スポンサードリンク

強い頭痛が続くときは自己診断は危険です

偏頭痛は、主に環境変化や精神的ストレス、睡眠障害、強い光や音、アルコール摂取、チョコレートやチーズなどの食物が誘引となります。

 

脳の後頭葉にある動脈が突然、吸収することで起こります。

 

前兆として視野の左側か右側に水面のゆらぎのような白いちらつきが、現れだんだん大きくなるのが特徴です。

 

20分ほどで血管が回復するのでちらつきは消えますが、反対側のこめかみあたりからズキンズキンという拍動性の強い頭痛が始まり、酷い場合には頭全体に広がります。

 

吐き気を伴うこともあります。専門機関で診断をしてもらってください。

 

頻度の高い頚性頭痛(首の筋肉の緊張によって起こる筋肉緊張型頭痛)だとわかれば、枕、敷布布団ひとつ取り替えることで、症状が改善することも多いです。

 

いつまでも不適切な枕、敷き布団で寝ていると、わざわざ頭痛を作り出しているようなものです。

 

うつにかかると、抑うつ感や不安、倦怠感の他に頭痛、食欲不振などさまざまな症状が出ますが、不眠はもっとも頻度の高い症状です。

 

パソコンに向かって長時間作業する際、姿勢が悪いと肩こりや頚性頭痛の原因です。

 

改善するためには、椅子の座り方に重要なポイントがあります。

片足だけあぐらをかくようにして座っている?

それでは肩こりや腰痛が起こります。

 

不良姿勢によって生じる肩こりが後頭部の筋肉緊張を引き起こします。

 

大後頭神経(だいこうとうしんけい)まで圧迫するため頭痛で、大後頭神経痛と呼ばれます。

 

大後頭神経は髪の毛の生え際あたりで、三叉神経(さんさしんけい)とリンクしているため炎症が広がると頭皮や顔のしびれ、眉頭からの目の奥の疲れと痛み、さらにはあごから頬にかけての違和感まで出現します。

 

座り方で一番重要なのは腰の一番下、骨盤部分と背もたれに押し付けるようにして座ることです。

 

そうすれば、座骨が真っ直ぐに立ちます。

 

骨盤が立てば、腰椎がこの上に軸状に乗ることができます。

 

長時間の作業で筋肉が疲れても、姿勢が悪くなることはありません。

 

脊柱の椎骨と椎骨の間にある円板のような形の組織を椎間板といい、中心部分の髄核を軟骨が取り巻く構造になっています。

 

その軟骨がつぶれて、髄核が後に飛び出す病気が椎間板ヘルニア。

 

この病気椎間板ヘルニアは、脱出した髄核が神経根を圧迫して、さまざまな神経症状を引き起こします。

  • 本人も気づかないうちに不良姿勢をとることで、頚神経を圧迫します。
  • 日常生活の中で首を労わる習慣が必要です。
  • 長時間、同じ姿勢を続けることで首をいじめます。
  • 極端なうつむき姿勢も上向き姿勢も首によくありません。

頚部変形性脊椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎ねんざ(むち打ち症)、頚部脊柱管狭窄症などの首の病気は多くあります。

症状をコントロールする最大のポイントが姿勢

首の骨や関節、軟骨、神経が変形したり、炎症を起こしたりします。

 

症状が悪化するのは、いつもと違う負担がかかる、疲労が蓄積したとき、寒冷や低気圧といった環境的な悪条件にさらされたときです。

 

どんな姿勢であっても長時間、同じ姿勢を保つことはできません。長時間とは15〜20分くらい。

 

パソコンのディスプレイに向かう姿勢、台所に立って調理をするときの姿勢、両手を上げて作業をする姿勢みな同じです。

 

仕事となれば、1時間、2時間、同じ姿勢を取り続けることも多いです。

 

こまめに目線を変えることで、首も動き、それだけでも首の神経の休息になります。

 

うつむいて行なう作業が続くときは、ときどき目線の高さでも物を見るように頭を起こしてください。

 

立ち仕事では目線が下がりがちです。

 

前後左右に首を動かしたり、簡単な体操でもすれば効果的です。こまめに小休憩を入れてください。

 

だるい、重いは病の一歩手前、そんな症状を放っておくと、まもなく本当につらい症状に発展する可能性があります。

 

起床時、なかなか起きあがれないのも危険信号です。

 

多くの場合、その原因は不適切な枕、敷き布団にあります。

 

枕やベッドマッドが身体に合っていないと、自然な姿勢で眠ることはできません。

 

神経や筋肉が十分に休息できません。前日の疲れた引きずってしまいます。

 

首、肩、腰の痛み、頭痛、眼精疲労、不眠といった深刻な症状が出現します。

 

腰の部分が凹んだり、沈んだりしている、敷き布団が軟らかすぎて身体がハンモック状に沈んだりしてはいけません。

敷き布団は硬いほうがいいと思っているか?

そんな布団の上で一晩でも眠ったら、血液循環が滞り、関節が固まり、朝、だるく起き上がれなくなります。

 

起床時と同様、睡眠中も正しい姿勢を保ってください。あきらめないこと。

 

睡眠中の時間を治療時間と考え、前向きに取り組めばどんな病気でも上手に付き合うことができます。

首の神経の症状

肩こりは、肩の関節に異常があって起こるのではなく、首の神経の症状として首から肩、肩甲骨周囲の筋肉が緊張、痛んだりする状態です。

 

血液やリンパ液、関節液の流れが滞り、循環障害、むくみを生じ、こわばりや節々の痛みを引き起こします。

 

肩こりや後頚部の筋肉の緊張が続くと、後頭部あたりの頭痛が次第に頭全体に広がって、眉頭の目の奥まで痛み出し、頭皮や顔面がしびれてくることがあります。

 

これが筋緊張型頭痛の典型的な症状で、大後頭神経が緊張した筋肉に挟まれて炎症を起こすことで起きます。

 

大後頭神経は、頭の髪の毛の生え際で顔面は向かう三叉神経とリンクしているため、顔面のしびれや目の奥の痛みを伴います。

 

筋緊張型頭痛の3大原因は、無理をしない、合わない枕、目の酷使、パソコンに長時間向かう職業、美容師、歯科衛生士、エステシャンなどに頭痛を訴える方が多いのは、同一姿勢を長時間続ける、目を酷使することが原因です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク