スポンサードリンク

気の滞りは円形脱毛症の原因気

それが不足すると原料が足りなり、髪の毛も作られなくなります。

 

がふさぐ、気がめいる、気が晴れる、気を張る、気を使う、気を配る。
気とは目に見えません。動きを持っているものと漢方=中医では考えます。

 

血とは血液のこと。

 

水は身体中の水分で汗、尿、鼻汁、唾液、細胞液、リンパ液、体液、乳汁=おっぱい。

漢方=中医では

 

血と水は目に見えますが、それ自体には動きは無いし、気の動きにつられて動くものと考えます。

 

気の動きが順調なら血や水の動きもスムーズ。
気の動きが鈍ると血や水の動きもつられて鈍り、良い状態が維持できません。

 

病気になると考え、気血水に注目した考え方が気血水学説です。

薄毛に悩む女性に多い気・血が虚タイプ

薄毛に悩む女性
ストレスや不安で気うつや気虚の状態となり、
交感神経と副交感神経の切り替えが上手にいかなくなります。

 

血の循環や血管の収縮などに影響がでてきます。

 

低血圧や血虚などで血に勢いがないため、頭や上半身に影響がでてくるためです。

 

末端の頭皮の毛を育てる組織の栄養不足、酸欠が起こっています。
女性の薄毛には多く、冷えとか生理不順が加わって症状を複雑に悪化させています。

 

アトピー体質にも血虚タイプの薄毛には多く現れています。
気を整える処方の漢方「養血生髪」をおすすめします。

気・血が頭に上り滞りやすい

ストレスでイライラしたり感情を抑えることで、気や血が頭に滞りやすくなっています。
頭皮の毛細血管に古い血が溜まりやすくなって、酸素を運ぶ機能が低下したり血管が収縮しています。

 

肩こり、首のこり、自覚はないが頭皮にもこりがあります。
血中の脂肪分の影響で、血液が流れにくくなっています。

 

このため育毛環境も悪化している状態で、頭皮マッサージや育毛剤の効果だけではいけません。
脂肪を抑制して血をサラサラにする、体の中からの手当てが必要です。

 

男性の薄毛は細いうぶ毛の状態で髪が抜けることが原因です。
女性の薄毛は髪が抜けて次の新しい髪が生えてこないことが原因です。

 

髪は毛先が伸びるものと誤解している人もいます。
毛根にある毛母細胞が分裂して上へ上へと伸びてきます。

 

毛乳頭が毛母細胞に栄養と髪の原料を供給します。

 

先に作られて表に出ている部分ほど細く、新しく作られた根元の方が太くなっています。
それが細毛と太毛の意味です。

一般に年齢と共に白髪が増え始めます

35歳くらいから増加するといわれますが、
最近は若い世代の男性や女性にも白髪が多く見うけられます。

 

日本人の髪の毛が黒いのは、メラニンという色素が髪の毛に多く含まれていることによります。

 

メラニンは、アミノ酸のチロシンが産生細胞の中でチロシナーゼ酵素によって活性化され、
数段階の反応を経て作られます。

 

メラニンを作るの工場も、髪を作る工場と同じに毛母細胞です。
作られたメラニンは、髪の成長とともに髪の中に送りこまれ、髪が黒くなります。

 

白髪になる原因は、何かの理由でチロシンがメラニンに変化しないためですが、
変化しない原因は良く分かっていません。

 

メラニンが作る活動が活発になれば、再び黒い髪に戻ることは可能です。

 

毛細血管を通ってきた髪を作るために必要な栄養アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどは、
毛乳頭に運ばれ、実際に髪を作る毛母細胞に運ばれます。

 

毛乳頭は毛母細胞の細胞分裂に必要な栄養分の受け渡しという重要な役目を果たしています。
もっと重要な役割が毛母細胞に増殖の指令を出すことです。

毛乳頭は、育毛の司令塔

ヘアサイクルの休止期に入ると毛乳頭は毛母細胞に発毛の指令を送り、髪の毛は成長期に入ります。

 

毛母細胞がなくなっている場合は、皮脂腺にある幹細胞に発毛の指令が送られます。
こうして毛根から、再び髪が生えてきます。

 

最初は、うぶ毛ですが、栄養を摂り入れて毛母細胞が分裂して、黒々とした髪になります。

 

ヘアサイクルが正常である限り、髪は抜けても生えてきます。
髪の新陳代謝が繰り返されるだけで、髪の量が減ることはありません。

 

少しずつ抜け毛が目立つようになり、
少しずつ薄毛が気になるようになり、頭皮が透けて見えるようになります。

 

薄毛現象の一つはヘアサイクルの異常。
二つは、薬の副作用、過激なダイエットなど、
三つは、免疫のメカニズムによる円形脱毛症です。

 

普通に生活している薄毛で悩む原因は、ヘアサイクルの異常で、
その原因は男性ホルモンが指摘されます。

 

体毛は、生えている場所にとってサイクルの違いはあっても、
男性ホルモンの影響を強く受けて発毛する現象に変わりはありません。

 

頭皮の頭頂部や生え際は、男性ホルモンがマイナスの作用をします。
強すぎると毛が薄くなってしまいます。

 

それは、頭部の毛乳頭にある男性ホルモンの受容体とほかの部分の毛乳頭との違いです。

頭部の毛乳頭にある男性ホルモンの受容体

男性ホルモンの刺激を受けると脱毛の指令を送ります。
テストステロンは主に精巣から分泌される男性ホルモンの一種です。

 

毛細血管を通って毛乳頭に運ばれたテストステロンは
5α-リダクターゼ酵素の働きによってDHTというたんぱく質に変えます。

 

DHT=ジヒドロテストステロンが毛乳頭や毛母細胞の受容体に結びつき、薄毛を起こします。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク