スポンサードリンク

不安が髪の毛に良くありません

不安が髪の毛に良くありません
前額部・側頭部:ストレス性の物が多い。

 

頭頂部:炎症(のぼせ)によるものが多い。
後頭部:肩・背部や首のコリによるものが多い。

 

親・親戚を見て、先々の自分に不安を持つのも当然ですが、
遺伝は2分の1、100パーセント遺伝するわけではありません。

 

不安を抱きつづけると、原因となって抜け毛が増える可能性が大です。
早め早めに対策をして、知識を持ち、正しい方法を続け、しっかり髪を守りましょう。

身体の外からくる抜け毛の原因

使っている製品が、抜け毛・薄毛の原因になっていることも多いのです。

 

シャンプーの回数は、年齢や季節によって回数は異なります。
回数が多すぎるのも、間をあけすぎるのも、髪には不利です。

シャンプーの仕方は?

シャンプーの仕方が髪の毛や頭皮に影響を与えます。
爪を立ててゴシゴシ洗いは、気持ちいいけれど、頭皮を傷つけ、髪の育成には不利。

 

シャンプーブラシを使用すると、頭皮をすっきりきれいに洗えます。
手早く気持ちよく洗えます。お湯の温度も髪に影響します。

 

気持ちがいいと感じるお湯の温度で髪を洗いましょう。
ぬるすぎると頭皮が冷えて血行を悪くし、汚れがきれいに落ちません。

 

頭皮が赤い、赤い湿疹がある人、脂漏性湿疹の人、
傷がある人は、頭皮が炎症状態のため、ややぬるめにします。

 

ぬるすぎると汚れが落ちにくいので注意。
頭皮が白い時やブヨブヨしている時は、やや熱めのお湯で洗うと、血行が促進されます。

 

熱すぎると、頭皮が熱を持ち、頭皮と髪の脂を取りすぎて、
ふけが出たり、パサパサになり髪のつやを失う原因になるので注意。

ふけは頭皮の角質細胞

フケは頭皮の角質細胞
頭皮の新陳代謝が活発になるとふけは増加します。

 

要因として、微生物による皮脂分解物、紫外線刺激、
イライラやストレス、刺激物、糖分の摂りすぎ。

 

乾性のふけは、乾燥肌で皮脂が出にくいのはビタミンA欠乏、貧血、栄養不良と関係しています。

 

脂性のふけは、皮脂腺の分泌が活発で胃腸障害、脂肪や炭水化物の摂りすぎが
身体の他の場所より多く、皮脂の分泌量も多く、
髪の毛が密集しているため頭皮はあぶらっぽくなりやすく、髪の毛のベタつきの原因の一つです。

 

皮脂の分泌には男性ホルモンが関係しているので、女性より男性のほうが皮脂量が多くなります。
ふけの原因はいろいろありますが、清潔にすることが大切です。

 

頭部は髪の毛が密集して生えて、皮脂腺や汗腺が多いため、蒸れやすくなっています。
微生物が繁殖するには格好の場所となり、微生物による皮脂分解物が刺激となります。

 

頭皮の基底細胞の分裂が早まってふけの増加につながります。
微生物の繁殖を防いで角化を正常にするため、正しいシャンプーの使い方を学ぶこと。

 

ふけは生理的な現象で、ふけの出ない人はいません。ほとんど目に見えないだけです。
頭皮の新陳代謝が活発になり角化のスピードが速まると増加し、目に見えるほど大きなふけがでます。

頭皮に血液が行かない状態

女性の薄毛改善前
頭皮の緊張や肩や首のコリも、血管がつぶされて
血流が邪魔され髪の毛の原料不足となり、
新しい髪が生えてこないという事態を招き、細く弱々しい毛、
赤茶けた毛、抜け毛の原因でもあります。

 

漢方=中医の考えでは、髪を作らせるのは腎、髪の原料は血。

 

作る力が弱っても、原料が足りなくなっても、髪の毛は十分には作られなくなり、
だんだんと髪の毛が細くなり、ボリュウームがなくなり薄毛化のなり、
髪の毛がなくなって抜け毛の状態になってくのです。

髪の役割とは

ファッション性は、目に見える髪の役割として大変重要です。
若い女性にとっては、たいへんなショックを受けます。

 

髪の毛の役割は、頭の中の大切な脳を衝撃から守り、紫外線、寒さから頭を保護します。
大切な役割は、排泄器官として、身体に有害な金属を毛髪から排泄しています。

 

髪は、身体に有害な有毒金属(水銀、アルミニウム、鉛、ヒ素など)を排泄します。

 

日常での間違った手入れも薄毛や抜け毛の原因となることが多く。
髪の毛が抜けることは、誰にでも日々起こることです。

 

健康な人でも1日に80〜100本くらいは抜けています。
髪には寿命があり、生えたものが抜け落ち、その毛穴から新たに生えてきます。

 

これが、毛周期で、1本1本の髪の寿命は、男性でも2年〜5年、女性で3年〜6年といわれています。

 

髪の毛の数は焼く10万本。
1本1本の周期がずれているので、髪全体がいっぺんに抜けることはありません。

 

ところが、抜けた後に新しい毛が生えてこないと、
髪の毛が減っていき、薄毛や抜け毛に気づくことになります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク