スポンサードリンク

皮膚の健康には入浴は欠かせません

皮膚の健康には入浴
皮膚を清潔に保つことは大切で、体が温まって汗をかくことは、皮膚に潤いをもたらす効果があります。

 

しかし、長風呂はいけません。

 

皮脂膜や角質細胞間脂質が流れ出し、皮膚の乾燥を防ぐ機能が低下します。

 

温度が高すぎると、血管からかゆみを引き起こす成分が出てかゆみの原因になります。

 

体を洗うときには、ナイロンタオルなどで強くこすらないでください。

 

石鹸やボディソープは脱脂力が強く、ゴシゴシこすらなくても汚れは落とせます。

 

柔らかいタオルやスポンジを使い、やさしく洗ってください。

 

成分が皮膚に残ると刺激因子となるので十分に洗い流します。

 

入浴後は、早く体を拭くようにしてください。

 

濡れたままにして置くと、どんどん水分が蒸発して、皮膚の水分まで、失われます。

 

強くこすらずにタオルで、叩いて水分を吸い取るようにします。

 

皮膚がしっとりしているうちに、すばやく保湿剤を塗ると効果的です。

皮膚の外側の表皮を構成している角質細胞

基底層で作られ、形を変えながら除々に押し上げられます。

 

古くなった角質細胞は、垢として剥がれ落ちます。

 

表皮の外側にある角質層は、皮膚を乾燥から守り潤いを保ちます。

 

保湿機能や外から細菌やアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす原因物質)が侵入するのをブロックするバリア機能など大切な働きを持っています。

 

角質層の表面で覆われ、皮脂膜は皮脂と汗が適度に混ざり合った、天然のクリームです。

 

皮膚内の水分が逃げないように、ふたの役割をしたり、アレルゲンの侵入を防いでいます。

 

皮脂膜は弱い酸性を帯びており、軽い抗菌性も備えています。

 

こうした皮膚を守るための構造がしっかりしていれば、皮膚の潤いは保たれ、バリア機能を発揮します。

 

皮膚の外側の表皮を構成している角質細胞

肌荒れとは

肌荒れとは
気温が低下すると、血液の循環が悪くなるため、新しい表皮細胞の形成活動が低下し、角質間脂質の生成も少なくなります。

 

皮脂や汗の分泌も減り、皮脂膜の形成が不十分になり、皮膚の表面を覆いきれません。

 

ふたが無くなった状態になり、水分が蒸発しやすくなります。

 

皮膚の乾燥を防ぐには、早めに保湿剤を使い、皮膚の状態をコントロールすることで、炎症が軽く、皮膚がジクジクしていない段階では、保湿剤で対処できます。

しみ、そばかすはいくつになっても女性の悩み

しみ、そばかすはいくつになっても女性の悩み
しみはホルモンの代謝異常やストレス、紫外線のほか肝臓や腎臓の機能低下と深い関係があると言われます。

 

そばかすは、体質がある人に生じやすく、年齢が進むにつれて目立つようになります。

 

紫外線を含む太陽の強い照り返しを受けると皮膚のメラニン色素が増えます。

 

顔面・手首・肩などに直接数ミリの不整形で淡褐色や小麦色の小色素斑であるそばかすができます。

 

摩擦でも皮膚の色は濃くなります。

 

洗顔時にあまり強くこすり過ぎないようにしてください。

アロエについて

アロエ
日焼けによるしみ、そばかすを取ると言われています。

 

しみの原因はさまざまで、皮膚にはメラニン色素を作るチロシンというアミノ酸が紫外線に当たることでメラニン色素を作ります。

 

チロシナーゼ酵素をアロエ成分アロインが活性化を抑制して、皮膚の色を決定する因子メラニン色素の生成を妨げてその沈着を防ぎます。

 

日焼けしてしまった肌は、皮膚のほてりを静めて安静にするのが一番です。

 

アロエの持つ、消炎作用は日焼けのアフターケアに最適です。

 

日焼けをしてそのまま放っておくと、しみ・そばかすなどができる大きな原因となります。

 

肌にそのような悪影響を残さないためにアロエで、手当をしておきましょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク