スポンサードリンク

子宮筋腫には

粘膜に近いところに筋層内筋腫があったり、粘膜下筋腫が筋層内にまで入っていたりするなど、はっきりと分かっているわけではありません。

粘膜下筋腫

子宮内膜に接しているところにできる筋腫です。

 

子宮の内側(子宮腔)に向かって増殖していくのが特徴で、子宮口から膣に出しまうと、内診時に目で見て確認することができます(筋腫分娩)。

 

小さくても症状が強く出ることが多く、3種類で月経痛や貧血がもっとも強く現れます。

 

粘膜下筋腫は月経時に、筋腫表面の血管が破れて大量に出血を起すことがあります。

筋層内筋腫

子宮を形づくる筋肉の層(筋層)の中にできる筋腫のことです。

 

このタイプが3つの中で一番数が多く、
いろいろなところにいくつもできやすくて(多発性)、大きくなりやりやすいのが特徴です。

 

粘膜の方向に出ているものもあり、粘膜下筋腫と見分けがつきにくいものも少なくありません。

漿膜下筋腫

子宮の外側を被う薄い膜を漿膜といい、子宮から漿膜の方に向かって大きくなっていくのが、漿膜下筋腫です。

 

症状がもっとも出にくく、赤ちゃんくらいの大きさになって見つかるというケースは大抵このタイプです。

子宮筋腫の主な症状

筋腫そのものからくる症状と、大きくなった筋腫が周辺を圧迫して起こる症状があります。

過多月経

筋腫に栄養を与えている毛細血管から出血、筋腫によって子宮膜の面積が増えるなどの原因で出血量が増加します。

月経痛

月経痛は、筋腫という異物を排除し様として、子宮が強く収縮するため起こります。

貧血

過多月経による鉄欠乏性貧血。

下腹部のしこり

筋腫がこぶし大くらいまで大きくなると、下腹部を起こしたときに硬いしこりに触れます。

圧迫症状

子宮周囲の血管の血行が妨げられて起こる下腹部痛、腰痛、大腸が圧迫されて起こる便秘、膀胱や尿管が圧迫されて起こる頻尿や排尿障害など。

不妊

子宮や卵管の変形が受精や着床に影響。

 

婦人科医が特に気にするのは、痛みではありません。過多月経による貧血です。

 

粘膜下筋腫では、子宮の内側に筋腫ができてきますが、その表面にはたくさんの血管が張り巡らされています。

 

そして何らかのきっかけでそれらの血管が月経中に破れると、大出血を起こして過多月経になり、これが鉄欠乏性貧血を招きます。

 

貧血が続くと、体に重要な問題が起こる引き金になります。

 

血液中に赤血球は、体の各部位に必要な酸素を供給しています。

 

貧血が続くと、各部位に届く酸素の量が減ることになり、心臓はその減った分を補うために、心拍数を増やして、なんとか酸素を一定に供給しようとします。

 

そのため、心臓に大きな負担がかかるため、血管に問題が生じたり、心不全になる危険性が高まります。鉄はいろいろな酵素に含まれています。

 

鉄が不足すると、酵素の働きが悪くなり、感情障害(怒ったり、泣いたりしやすい)、記憶力の低下が慢性的に起こります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク