スポンサードリンク

腹腔鏡下子宮筋腫核出術

腹腔鏡という内視鏡を使って、お腹の中をモニターで見ながら、子宮筋腫を摘出する方法です。

 

お腹に針を刺し、炭酸ガスを注入して膨らませる気腹法や、上から引っ張る機械を用いてお腹を吊り上げる腹壁吊り上げ法を用いて、腹腔内を広くします。

 

次ぎに、おへその周囲を3〜5ヵ所切開します。

 

そこから腹腔鏡(径1.5cm)と、筋腫を取るモルセレーター(径1.5〜2cm)、鉗子などを指し込みます。

筋腫の処理方法

鉗子で切り取るほかに、レーザーや超音波メス、高周波メスなどで切ったり、凝固させたりします。

 

筋腫をレーザーで焼いて縮小させるマイオライシスという方法を取ることもあります。

 

マイオライシスは、直径6cm以下の比較的小さな筋腫に適しています。

 

腹腔鏡下手術の手術時間は、2〜3時間ぐらいです。

 

開腹手術に比べて、傷は小さく、術後の痛みも軽くて、入院期間も短くてすむというメリットがあります。

 

開腹手術よりも癒着を起こしにくいです。

 

腹腔鏡下手術のデメリットは、手で触れられないため小さな筋腫を取り残すことがあるため、医師の技量に左右される要素が大きく、実施できる施設が限られていることです。

子宮鏡下手術

子宮鏡下子宮筋腫核出術

レーザーや高周波メスをつけた子宮鏡を膣から子宮内へ入れて、子宮の内側に向かって増殖した粘膜下筋腫を切って取り出します。

 

なかでも、つけ根の部分が細くなっている有茎粘膜下筋腫を対象に行うことが多いです。

 

手術に要する時間は、2時間程度で1、2日で退院できます。

 

見える範囲が狭い子宮鏡の手術は、子宮に穴を開けてしまう危険があります。

 

腹腔内エコー、腹腔鏡を併用すると、手術の安全性が高まります。

子宮動脈塞栓法(UAE)

足のつけ根にある大腿膨脈にカテーテル(細い管)を挿入し、子宮につながる子宮動脈にたどりついた5.1mm角のゼラチンスポンジを注入して、筋腫に栄養を補給している、子宮動脈を塞ぐ、兵糧攻めを行なう治療法です。

 

子宮動脈を塞いでも、子宮には他の血管からも血液が送られているので、子宮自体は安全です。

 

治療時間はおよそ1時間で2〜3日で退院できます。

 

すぐに効果が出るわけではなく、次回以降の月経のときから、症状が軽くなっていたり、なくなったりしていきます。

 

筋腫そのものが小さくなるのは、3ヵ月ぐらいたってからです。

集束超音波療法(FUS)

超音波を筋腫に集中的に照射して筋腫の内部温度を60〜90度に上げ、筋腫組織を焼灼する治療法です。

 

MRI(磁気共鳴画像化装置)で確認しながら、20秒ほど照射し、幅5mmぐらいを焼いていきます。

 

治療時間は、3〜4時間と少し長いですが、患者さんは、MRIのベッドでうつ伏せになって寝ていればよいだけなので、非常に楽で、日帰りの治療が可能です。

 

最近では、子宮筋腫の大きさが3〜10cm、1回の治療数が3個以下など、適応範囲が限られています。

 

動脈塞栓療法と同様、健康保健適用にはなっていません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク