スポンサードリンク

この社会の特徴は夜更かしです

何の影響もないとはいえません。生活リズム=夜更かしは生体時計に直結します。

 

夜更かしでは睡眠時間が減り、身体の中の生体現象=さまざまな生体リズムがバラバラに動き出して、相互関係が本来ある関係とは違ってしまう状態は、時差ぼけと同様のことが身体に起こります。

 

時差ぼけとは、4〜5時間以上の差のあるい地域を急激に移動した際、生体リズムと到着地の生活時間がズレるために起こる、一過性の心身の機能障害です。

 

夜更かしでは慢性の時差ぼけ状態を招いてしまいます。

 

生活リズムが乱れる夜更かしは、睡眠不足で生体時計の乱れは、時差ぼけで疲労をもたらします。

 

夜更かしの問題点は、睡眠の時間の減少、世の中は朝から動きます。

 

メラトニンは、一生のうちで、3〜5歳のころにもっとも多量に分泌されます。

 

メラトニンは暗くなると分泌され、夜であっても明るいと、メラトニンの分泌が抑制されます。

 

抗酸化作用、性腺抑制作用があります。

 

抗酸化作用とは、本来細胞に対して毒性を持っている活性酸素から細胞を守る働きです。

 

メラトニンには老化防止作用、抗がん作用があるともいわれています。

 

生体に重要なメラトニンが、なぜ幼児期に多量に分泌されるのかについては分かっていません。

 

夜更かしのせいで、メラトニン分泌が抑えられてしまったその影響についても分かっていません。

 

特に子供たちに与える影響について、常に問題意識を見守る必要があります。

 

夜中の光は生体時計に作用し、リズムを送らせます。

 

夜中に光を浴びると、生体時計は昼間と勘違いをします。

 

現代社会は、毎日24時間週7日間、常に情報が飛び交っています。

睡眠不足症候群

睡眠時間が少なくなると、交感神経系の活動レベルが高まります。

 

睡眠時間が減ることで高血圧や糖尿病の基本的病態の耐糖能の低下が起こります。

 

睡眠時間が減ると免疫機能も低下し、知的作業能力も低下します。

 

睡眠不足症候群という病気は、睡眠不足による眠気です。

 

さらに睡眠不足注意や集中量の低下、攻撃性、疲労、倦怠、意欲の低下。

 

生体リズムの調整に一番大切なことは、朝の光を浴びることです。

 

生活リズムの調整ポイントは早起きと昼間の活動量を増やすことです。

 

早起き、朝の光、さらに昼間の活動です。

 

必要な睡眠時間は個人差があります。何時間眠らないといけない基準はありません。

 

午前中に元気に活動できていれば睡眠時間は足りていると考えられます。

睡眠の目的は、脳の疲労回復

睡眠中の赤ちゃんの眼球がピクピク動くのは、脳波の働きと関連しています。

 

この現象から睡眠にも周期性があることを証明した学者もいます。

 

ピクピク運動=急激な眼球運動は、英語表記の頭文字からREMとなることから、レム睡眠と呼ばれます。

 

目覚めた状態とよく似た浅い睡眠で、大人が夢を見る睡眠帯に多い。レム睡眠は、成人では睡眠中1.5〜2時間おきに認められます。

 

眠りはおおむね、浅い睡眠→入眠→深い睡眠の順で続きます。

深い睡眠をノンレム睡眠

健康な人は、入眠後70〜90分で最初のレム睡眠が現れます。

 

その後、ノンレム睡眠の、状態に入り90〜100分の間隔でレムとノンレムを繰り返しながら、朝の目覚めを迎えます。

 

睡眠現象は、体温が下がり始めた3時間後あたりから始まるといわれます。

 

一般に体温が下がりつつある状態での睡眠はながく、低下したままの状態や上昇し始めてからの睡眠は短いとされます。

 

入浴は就寝直前ではなく、少し前のほうがいいことになります。ノンレム睡眠は、脳=大脳皮質に依存しています。

 

ノンレム睡眠の量は、脳の成熟速度と平行します。

 

睡眠にはやく周期性が認められる赤ちゃんほど、脳の成熟速度も速いということです。

 

成長ホルモンもノンレム睡眠のときに分泌量が多く、寝る子は育つといいます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク