スポンサードリンク

ルナレストルセリピッド=頭皮料

植物性芳香性除菌オイルティーツリーオイル入り

  • 常在菌の異常繁殖を予防と殺菌。
  • 頭皮のニオイを予防・改善・脂漏性状態の改善。
  • レモンのニオイを付加した強化版。
  • 皮脂の分泌が多く臭いが気になる方におすすめします。

 

ルナレストルセリピッドの効果的な使い方

ルナレストルセリピッド=頭皮料は、弱った頭皮や頭皮の異常による薄毛・若ハゲに使う育毛頭皮料。

 

とんがりキャップをはずして中の栓を取り、ふたたびとんがりキャップをはめてください。
持ち運びするときは中栓をしっかりしてください。

 

指の腹に少量ずつセリピッドを出してつけるか、
とんがりキャップの先を直接頭皮に当て、少量ずつつけていきます。

 

頭皮全体なら20ヶ所くらいに。後退しやすい生え際の1cmくらい下から
ルナレストルセリピッドをつけて伸ばします。

 

全体に頭皮をつまむようにマッサージしながらルナレストルセリピッドを頭皮になじませ、
毛穴へ浸透しやすくします。

 

髪の毛は毛母細胞の分裂によって作られます。

 

シャンプー前につけます。
時間は長い方が効果的。

 

タオルで頭皮を包み、ビニール製キャップをかぶようにしたほうが効果的です。

 

シャンプー後タオルで水気を取った後、生え際と気になる部位に薄くつけ伸ばします。
乾いて髪がペタッと寝たり、頭皮がギラつくなら、つけ過ぎ、もつと薄くつけます。

髪が傷んでいるときのルナレストルセリピッドの使い方

シャンプーにルナレストルセリピッドを2〜3滴入れて洗います。
リンスやトリートメントにも2〜3滴入れて髪になじませます。

 

この方法は頭皮が弱っているとき、リンスやトリートメントを
使わないと髪がまとまらない人、毛質をよくしたい人におすすめします。

 

頭皮も髪も治したい人、育毛をしたいがリンスやトリートメントも使いたい人に。
ルナレストルセリピッドは天然の成分なので寒冷期には固化します。

 

そのときは容器をお湯につけて温めてお使いください。
体温で溶け、成分に変化はありません。

ひたいの後退=虚血性、うっ血、血の滞り

薄毛の新しい原因としてはストレスなどによる血の滞りまたは気血の滞りが増えています。
原因を血管拡張、血行促進効果だけで改善しようとしても限界があります。

 

局所的な血管だけの育毛法や育毛剤は、効果に限界があります。
新しい育毛剤が必要です。

 

ひたいの後退、M型の男性型脱毛症は特別の手当

使い方も違い、効果は、手当の方法と使い方で大きく違います。

 

ひたいの後退が難しいのは、原因の確定が難しいからで、体の不思議は、
おなじ男性ホルモンが部位により全く正反対に作用することです。

 

体毛は男性ホルモンで濃くなるのに、頭皮の一部は老化して細くなります。
ひたいの毛の伸びる速度は極端に遅く、手当の効果が判定しにくく、途中挫折組が増えています。

 

複数ある原因をどれだけ解消できるかが育毛の成功につながります。
1本の育毛剤で解決するのは不可能に近いことが分かりました。

 

薄毛は育毛剤などの成分的な効果だけに頼ると失敗しやすいです。
手当の組立と使い方により効果をアップさせることで育毛効果を上げています。

 

育毛クリニックのカウンセリングでは、症状や部位、体質を考慮して、3種類の育毛剤を使い分けています。

M型脱毛、ひたいの後退、発毛に特化した育毛剤

薄くなる部位によってホルモン支配は違い、原因も違います。

 

薄毛の原因が複雑化して、それに適応した育毛剤や機能を特化させた、
新しい機能を持つ育毛剤が要求される薄毛が多いです。

 

治りにくいとか治せないといわれている、M型脱毛やひたいの後退のために
開発したのがレストルスカルプケア頭皮エッセンスシリーズです。

 

進行に合わせてレストルスカルプケア頭皮エッセンスT・V・Xの育毛剤を使い分けています。

 

レストルスカルプケア頭皮エッセンスXは、発毛が期待できます。
薄毛進行度3〜5の進行した部位に使って成果を上げています。

 

商品は育毛クリニックで実際の効果を試して機能を強化された、100%実践から生まれた育毛剤です。
効き目は実証済み。

 

もちろん通常の薄毛にも効果があり、進行度3以上の薄毛にも、
レストルスカルプケア頭皮エッセンスT・V・Xの育毛剤が使い成果を上げています。

 

使い方に関しては効果を上げるために、症状により細分化しているので、
カウンセリングして使い方をアドバイスするようにしています。

パーマから薄毛に

薄毛で毛が少なくなったためにパーマを考えている人は要注意です。

 

アレルギー体質の人は、毛穴周囲の炎症、毛穴の閉塞など、
パーマに関して頭皮が、拒絶反応を示すことが多いです。

 

こうしたことから始まる薄毛は、通
常の薄毛とは全く別の手当をしないとこじらせたり悪化させることが多いです。

 

パーマを浸透させる補助剤が毛穴の内部へ浸透して薄毛が進行します。

白髪染め、パーマの薄毛

女性に多いケースで、白髪なのでカラーをする。薄毛になったのでパーマをかける。

 

この悪循環は確実に薄毛の進行につながります。
頭皮回復の手当てをしてからカラーやパーマをかけると、頭皮へのダメージはほとんど無いです。

 

カラーやパーマで薄毛を発現させたり、進行させないためには、
前処理として頭皮回復手当てをしっかりして、保護をすると頭皮のヒリヒリが防げます。

 

ルナレストルセリピッド=頭皮料で頭皮を保護しておくと、頭皮の防御力が大きくなり、
パーマやカラーの薬液によるダメージを防ぐことができます。

 

家系的に薄毛の可能性が高い人は、カラーやパーマの前後に頭皮回復をしてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク