スポンサードリンク

身体疲労は夕方から夜にかけてピークを迎えます

日中の疲労を引きずったまま不適切な寝具に横たわっても、決して回復は図れません。

 

横たわるのは、脊柱動物にとって、脊柱に負担のかからない姿勢の一つです。

 

重い頭部を支え、首の骨(頚椎)、背骨、腰の骨(腰椎)に大きな負担がかかっています。

 

とくに頚椎には常時6〜8kgの頭の重みがかかり、支えているのが筋肉です。

 

脊柱には生理的なわん曲があります。

 

重い頭をはじめ全身の重さを支えるために1本のまっすぐな柱ではありません。

 

少しづつわん曲して力を分散しています。

 

首から背中にかけて、縦の中央のラインから、両方の肩に向かって三角形に走る大きな筋肉、僧帽筋(そうぼうきん)です。

 

僧帽筋は上下に広く、筋線維が走る方向によって収縮したときに生じる動きが違います。

 

僧帽筋の上の方が収縮すると、首を後に反らすことが出来ます。

大きな負荷が骨や筋肉を解放するには

静かに横たわりゆっくり休息することです

休息中も大きな寝返りを存分に打って、血液やリンパ液、関節液などの体液を循環させることで、疲労は回復して、心身ともにスッキリします。

 

ベッドのスプリングが柔らかい、逆に床に薄い敷き布団だけでは硬すぎたりすると、横になっても背骨や腰椎を解放することはできません。さらに圧力がかかって、筋肉が緊張します。

枕の高さが合わない

頚椎が無理な角度で曲がり、その影響が背骨から腰椎、腕の神経にまで広がっていきます。

 

背骨全体の傾きは、ほんのわずかな首の角度で影響を受けます。

 

枕の役割は重要です。睡眠に影響を与える物理的条件はたくさんあります。

 

枕は、もっとも単純で、直線的で、影響力の大きい要素です。

 

肩こり、頭痛、手のしびれ、不眠、いびき、無呼吸といった諸症状を引き起こす大きな原因が枕にあります。

 

不眠や体調不良が枕にあることを気づかず、同じような睡眠を続けていると正真正銘病気になります。

 

肥満の人は、深い眠りのノンレム睡眠の浅い状態が長く、一方、レム睡眠が短くなってきます。いびきをかくようになります。

いびきは熟睡しているのか?

睡眠時無呼吸症候群=SASは、眠っている間に何度も息が止まる病気です。

 

舌の根元が喉の奥にある気道を塞ぎ、空気の通りが悪くなって起こります。

 

SASは、10秒以上の無呼吸状態が7時間の睡眠中に30回以上、1時間に5回以上起きる症状をいいます。

 

喉を無理に息が通るために、ラッパのようないびきになるのが特徴です。

 

呼吸が止まるたびに、息をしろと脳が命令します。

 

一種の興奮状態が続き、睡眠不足になります。

 

いびきは熟睡している証拠ではありません。

 

十分に寝ているはずなのに、昼間も眠くなり、やる気の無さや気力の足りなさなどを感じます。

 

太ると喉や舌の根元に脂肪が溜まりやすくなります。

 

気道が狭くなり、無呼吸になりやすいです。

 

肥満対策など生活習慣の改善が必要。食事や運動をして、よくなるケースもあります。

 

SASという病気は高血圧や糖尿病、脳卒中などの合併症を引き起こしやすいといわれます。

 

暴飲暴食で急に肥満になり、血糖値が500以上の生活を続けているとSASという睡眠時無呼吸症候群にかかります。いびきは病気の一つのサインです。

正しい睡眠を心がけましょう

睡眠は、人間の心と身体の健康維持に不可欠です。

 

睡眠状態こそが心身の健康の鍵を握っていることが分かってきました。

 

日本人の約20%に当たる2400万人が睡眠障害に苦しんでいるといわれます。

 

毎晩5人に1人が眠れない夜を過ごしています。

 

疲れたら休息をする、夜になったら十分な睡眠を取る。

 

私たちの心身は健全な状態に保たれ、新たな活力が満ちてきます。

 

睡眠とは、ゆったりと身体を横たえ、重力に逆らわない状態で静かに過ごす時間です。

 

脳や身体が完全に活動を停止してしまうわけではありません。

 

その間、生命維持に必要なさまざまな仕事がなされる時間です。

 

深い睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。

子どもの身長は成長します

寝る子は育つ。

 

大人は、この成長ホルモンが身体の組織の新陳代謝や再生を促すため、疲労回復をもたらします。

 

寝不足は肌がボロボロになります。睡眠は、免疫機能とも関連があります。

 

かぜを引いたら、眠っても眠っても、まだ眠りたいです。

 

これは、免疫機能を担当する白血球の中にあるサイトカインという成分の働きです。

 

ウイルスの増殖を抑え、体力の回復を図るため、サイトカインが身体を深く眠らせるように働きかけています。

 

また、睡眠中には、脳の中で、極めて重要な情報処理が行なわれています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク