スポンサードリンク

しみ・しわができる

布団を干したり、衣類の虫干しは、紫外線が発生させる活性酸素の殺菌力を利用しています。

 

皮膚にとっては、紫外線を浴び活性酸素を発生させることは、皮膚の老化を進め、
しみ・しわを作る原因になり、皮膚がんの発生を招くことにもなるので非常に危険です。

 

紫外線には、波長の短いUVC、中波のUVB、波長の長いUVAの3種類があります。

 

波長の短いほど強力です。

 

皮膚に直接関わるのがUVAとUVBです。
波長の長いUVAは皮膚の表皮に届きます。

 

中波のUVBは表皮を突き抜け奥の真皮層にまで届きます。

 

2つの波長の紫外線は、それぞれの場所で、皮膚の水分子を破壊したり、
活性酸素を発生させたりして、皮膚にさまざまな害を及ぼします。

 

UVCは普通オゾン層が阻止し地球に直接届きません。
UVCはがんの発生に強い関わりがあり、注意が必要です。

 

しみやしわ、そばかすなどの原因も、紫外線が発生させる活性酸素や
加齢やストレスによって体内で発生する活性酸素です。

 

紫外線を浴びると、肌を守るフィルターの役目のメラニン色素が、紫外線によって発生した
活性酸素と戦いをはじめます。戦いの痕跡がしみ・そばかすです。

 

しわ・皮膚のたるみ

しわや皮膚のたるみは、真皮の変質によって起こります。

 

皮膚の弾力性や張りは、皮膚の主要成分コラーゲンや皮膚の結合組織の
必須成分のエラスチンによって織りなされ保たれます。

 

ところが、紫外線によって発生した活性酸素の影響を受けると、真皮層に、
コラゲナーゼ、エラスターゼという酵素が分泌されます。

 

それより、コラーゲンやエラスチンが破壊されます。
そのため、皮膚は弾力性やみずみずしたを失い、しわ・たるみが生じます。

抗酸化物質

活性酸素による害を抑えてくれる物質を外から補給することが重要です。
最も有用な働きをしてくれるのがスカベンジャー=掃除屋と呼ばれる抗酸化物質です。

 

抗酸化物質には、SODのような酵素に働きかけて活性酸素を除去してもらう働きを持つものと、
自らが酸化されることで脂質などが酸化されるのを防ぐ働きを持つものがあります。
抗酸化物質は、主として植物性食品に多く含まれています。

 

そうした食品を積極的に摂り入れていくことで活性酸素の攻撃に対する抵抗力が高まり、
酸化による血管の錆びつきなどを防ぐことが可能になります。

 

結果、肩こりや冷え性、慢性疲労症候群などの症状はもちろん、
生活習慣病、病気や老化からも距離を置いた生活を送れます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク