スポンサードリンク

子宮内膜症の場合

内診や経膣エコーなどの検査である程度、内膜症だろうと予測はつきますが、確定診断をするには、腹腔鏡検査で、お腹の中を実際に見なければなりません。

 

体にメスを入れるので、患者さんに負担がかかります。

 

検査中に内膜症が見つかったら、ただちに治療に移行できるという利点もありますが、気軽に腹腔鏡検査をします、とはいえません。

 

このような理由で、子宮内膜症と確定診断ができないことも多く、症状や病気の状態からこれは、子宮内膜症だと想定し、薬物療法を考える場合が少なくないようです。

卵巣の手術

子宮内膜症の治療で、卵巣の手術をすることがあります。

 

その目的は、卵巣の中に内膜症の病変がある卵巣チョコレートのう胞の場合で、経膣エコーで見つかると、診断と治療を兼ねて、腹腔鏡検査を行なうのが普通です。

 

手術は病変部の内膜組織だけを取るケースと、卵巣ごと摘出するケースがあります。

 

年齢などにもよりますが、卵巣を温存する選択が多くなっています。

 

卵巣は左右2つあります。片方だけに病変がある場合は、そちら側の卵巣だけを取るということもあります。

 

卵巣がひとつだけになってしまったら、女性ホルモンの分泌が少なくなるのではとか、子供を生むことができなくなるのでは、と心配される方も多いと思いますが、卵巣がひとつになったら、そのひとつが2つ分の量の女性ホルモンを分泌するようになります。

 

毎月排卵もします。手術は、根治療法を目的とする場合で、両方の卵巣と子宮を摘出することになります。

 

子宮内膜症を進行させるのは、卵巣が分泌する女性ホルモンですから、その大元と、内膜が発生する場を無くしてしまえば、子宮内膜症は完全に治ります。

 

ただし、更年期の症状が出ることになります。

 

治療法を選ぶ上で、もっとも大きなポイントとなるのは、妊娠を希望するかどうかということです。

 

ただし、妊娠を希望するので、保存療法の薬物療法を選択することは、必ずしも正しくありません。

 

子宮内膜症による不妊は、保存手術で治ることがまれではないからです。

 

また、子宮内膜症を完全に治したいのであれば、根治手術を選びます。

 

すでに子どもがいるなど、今後、出産予定がまったく無い方には、根治手術がすすめられることもあります。

 

治療をするのは医師で、患者さんは治療を受ける立場になります。

 

主治医は、その患者さんのライフスタイルを考慮しながら、一番よい治療法を提案してくれます。医師の話しをよく聞いてください。

 

患者さんと医師がお互いに納得した上で、治療をすすめるのが最善です。

 

子宮内膜症の保存手術は、妊娠に結びつく不妊症の方、早く子どもを作りたい方に、保存手術をすすめるのは、子宮内膜症の治療が結果として、不妊治療に結びつくことがあるからです。

 

保存手術としての腹腔鏡下手術には、子宮の癒着を剥がして卵管や卵管采の動きをよくするメリットがあり、不妊の原因とも考えられる内膜症の病巣を取り除くことも、妊娠の可能性を高めます。

 

不妊症で検査をしたら、卵巣チョコレートのう胞が見つかった場合、もっともすすめられている方法は、腹腔鏡で卵巣チョコレートのう胞(病巣)だけを取り、腹膜にまで広がった内膜組織を高周波メスや、超音波メスで焼き切る方法です。

 

研究で、腹腔鏡下手術をすることによって、妊娠率が上がるという報告も出ています。

 

内膜症による癒着が広範囲にあると、完全に癒着を剥がせないことがあるため、自然に妊娠が上手くいかないこともあります。

 

そういうときは、人工授精という方法を用いることで、高い確率で妊娠します。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク