スポンサードリンク

毛髪が薄くなって頭皮が透けて見える

防衛・栄養の膜が破られ、若い男性と同じ皮脂を取る手当てではだめです。

 

知らないうちに、頭皮状態がまばらになり、何年もかかって休止期毛が多く薄くなっていきます。
毎日のシャンプーは一番大切。

 

シャンプーやリンス、トリートメント、整髪料の成分が慢性的な炎症を引き起こして、
頭皮の湿疹や異常の原因となっていることが多いのです。

 

頭皮が赤くなり炎症状態の悪化した育毛環境では良い毛は育つことはなく、
続くと頭皮や毛が次第に弱ってきます。

 

皮脂分泌

整髪料が、毛、毛口、頭皮に付着する

整髪料が育毛に不利となるのは、髪だけでなく毛口をふさぎ、頭皮を刺激します。
整髪料に配合されている界面活性剤などが、炎症の原因や頭皮と毛を弱らせる原因となっています。

 

このような状態の頭皮では、育毛剤が効かないだけでなく、
育毛剤を使うことでますます頭皮が弱り、薄毛を進行させることになります。

薄毛の約70%はアレルギー体質

アレルギー体質の細胞は防御力が弱いため、界面活性剤の浸透が早く、細胞を攻撃されやすい。

 

角質に界面活性剤やヘアケア製品が残留しやすいです。
かぶれやすく、手当てをしても治りにくい特異性があります。

 

その他、ストレスなどで血管が収縮しやすいため血の足りない状態になり、
気の滞り、気うつが起こりやすくなります。

 

それを改善しないで、ヘアケア製品や育毛剤を使うとかぶれたり、
細胞を攻撃してますます悪化させます。

 

薄毛で鼻炎の人は、体に余分な水が溜まり冷えがあると考えられ、
育毛の手当てとともに、体を温め、汗をかき余分な水を取ることで育毛効果にもいいです。

体の中は、直接的間接的に影響し合っている

育毛剤だけの局所的な手当てでなく、体の健康も考えるといいです。

 

近い親族や本人にアレルギー体質として環境により発現すると予想し注意する必要があり、
シャンプーや頭皮クレンジングによる皮脂の取り過ぎは逆効果です。

 

リンスやトリートメントは使わないことと、整髪料は頭皮に付着しない使い方をして、頭皮を休ませること。

 

過剰な手当てはかえって頭皮や毛を弱らせる結果になります。
手当てをしても波があり、じっくり手当をすることです。

育毛は、頭皮回復から

皮脂の多い頭皮
毛を直接育てるだけでなく、毛が育ちやすい環境にしてください。

 

毛が少なくなるのは、休止期毛(抜けていく毛)の割合が多くなり、
成長期が短くなり、毛の寿命が短くなり、頭皮に
異常があるためで、異常を正していくことで毛は回復してきます。

 

育毛剤では、保護作用や頭皮回復作用が不足しているので、
頭皮の改善に、 頭皮料=ルナレストルセリピッド、
スカルプケア頭皮ローションT、ルナレストル育毛シャンプーが必要です。

 

頭皮が衰えることによる、カラーやパーマをすると頭皮が傷む、休止期が多い、
毛穴の萎縮、頭皮の炎症、皮脂分泌過度、脂漏性湿疹による頭皮が赤い、
ピンク、黄色、黒ずみなどの異常を深い部位から改善するため
細胞活性化し根本からよくする頭皮回復手当て。

 

頭皮が弱っている場合、カラーやパーマがきっかけとなり
薄毛が発症したり進行することが多いです。

 

パーマやカラー液が弱っている頭皮にダメージを与えるためにも
事前に頭皮回復手当てをしたほうがいいです。

カラーの薬液は頭蓋骨まで染まる

痛んだ髪
強力で、頭皮は薄く染まり、毛穴の周囲がひどい状態。

 

薬液は「頭蓋骨まで染まる」くらい強力で、ずさんな染め方をされると
弱っている薄毛の頭皮ほどダメージが大きいです。

 

1ヶ月で髪は約1cm伸び、年に10〜12回はカラーすることになり、
この繰り返しのダメージが薄毛に悪影響。

 

カラー剤がよければといった単純ではなく、頭皮の状態、薄毛の進行度、体質、
毛の損傷度、粗造化の程度、気・血・水のバランスなど組み立てがひつようです。

 

頭皮にもやさしいというカラーでも薄毛は進行します。
育毛を根本にした組み立てが必要です。

 

毛はカラーやパーマ、シャンプーやドライヤー、ブラシなどで損傷して、
キューティクルが損傷したり溶けたり、ひどい損傷毛となります。

 

この毛の中にはカラー剤だけでなく、シャンプーやリンス、
水道の塩素など、マイナスとなる成分が浸透し残留しています。

 

それが流れ出て頭皮を傷める、頭皮はいつも薄毛が進行しやすい環境にあります。
おしゃれも、毛が細くなり薄くなってはたいへんです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク