スポンサードリンク

原因が分からないことが多い味覚障害

味覚が減退する「味覚減退」、消失する「無味症」、特定の味覚が分からなくなる
「解離性味覚不全」といった症状のほか、ある食べ物が本来の味と違った味がする「異味症」、
ある味覚を他の味覚と間違う「錯味症」、食べ物全体が嫌な味になる「悪味症」、
何も食べていないのに口の中で苦い、甘い、渋いなどの味がする
「自発性異常味覚」といった症状もあります。

 

原因はさまざまで、体内の亜鉛が不足していたり、病気のために服用している薬が原因で
あったりしますが、一番多いのは、検査を行なっても原因が特定できない「特発性味覚障害」です。

 

若い人の味覚障害が増えているのは、インスタント食品や加工食品に偏った食生活や、
極端なダイエットなどによって招かれた亜鉛不足が原因からのことが多いです。

 

味覚障害の治療は、薬剤が原因の場合は、
服用を中止しますが、それ以外の場合は、亜鉛剤を内服します。

 

日頃から栄養バランスのよい食事を摂るように心がけることが、予防の第一歩です。
味覚障害の発症は、中高年からが多いため、老化も原因のひとつという考えもあります。

 

味をキャッチする味蕾の数は、40代から退行を始め、70才を過ぎると半数以下に
減少していきますが、味蕾の数が減少しても、長年の経験からかえって
感覚や判断力が増す人も入るので、一概にはいえません。

 

食べ物のにおいを嗅ぎ分けられない、嗅覚障害と勘違いする場合もありますが、
これは味覚が正常であるため、風味障害として、別に扱います。

味覚障害の原因

亜鉛不足、偏食、疾患、薬剤の副作用などによって体内に亜鉛が不足している。

内分泌の異常

妊娠、糖尿病、副腎機能不全、甲状腺疾患などによる内分泌異常。

全身疾患

唾液分泌不全、高血圧症、ビタミン欠乏症、胃疾患、肝不全、腎不全など放射線治療による副作用。
薬剤服用の副作用などが味覚障害の原因に挙げられています。

バランスのよい食事

食事は栄養バランスよく摂りましょうと、よくいわれることです。
栄養バランスといわれてもピンとくる人は少ないです。

 

そこで一汁ニ菜とか定食風メニューになどと、いい替えられていますが、そこには落とし穴もあります。

 

確かに、そばやラーメンといった単品メニューより、定食風メニューにすると使われる食材が多様になって
栄養バランスが整いますが、品数が増える分、カロリー数が高くなってしまう危険性もはらんでいます。

 

栄養学的には、毎食、定食風メニューにしていると、
カロリーの知識がないままに、実践すると太ってしまう可能性があります。

 

それに朝はトーストだけ、昼はカレーライスといったように、
実際の食事というのはメニューにバラつきがあるのが自然です。

 

そこで現実的にはどのようにして、栄養バランスを整えていくのかというと、足りない分は
一日の中で補う、それが無理のようでしたら、一日のどこかで不足を補う、それでも無理な場合は、
翌日に不足を補うというよいに、少し緩やかに考えることで、実行をしやすくなります。

 

朝がトーストだけだったら、昼は単品にしないで、定食風にするとか、
朝・昼と単品だったら、夜は居酒屋風メニューで品数を増やすといった具合です。

 

このような考え方は、ダイエットを実践する際にも応用できます。
夜飲み会の日には、朝と昼を抑えてカロリーを調整します。

 

その日にカロリー調整が無理なら、翌日にするというようにです。

調理とは、調理には4つの目的がある

食品の中には、手を加えることなくそのまま食べられるこのもありますが、多くは皮をむいたりして、
切ったり、火を通したり、何らかの手を加えないと食べることはできません。

 

調理とは、このように食べられない食品を食べられるように、
食べにくい食品を食べやすいように処理することを言います。

 

食品に手を加えることだけでなく、食事の献立を考え、食品を選択、調達して調理し、
食卓に提供するまでの一連の過程全体も調理ということもあります。

 

食品を安全で衛生的なものにするため、食品に含まれる有害な部分を取り除いたり、
土や汚れを洗い流したり、殺菌のために加熱したり、硬い食材を煮て柔らかくします。

 

食品をおいしく食べられるようにします。

 

ただ食べられるだけでなく、食事としての満足感がありません。味を整え、香りや食感を向上させ、
色や形といった外観の見栄えをよくし、適度な温度で差し出すことが求められます。

 

栄養性を向上させる、でんぷんなどは、調理によって消化吸収がよくなります。
しかし、ビタミンやミネラルのように、治療法によっては、栄養素が破壊・流出してしまうものあります。

 

そのようなマイナス面をカバーする献立を工夫するのも、調理のひとつです。
世界のさまざまな国の国有の食文化の継承です。

 

日本人にとっては、日本料理を生まれ育った土地の郷土料理を
それぞれの家に伝わる家庭の味を継承していくことも、調理の大切な目的です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク