スポンサードリンク

性ホルモンの分泌構造の差にあるようです

試みに、日本で行なわれた100時間前後の断眠実験からは、体温、血圧、心拍数、呼吸数などの身体面での変化はほとんどみられていません。

 

レオナルド・ダ=ヴィンチのように4時間ごとに15分の睡眠を取ったという天才もいます。

 

男女差は、全世界を通じて女性が男性より良く眠るようです。

 

女性ホルモンと下垂体ホルモンの分泌には周期性があり、月経現象として現れます。

 

受精した女性は胎児の成長のために黄体ホルモンが増えます。

 

ホルモンを作るためには、睡眠が重要になります。

 

限られたエネルギーを最も効率よく胎児に与えたり、自らを守るためには睡眠は欠かせません。

 

しかし、更年期を迎え訴えの圧倒的に多いのが不眠という睡眠障害です。

不眠を訴える人

閉経期の女性の訴えに多いのは不眠です。

 

睡眠障害の中でも最も深刻なのは、呼吸停止を伴うものです。

 

ひとつ間違えると死にいたるケースもあります。

 

新生児の突然死症候群、中高年者に多い睡眠無呼吸症候群がこれにあたります。

 

このような重篤な障害はいずれも男性に多いようです、普通の人が不眠を訴えるようになるのは、強い情動的障害=不安、恐怖状態、うつ状態など、このような障害は、初期不眠症に多いです。

 

心理的に不安や緊張を余儀なくされる心配事があるとき、人は眠れなくなります。

 

寝ようと努力すればするほど目がさえ、ウツウツとした気分で朝を迎えることになります。

 

この場合の不眠は心配事の種がなくなると、同じに不眠は解消します。

ノイローゼと同じで、原因の解決が先

問題はうつ病にまで進行した人たちです。

 

うつ病では、心因性の不安や恐怖状態に加えて、二次的に引き起こされた身体的愁訴=頭痛、下痢、便秘、吐き気などによって、精神活動のポテンシャルが低下します。

 

何事にもやる気がなくなるのがうつ病の特徴です。

 

レム睡眠の出現率が高く、熟睡できず悪夢を見たり、浅い眠りの中でさまざまなイヤな感情の波に揺さぶられます。

 

良く眠れないため、朝起きるのが辛くなります。

夜更かししていますか?

夜更かしして眠らないと、免疫力が低下してかぜなど引きやすくなります。

 

赤ちゃんが眠くなると、手足の先がぽかぽかと温かくなることを知っていますか。

 

眠りに入るメカニズムには、体温が深く関わっています。

 

眠くなった赤ちゃんの手先が温かくなるのは、体温を下げようと手先や足先から熱を外へ出すシステムが働いているためです。

 

眠りの準備は寝入る2時間くらいから始まります。

 

手足の指が温かいほど寝つくまでの時間が短いことが確認されています。

 

あまり寒いと、手足の末梢血管が縮んで熱を逃すまいとします。

 

体を温めると、手足から放熱しやすくなり、眠る体制のスイッチが入ります。

 

就寝前の入浴は、放熱しやすくなる程度に温めるのがポイントです。

 

熱い風呂に長時間入ることは心臓に負担がかかり、放熱しにくくなります。

 

寝る前のホットミルクなど温かい飲み物は体を温めリラックスできます。

 

牛乳に含まれるトリプトファンには眠りを誘う効果があります。

 

お子さんを早く寝せたいときには、そんな環境も大切です。

熟眠できるようになる理想的な枕とは

ある程度の硬さと寝返りが打ちやすい枕は、頚椎の生理的わん曲(前わん)を作り、歪みを正しくします。

 

首が悪い人は、足首が固くなり、自律神経の伝達が悪くなります。ひざが固いのも同じです。

 

頚椎4・5番の出っ張りは免疫力の低下でかぜを引きやすい人です。

 

寝違えを起こしやすい方・首に問題を抱えている方は、柔らかい枕を避けた方が無難。

 

コンクリートの上を歩く、土の上を歩く、砂浜を歩く、一番疲れにくいのは、土の上を歩く。

 

硬すぎてもダメ、柔らかすぎても不安定で筋肉に負担がかかります。

 

頭や首も枕の上で寝返りを打ちます。

 

枕は、適度な硬度は必要で、寝返りする時に力が入りません。

 

寝違えの原因は、枕の柔らかさにあります。

枕は、睡眠中、頭を乗せるだけの寝具ではありません

寝姿勢に影響します。起きて何かをしているとき、無理ない姿勢を長時間続ければ、身体の節々が痛くなったり、凝り固まり辛いものです。

 

寝るときも同じです。苦しい姿勢で寝ていれば、ぐっすり眠れないのは当然です、疲労も残り脳内の情報整理も上手くはいきません。

 

長く寝れば寝るほど、心身に悪い影響を与えることになります。

 

人間の身体的コンディションと精神状態は相互に影響しあっています。

 

質のよい睡眠の取れなかった翌朝は、疲労感を感じて身体がだるいばかりでなく、気分が憂うつでやる気が起きません。

 

そうした状態が続けば身体も悪循環に陥り、頑固な不眠症が作られていきます。

 

働く人々の首、肩、腰にかかる負担はどんどん大きくなっている時代。

 

オフィスは、デスクに座ったまま長時間、コンピュータとにらめっこ。

 

家庭でも、子どもがパソコン・ゲーム、主婦はインターネットに夢中。

 

パソコンの長時間使用が引き起こす症状や体調不良で、腰痛、肩こり、頭痛の症状が目立ちます。

 

女性の身体は、男性に比べて骨格も筋肉も華奢に作られています。

 

男女均等法で、男性と同じ肉体労働をすれば、肩、腰にも無理がかかります。

 

夏はエアコンの効きすぎた室内が冷えによる血流障害を起こします。

 

運動不足も筋力を弱め、外食中心の食生活が栄養不良、肥満の原因になります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク