが月経です。

 

子宮の最大の役目は、妊娠の間、胎児の保護をすることです。

 

妊娠をこの先、まったく希望をしない場合、あるいは閉経が近いなど、妊娠の可能性が100%ないような場合には、子宮に病気があったら、摘出してしまうことで、根治するという選択肢もあります。

 

女性ホルモンは子宮からではなく、卵巣から分泌されているので、子宮がなくなっても、女性らしくなくなってしまう、心配はありません。

月経をコントロールするホルモンの流れ

ホルモンは女性の病気や治療に関わってくる大切なものです。

 

ホルモンとは、わたしたちの体の組織や器官に情報を伝え、きちんと働くように促す物質です。

 

内分泌器官と呼ばれるところ(脳にある視床下部や下垂体、甲状腺、副腎、膵臓、女性では卵巣、男性では精巣)からさまざまなホルモンがごく微量分泌され、血液に乗り全身に運ばれて、それぞれが目的とする器官に到達し、情報を伝えます。

 

人間のホルモンは約40種類あるといわれています。

 

そのうち女性ホルモンと呼ばれるものは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」のふたつです。

 

子宮内膜症と子宮筋腫は、月経と深い関わりを持っていますが、月経を周期的に起こしているのが、このふたつの女性ホルモンです。

 

子宮は毎月、妊娠のための準備を整えていて、妊娠が成立しないと月経になります。
この働きをコントロールしているのは、とても精密にセットされた体内のホルモンの流れです。

 

脳の視床下部から分泌されている「性腺刺激ホルモン放出ホルモン(ゴナドトロピン放出ホルモン:GnRH)」は、下垂体を刺激して、下垂体は「卵胞刺激ホルモン(FSH)」を分泌します。

 

これが目的地の卵巣に到着すると、このホルモンの刺激で卵巣の中の卵胞(たまごとたまごを囲む細胞が一体化したもので、生まれつき卵巣には数十万個の卵胞がある)が成熟し始め、ここで女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が分泌されます。

 

エストロゲンは、子宮内膜の機能層を厚く変化させて受精卵がやがてきたときの、いわばベッドの準備を始めます。

 

卵胞が十分に成熟すると、エストロゲンは下垂体を刺激して「黄体化ホルモン(LH)」分泌させ、その影響で排卵が起こります。

 

たまごが飛び出した後の卵胞は黄体という組織に変化して、黄体はエストロゲンとともに、もうひとつの女性ホルモン、プロゲステロンは厚みを増した子宮内膜の機能層をやわらげる環境を整えます。

 

妊娠が成立しないと、黄体は14日間くらいで退化するため、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が低下して、必要なくなった子宮内膜の機能層は剥がれ落ちてしまいます。

 

このときに起こる出血が月経です。

 

血液中のエストロゲンの量が低下すると、視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、月経のサイクルが繰り返されることになります。

 

ふたつの女性ホルモンの動きは、朝、起きたときに安静な状態で、測る基礎体温で知ることができます。

 

排卵で、プロゲステロンの分泌量がエストロゲンを上回ると高温期に、エストロゲンが上回っているときは低温期になります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク