スポンサードリンク

正しい姿勢が保てる寝具の特に注意すべき点とは

大きさが十分、硬さが適当、寝返りがしやすい、体がずり落ちない、安定性のよいこと、局部的に当たるところがない、ゆがみが適当である、保温性が十分である、清潔であること、肌触りがよい、乾燥している、ほこりが出ない、型の保温がよいこと、吸湿性がよいこと、掛け布団の軽いことです。

悪い姿勢が万病の元凶と知っていますか?

ふかふかした柔らかいベットを使用している人の間で、腰痛が激増しています。

 

眠っていながら疲れる、十分に睡眠を取ったのに疲労感が抜けない。

 

原因は、敷き布団、マットにあります。

 

背骨にズレ、内臓の圧迫が血行を妨げ、腰痛、肩こり、頭痛、不眠症、便秘、高血圧症を誘発が医学的にも明らかにされています。

 

約7割の人がな何らかの疾患を持っています。

腰痛、肩こり、ひざ痛は現代病

悪い姿勢は、体をアンバランスにするために無駄なエネルギーを費やし、疲れやすい、疲れれば姿勢は悪くなる悪循環で、これが肩こりや腰痛の原因ともなります。
日常、荷物の上げ下ろしや持ち運び、体を前後に傾ける動作で腰に思わぬ負担をかけています。

 

負担がかかるのは、背骨は、椎骨の椎間板で起こります。

 

その周りに内臓、体の各部に通じている交感神経と副交感神経が張り巡らされています。

 

体を曲げたり、腰に力が入ったとき、椎間板が出て周りの神経を圧迫します。

 

それがさまざまの障害を起こす原因です。

 

肉体的圧迫のうえに、毎日の生活の神経疲労が加わり、疲労を増加させます。

 

溜まった疲れを一晩の睡眠で回復しなければいけません。

 

疲労が残ると、1年で365倍、3年間では1,000倍以上の疲労が蓄積されます。

 

柔らかい布団は寝たときの背骨の状態は、立っているときと同じようにW字形に曲がり、昼間の骨に溜まった疲労を取ることができません。健康を損ねます。

 

寝返りで体を曲げたり、よじったりして、昼間、骨に溜まった疲れを取る生理現象が、眠りの間に脊柱を矯正していくことが大切です。

眠りは真の健康管理

毎日の職場での緊張と疲労は増える一方で、心がけなければいけないのは、毎日の健康管理です。

 

真の健康管理は、瀬前の状態、正しい眠りの中にあります。寝具へ頭を切り替える時期に来ています。

 

財産は健康で、健康があってこそ、人生の夢も希望も生まれてきます。

熟睡効果の追求

睡眠には、土台を支える敷き布団があります。敷き布団によって大きく影響されます。

 

生活面に潤いが出始めると、綿に敷き布団を二枚重ねにした柔らかい感じが好まれます。

 

生活が豊になるのと比例して、健康面に大きな障害が起きてきました。

 

不眠症、精神不安定の急増、若い年齢層を中心に腰痛患者の増加、子どもの成人病など大きな社会問題になっています。

 

人間工学の分野などからも、睡眠に重要な関わりをもつ敷き布団に障害あると指摘しています。

 

多数の日本人が柔らかい敷き布団で、健康の命綱睡眠に睡眠障害を及ぼします。

睡眠の時間は大切な一日の3分の1

枕は毎日使われながら、体に合わなければ肩こりや頭痛を起こし、首の骨が老化で変化している人は注意が必要です。

 

50歳以上にもなると首の骨や、骨と骨をつなぐ椎間板や椎間関節が老化で変化します。

 

変形性脊椎症などで椎間板がはみ出したり、頚椎の一部が変形して飛び出し、神経を圧迫し痛みや内臓に障害が出る原因です。

 

枕が合わず不自然な姿勢が続くと、このような状態を悪化させ健康な人以上に、首の後から肩にかけてのコリや痛み、肩から腕に走るしびれや痛みが起こりやすくなります。

 

仰向けに寝た場合、耳の高さが肩の前面の高さより少し高くなるようにし、首を自然に保つような高さが望ましいのです。

 

頚椎の並びを乱さず、中を通っている神経を圧迫しないためです。

 

枕の硬さはある程度必要と北大医学部 金田教授=整形外科医は報告しています。

 

頭が沈み込むほど柔らかい、弾力性がありすぎて頭や首の座りが悪いものは不適切。

 

枕の材料いかんに関わらず、寝ているうちに形が崩れ平べったくなるようではいけません。

 

首→肩→腕に伸びる神経も頚椎から出ています。

 

枕が高すぎたり、低すぎたりすると不自然に首を前に曲げたり、後ろに倒したりするのと同じ状態です。

 

長時間続くと、首や肩の筋肉が緊張するばかりでなく、神経の出口を狭くしたりするので、肩こりや腕にかけて痛みを引き起こします。

 

大きな後頭部にしか乗らないような小さなものではなく、首をしっかり支えてくれるものが良いです。

  • 肩こりは首の周りの筋肉ととても密接に関係しています。
  • バランスの摂れたしっかりした柔軟な筋肉が大切。
  • 枕を体に合わせるだけでも楽になります。

体の要骨盤が歪むダメ姿勢していませんか?

机に向かってする事務職の女性は要注意

背骨が歪む(ゆがむ)と、肩甲骨や骨盤を歪ん(ゆがみ)でいます。

 

無理な姿勢で長時間仕事を続け、骨盤・背骨のゆがみ(歪み)のため背骨から出ている神経が圧迫され、自律神経に悪影響を与え、手を支配する鎖骨下動脈、足にある坐骨動脈や大腿動脈の血行が阻害されます。

 

骨盤の歪み(ゆがみ)、肩甲骨や骨盤の歪み(ゆがみ)もみられ、それらに沿って分泌する血管や神経も圧迫されます。

 

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、骨を支えにくいため、骨盤・背骨が歪み(ゆがみ)やすい傾向にあります。

ペチャンコ座り

強度のO脚を招きます。

 

脚の付け根の骨が股関節から外側にはみ出し坐骨も外側に引っ張られひざ下が大きくねじ曲がるので骨盤に負担がかかります。

横座り

歪み、左右の脚の長差を生みます。

 

習慣にしている座り方は骨盤を大きく歪ませます。両足の親指を重ねない正座が一番。

横になって上の脚を前にずらす

長時間固定しつづけていると左右の坐骨の間が極端に開き、股関節の亜脱臼まで加わることに。体の重心を偏らせ、左右のバランスが崩れます。

休めの姿勢

片足に体重をかけると、片方の股関節に重さが加わり、外側にズレます。

 

骨盤にも大きく影響、左右の坐骨が離れます。常に重心を体の中心にして立ってください。

脚を組むクセ

ラクと思い、クセで脚を組むと股関節が脱臼しやすい状態の角度になります。

 

実は骨盤が歪みバランスを無意識に取っています。

 

骨盤を正常な位置に戻して、真っ直ぐに脚をそろえてお尻を引き締めて座ってください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク