スポンサードリンク

男性型脱毛症の場合

頭皮の下で育った新生毛は、寿命を終えた髪の毛が抜けると同時に
新毛=健康な髪となって頭皮面にあらわれます。

 

寿命とは全く関係なく抜け毛が発生するため同時に新しい毛が生えてくることにはなりません。

 

そのため毛周期と関係なく髪の毛がなくなってしまうと、人体の保護機能が自動的に作動し、
頭皮の下の毛母細胞が猛烈なスピードで、皮下に新生毛を作るようになります。

 

新生毛は、頭皮が固かったり、荒れていたり、
酸化皮脂が積もっていたりすると外に出られないまま死滅します。

 

しかし、産毛が全くない頭皮でも、頭皮の改善により、髪は必ず蘇生します。

 

保護機能の稼動が不要となれば、頭皮は自然に柔らかくなって、
新毛が顔を出し、やがて成長毛へと育っていきます。

 

頭皮を新毛が出やすい状態に整えてあげれば、薄毛は必然的に解消されるはずです。
人が生きている限り、毛母細胞がなくなる心配はありません。

 

健康な身体は、適当な量の「皮脂」に覆われることを必要としています。

 

皮脂は大事に維持することが必要です。

シャンプーのすすぎは大切です

シャンプーは少な目が基本です。

 

ゆすぎのお湯は、ぬるめのお湯ですること。
人間の頭皮は胴部より皮膚温が低く出来ています。

 

シャンプー剤は直ぐに洗い流してください。
しっかり洗うのは「頭皮」です。髪の毛はその泡で洗う気持ちで十分です。

 

毛根が元気ならばしっかりした毛髪が育ちます。
頭皮が良く動く人は、末端なで血液が流れていますので環境がいいです。

 

朝晩やさしく頭皮を温まるくらい時間をかけてマッサージをすること。
鏡を見ながら自分ヨシヨシの気持ちで楽しくやることです。

 

シャンプーはすすぎを十分にして頭皮に残さないことです。

 

乾燥ですが、ドライヤーで地肌を乾かし、
毛先には潤いを残すように80〜90パーセント乾燥させ後は自然乾燥です。

 

濡れている髪の毛は傷みやすいので気をつけてください。

頭皮の柔らかさは大切です

頭皮の柔らかさは大切
末端まで血が流れ育毛環境がよくなります。

 

抜け毛など気にしないで、ルナレストルセリピッド=頭皮料と
ルナレストル育毛シャンプーで、
積極的に洗って保護することで、改善は早くなります。

 

注意して欲しいのは育毛に使う商品と「毛質を守る」商品は違うということです。

 

リンスやトリートメントは育毛とは関係ないどころか、逆に頭皮を弱らせたり薄毛を進行させます。
頭皮マッサージで毛細血管の血流をよくすることです。

 

頭部には、顔の前面から頭頂部に向かう滑車上動脈、静脈と眼窩上動脈、静脈、
後頭部から頭頂部に向かって大後頭動脈、静脈などの太い血管が存在し、
そこから先には無数の毛細血管が走っています。

毛細血管が育毛のカギを握っています

頭皮が突っ張っていて動かないようであれば、毛細血管からの栄養が
毛母細胞に十分に供給されていない恐れがあります。

 

毛細血管の脂肪層の厚さに関係があります。

 

頭髪のホルモン

 

年齢と共に皮膚の下にある真皮層

厚くなったり、その下にある脂肪層を圧迫するようになります。

 

そうなると毛細血管の血流が悪くなり育毛に必要な栄養が
毛母細胞に届かなくなり、髪へのトラブルの原因になります。

 

毛細血管を刺激し、育毛に効果を発揮する頭皮マッサージは大切。
あまり力を入れないで、指の腹を使い、5分でも毎日実行することです。

 

適度な運動の維持も育毛にプラス

軽い運動は、血行が促がされ身体のすみずみまで血液が行き渡ります。
運動の習慣は、血液がサラサラになって、栄養の補給がスムーズに行なわれます。

 

運動不足は心肺機能の低下を招きます。

 

貧血とは、脳に十分な血液が供給されないと、
頭皮の毛母細胞に十分な血液が巡っていないことと同じです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク