スポンサードリンク

メラトニンのリズムを調整する作用とは

活動性、気分感情に与える効果は強く、日中に日光浴をすると大変気持がいいです。

 

高緯度地方に住む人々は冬に日照時間が短くなり、それが原因でうつ病が起こります。

 

夕方から夜にかけて強い光を浴びると、睡眠の時間帯が後にずれます。

 

覚醒を高めるには、2500ルクス以上が必要です。

 

眠れない、眠らないとという条件だけであるなら、もう少し低い照度でも効果があります。

 

光の効果は強度と持続時間の二つで変化します。

 

1000ルクスでも2時間・3時間と長時間浴びていれば、入眠時刻を後退させる可能性があります。

 

夜の10時以降では150ルクス程度に照明を落として、あまり明るい光を浴びない方が、リズムの安定には好ましいです。

 

メラトニンにはリズムを調整作用があります。

 

ベッドの幅が大きくなるにしたがって睡眠の深度が高くなります。

 

幅が狭いと楽に寝返りを打つことが出来ません。

 

寝ていても、寝返りを打つと落ちないかと気になり深い睡眠を取れません。

 

寝相がいいとか悪いとか、睡眠姿勢や寝返りにはさまざまな意見があります。

 

だれもが一晩に数十回の寝返りを打ち、数十回の身動きをして、じっとしていません。

 

ずっと仰向けに寝ていることはできません。

 

床ずれを起こし、あらゆる部分が圧迫されしびれてきます。

 

軟らかいマットレスや敷き布団に仰向けに寝ると、お尻が沈み、肩甲骨が沈み、からだがW字形にのけぞり、内臓を圧迫します。

 

腰に異常がある人は、ますます椎間板ヘルニアで痛くなり悪化させます。

 

軟らかい敷き布団、マットレスでは仰向けになると、からだがW字形になり辛く、寝返りも打ちにくくなり、睡眠は浅くなります。

薄い敷き布団、硬すぎるマットレス

クッションが弱いので、肩甲骨、腰、足のかかとなどが床にあたり、ゴツゴツして痛くなります。

 

仰向けは肩甲骨が痛く、横向きは肩や腰にあたりどの姿勢も長く続けられません。

 

睡眠姿勢が保たれず、深い睡眠が妨げられます。

 

高齢者では、背中の筋肉が落ちて薄くなっているので、クッションがある程度は必要です。

 

骨の部分が当たり、床ずれを起こしやすくなります。

 

体が落ちると、痛くて寝返りを打たないことが多くなります。

枕を選ぶ

枕の高さによって睡眠の質は大きく左右されます。

 

心臓から出た血流は、手足の先や脳に送られます。

 

少し頭を上げることで、血が頭に上りにくくなります。

 

頚椎がよい反り返りをする、一番いい状態になるように枕を首に当てなければなりません。

 

枕は、首筋の骨が前わんしている状態になるのが望ましく、軟らかくしてふわふわしたものより、しっかりした首・頭を支えるものがいいです。

 

枕が高すぎると首が窮屈になり、枕が低すぎると顔が真上に向き、頚椎に負担がかかりすぎます。

 

枕なしでは、あごが上がってしまい、頚椎への負担は一層ひどくなります。

 

枕を選ぶことは大切です。寝返りを打ちやすい長さも必要です。

 

肩こりや頭痛が増えている現実から、いい睡眠を確保するためにも枕の役割は重大。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク