スポンサードリンク

不足がちなミネラルが鉄・亜鉛

ビタミンとミネラルについて、ビタミンは、体の代謝に必要な物質ですが、体内では合成できません。

 

肌と深く関係しているのは、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEです。

 

ミネラルもビタミンと同じように体の機能を保つのに欠かせない栄養素ですが、体内では合成できません。
皮膚の角質を作るときに活躍するのがビタミンAです。

 

新陳代謝を促す働きもあります。
不足すると、肌が乾燥して角質が厚くなり、鮫肌のような状態になります。

 

β-カロテンは、体内でビタミンAに変わり、β-カロテンは抗酸化作用があります。

 

細胞にあるコレステロールやレシチン(リン脂質)などの脂質が、活性酸素やフリーラジカルにより、
酸化されると、過酸化酸素に変わり、膠原腺維(コラーゲン・ファイバー)や、
弾力線維(エラスティック・ファイバー)を変質させます。

 

これらの腺維は、皮膚の張りや弾力を保つ重要な組織です。
酸化により変質すると、しわができやすい状態になります。

 

β-カロテンは、脂質が酸化するのを防ぐ働き(抗酸化作用)があるため、
腺維の変質を防ぎ、しわをできにくくします。

 

紫外線によって起こるしわやしみ、にきびの炎症を防ぎます。
ビタミンA(β-カロテン)は油に溶ける性質がある脂溶性ビタミンです。

 

油と一緒に調理・脂肪のある食品と一緒に食べると効率よく摂取できます。

 

ビタミンB群の中でも、ビタミンB2とB6は皮膚の粘膜を保護する働きのある、
肌の健康を保つために欠かせない栄養素です。

ビタミンB2は

皮膚や爪、毛髪の発育にも深く関わっています。
不足すると肌荒れになったり、口内炎ができたり、皮脂の分泌がスムーズに行なわれにくくなります。

 

なかなか治りにくい、にきびを予防するためにも、ビタミンB2・ビタミンB6は役立ちます。
ビタミンB2・ビタミンB6は、皮脂を抑えるように働きます。

 

どちらかが不足すると、過剰な皮脂分泌を防ぐ働きが弱くなります。
ビタミンB群は、水に溶けやすい水溶性ビタミンです。

 

含む食品を扱うときは、水で洗い過ぎないように気をつけましょう。

ビタミンCは

皮膚の再生やホルモン分泌を助けて、メラニン色素を無色化するように働きます。
真皮内の膠原腺維(コラーゲン・ファイバー)の再生を促す働きもあるので、しわ予防にも効果があります。

 

きれいな肌になるためには、ビタミンCを内側からも働かせることが大事です。
ビタミンCは、体内に長い時間蓄積されません。

 

毎食摂るようにしてください。
水に溶けやすい水溶性ビタミンです。

老化予防のビタミンとは

ビタミンEは、血液の循環を抑制する働きがあるため、体の末端まで栄養を行き渡らせることができます。

 

ホルモンの分泌や自律神経を調整する働き、抗酸化作用で、新陳代謝を促し、
紫外線などによるしみやしわ、たるみといった肌の衰えを防ぐ効果があります。

 

ビタミンEを含む食品を摂るときは、
ビタミンEの抗酸化作用を助ける働きのあるビタミンCを含む食品と一緒に摂ってください。

 

ビタミンEは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンで、
肉や魚など脂肪のある食品と一緒に食べると、吸収がよくなります。

ミネラル

鉄不足は、体の隅々まできれいな酸素を運ぶことができなくなり、肌の水分を保つ力も弱くなります。

 

顔色が青白く、肌がくすみ、化粧のりも悪くなります。
女性は生理によって出血で鉄を失い、新しい赤血球を作るために鉄が必要になる状態を繰り返します。

 

鉄が不足すると、貧血状態になり、体調を崩します。

 

意識して摂ってください。
鉄を多く含む食品、牛レバー、牛もも肉、かつお、大豆、小松菜、ほうれん草、切り干し大根、ひじき、あさり。

 

新陳代謝に欠かせない亜鉛は、肌や粘膜を健やかにする働きがあります。
亜鉛不足は、肌や爪にトラブルを起こします。

 

肌荒れ、しみ、しわ、爪の健康が気になる人は、亜鉛不足を考えて、食生活を見直してください。
亜鉛を多く含む食品、豚もも肉、いわし、にしん、かき、帆立貝、大豆、ごま、そら豆。

アンチエイジング

年齢に打ち克ち、内側から外側からもきれいになる。
化粧水の役割は、後に使う美容液を肌の奥まで浸透させる道筋を作ります。

 

肌には本来持っているバリア機能があります。
美容液を肌の中まで入れるために、化粧水でローションパックが一番効果的。

 

肌に弾力がないと栄養たっぷりのどんな高価なクリームや美容液を塗っても、
それが真皮まで届かなければいけません。

 

カット綿と水で濡らして毛羽立ちをとり、さらに化粧水を垂らして、薄く割き、引っ張って伸ばして、
頬やおでこの広い面に張りつけて3分ほど置くと、肌のキメが整い、
この後に使う美容液をぐんぐん吸い込み確実に真皮まで届ける肌になります。

 

ローションは、ムラなくたっぷり浸透するよう、手でなくコットンでつけます。
しっかり挟んで指の一部になるように使います。

 

大き目のコットンにひたひたにローションをつけて、
指に挟んで持ち、顔の中央から外側、2・3回ゆっくりなじませます。

 

乾燥しやすい部分にはコットンを押し当てて、さらに重ねづけします。

 

細かいところにもムラなくつけるのが大切です。
足りないところは、メイクが浮きやすくなります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク