スポンサードリンク

腹膜病変

内膜組織がお腹を包む腹膜に増殖したもの。

 

次第に大きくなり数も増えて、周囲(小腸や大腸、肝臓など)の臓器を癒着させていきます。

 

子宮内膜症では非常によく見られる病変です。

卵巣チョコレートのう胞

内膜組織が卵巣に入り込んで、増殖したもの。

 

出血を繰り返すと、チョコレート様になった古い血液が固まって卵巣が大きく膨らみます。

 

周囲の組織との癒着も起こります。

 

ほとんど無症状ですから、卵巣が捻じれると、激しい腹痛に襲われます。

ダグラス窩閉塞

内膜組織が子宮の後ろ側と直腸との間のダグラス窩で増殖したもので、子宮と直腸の癒着が起こり、ダグラス窩が塞がってしまいます。

 

月経痛をはじめ、肺便痛、性交痛などの痛みが強いのが特徴。

 

内膜組織が子宮の筋層内で増殖するものは、子宮腺筋症といいます。

 

たいへんまれですが、なかには、肺や横隔膜、膣、直腸など、思いもよらないところに増殖することもあります。

 

これは婦人科の手術や出産に際して、帝王切開を行なったときに、誤って血管も傷つけてしまい、内膜組織が血流に乗って、ほかの部位に飛んでしまったためだと思われます。

 

肺に飛んだ場合、症状が出ていても気づかないことが多く、肺がんなど別の病気で手術や検査をして、内膜組織が見つかるというケースもあります。

 

大腸などの消化器や膀胱などの泌尿器に飛んだ場合は、月経のときに血尿や血便が出ることもあります。

 

血便が出て、大腸がんを疑って調べてみたら、子宮内膜症だったという例もあります。

子宮内膜症の主な症状

内膜症そのものに加えて、癒着が引き起こすさまざまな症状があります。

痛み

月経痛、下腹部痛、腰痛、性交痛

月経異常

過多月経、不正出血、月経不順

消化器症状

排便痛、下痢、便秘、吐き気、腹部、膨満感、血便

尿路症状

排尿痛、頻尿、血尿

不妊

卵巣や卵管の動きが悪い、排卵障害

その他

貧血、むくみ、精神障害(イライラ、不安など)

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の代表的な症状は、月経痛です。しかも進行するほど症状が重くなります。

 

月経時の腰痛、性交痛、排便痛などがあります。

 

卵巣内で内膜組織が増殖した卵巣チョコレートのう胞の場合は、かなり進行するまで症状が見られませんが、大きくなった卵巣のつけ根の部分が捻じれる「茎捻転」を起こしたり、のう胞が破裂したりすると、激しい腹痛に襲われます。

どういうときに治療をする

子宮内膜症はそのままにしておいても、命に関わるような病気ではありません。

 

症状が月経周期に合わせて定期的に起こるだけです。

 

悪性にならないというのは、普通の子宮内膜症です。

 

卵巣チョコレートのう胞の場合は、閉経後に悪性(明細胞腺がんという卵巣がんの一種)になる可能性があることが分かってきたので、手術が必要です。

 

1年に1回は経膣エコーを受けて、のう胞の状態をきちんと確認しましょう。

 

月経がひどくてセックスが嫌でできないなど、症状によって日常生活に支障が出てしまうときは、治療をしてください。

 

子宮内膜症は不妊の原因のひとつになっています。

 

妊娠を希望する方は、早めの治療をしてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク