スポンサードリンク

東洋医学では、冷えが腎の病と考えます

腎の気が弱ってくると、腎臓、膀胱の働きが弱まります。
疲れやすくなってきます。

 

腎は頭髪の栄養を司っています。
抜け毛も脱毛症、白髪の原因にもなります。

 

冷えは、確実に体によくない状態を作ります。
体が冷えると、血液の循環が悪くなります。

 

手や足の先の冷えは、無意識のうちに緊張していることで起こるものもあります。

 

緊張すると血管が縮んで、末端まで血が行き届かなくなります。
全身の血の巡りが悪いために末端が冷えるのが冷え症の症状です。

 

冬、寒くて手がかじかんだ経験はありませんか。
それが進むと感覚がなくなってきます。

手足のむくみ

手足のむくみは、疲労による一過性のものと、血液やリンパの流れが悪いために起こるものがあります。

 

血行不良の原因のひとつに、静脈の働きが悪いことがあげられます。
静脈の血管には弁があり、筋肉運動によって動き、血を送り出しています。

 

冷えや運動不足は、弁の動きを鈍らせ、静脈血の戻りを悪くさせます。
リンパとは、血液のように体内をめぐっている液体です。

 

リンパ液は、血液とともに、体内に必要なものを運びます。
いらなくなったものを排泄する役割もしています。

 

血液の流れが悪くなると、同時にリンパ液の流れも悪くなります。
リンパ液の流れが悪くなると、体内の細胞に不要な老廃物、水分が溜まりむくみになってきます。

冷えのぼせ、足のほてり

体は冷えているのに頭が暑くポーッとするのが、冷えのぼせです。
足だけが暑く感じるのは足のほてり。

 

のぼせる、ほてるということは、血液が体の一方方向に行ったまま戻ってこない状態です。

 

そこに血や疲労物質が溜まっているので、冷えと同様、血行障害といえます。
冷えとのぼせは、血液がキチンと循環していないために起こります。

冷え性を東洋医学では、冷えとのぼせに分けられます

貧血や低血圧の他に胃腸障害、新陳代謝障害などで血液の流れが順調でなくなります。

 

体内のバランスを取り戻すことです。
人間の肌や髪は、とても頻繁に新陳代謝を繰り返します。新陳代謝とは細胞が生まれ変わることです。

 

腎の働きの状態は髪の毛に現われるといわれています。

 

精神面では、腎は怖れと関連するとされ、驚きやすさ、警戒心の強さ、疑り深さなどにつながっています。
毛髪のためには体全体を健康にする食事が栄養が大切です。

 

髪の毛は皮膚と同じように体の一部です。
栄養が不足したり、偏ったりすれば衰えます。

 

毛髪はケラチンというたんぱく質からできています。
たんぱく質が豊富な魚介類を取る必要があります。

 

しかし、動物性脂肪をたくさん含んだ肉類を摂り過ぎると、血中コレステロールが高くなります。
青魚を食べると血管をしなやかにします。

 

頭皮には無数の毛細血管が網のように走っています。
大豆製品もいいです。

 

緑黄色野菜もいいです。
ブロッコリーには、ビタミンCが豊富です。

 

脱毛の原因のひとつにストレスが上げられます。
ビタミンCの入った、トマトを冷やして食べると食も進みます。

 

生活の中でストレスが重なってくると自律神経を緊張させて、
毛細血管を収縮させ血行を悪くします。

 

毛髪を育てる毛母は、毛細血管と自律神経の支配下にあるために、
血行が悪化すれば、脱毛といった毛髪の異常を起こしやすくなります。

 

ストレスのために自律神経が乱れると、体にさまざまな不快な症状がでます。

 

イライラする、怒りっぽくなる、やる気が起こらない、根気が続かない、不眠症、特に寝つきが悪くなった、
頭痛が起こる、頭が重い、肩こり、腰が痛い、目の疲れ、動悸がする、食欲がない。

肩こり、首のこわばり

凝るということは、筋肉が硬くなってそこに疲労物質の乳酸が溜まっている状態です。

 

血液が上手く流れていれば、乳酸が早く取り去られます。
血の巡りが悪いことが、こりの原因といえます。

 

パソコン操作、立ち仕事など、長時間同じ姿勢を続けることも、血の巡りを悪くします。

 

適度に動いているときよりも、同じ姿勢を保つ方が筋肉は疲れます。
腰が冷えると、骨盤内にある臓器に影響が出ます。

 

子宮、卵巣が冷えて働きが悪くなり、生理不順や生理痛を引き起こします。
骨盤内の臓器には、上行結腸、下行結腸、S字結腸といった大腸も含まれます。

 

この部分が冷えると、腸の働きが悪くなり、蠕動運動が弱まって便を送り出しにくくなります。
これが便秘につながります。

 

腸が冷えると、下りの時と同じように、腸が硬く縮む状態が起こります。
体内の不要な水分は、汗や尿で体の外に排出されます。

 

膀胱も冷えることで、収縮してしまうのです。
そのため、冷えると頻繁におしっこをしたくなります。

 

膀胱が冷えると、血液の流れが悪く、血液中の生体防御器官の働きが悪くなります。
冷えることで、細菌から体を守る力が衰え、体の免疫力が低下したときに起こります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク