スポンサードリンク

早急に薄毛を改善する必要があります

整髪料で固めていると普段は気づかずに髪の毛が頭に残っています。

 

シャンプー時にまとめて抜けることになります。
抜け毛の中に「細く、短い産毛」が半分見つけられるようだと要注意。

 

シャンプーのたびに髪の中から水分を保持するアミノ酸が流れ落ちます。

 

空洞に近い状態になり、髪がもつれてしまいブラシが通らない状態のときには、
シャンプー前にトリートメントをする「プレトリートメント」をおすすめします。

 

マトリックスローションを吹き付け髪の中にアミノ酸を入れ、
髪にレストルスカルプケアトリートメント 頭皮&髪両用をつけてしばらく置きます。

 

タオルを巻いてビニール製のキャップをかぶり、加湿・加温してしばらく置きます。
シャンプー後にも、マトリックスローションを軽く吹き付けて、ドライヤーでセットします。

 

毛先を中心に薄くなじませます。

 

ヒートプロティン効果を引き出すためドライヤーの熱を利用し、熱風でセットすることで、
髪にタンパクの皮膜を形成しダメージヘアの補修・保護をします。

 

薄毛が気になる方、毛が細くなった方は実行してください。

 

頭皮と毛穴を保護してダメージを与えないので、
育毛剤の効果や頭皮の育毛環境を阻害することはありません「髪の保護とケア」に有効です。

身体の中からくる抜け毛の原因

外からの手入れに対し、身体の中からくる抜け毛の原因も多いものです。

 

髪の原料を不足させたり=血虚、髪を作る力を弱させる=腎虚が、
身体の中からくる抜け毛の原因、内因です。

 

身体の中からくる抜け毛の原因

睡眠は十分ですか?

髪は腎の支配下にあります。腎がしっかり働くには、睡眠が必要条件。

 

12時〜2時ころにグッスリ眠っていないと腎の力が回復しにくく、腎虚になります。
腎虚は抜け毛の原因です。

ストレスや気になることは?

精神的にマイナス状態は、髪の悩みの大きな要因の一つです。

 

髪に対する不安や心配が、髪の悩みをさらに深刻にします。
髪についての正しい知識を持ち、心の負担を少しでも軽くするような取り組みをすることです。

冷えはありますか?

寒さは腎の力を低下させ、髪にマイナスです。

 

足元が冷えると、同時に上半身が熱くなりやすく、顔がほてったり、
頭や顔、わきの下に汗をかきやすくなり、髪に不利な状況を作ります。

 

足のほてりは冷え。冷えのぼせも、とても大きな苦しみです。

 

顔がほてる、赤ら顔などは、のぼせ=体内の温かいものが、
上の方へ上っている状態、頭皮が赤くなりやすく、髪には不利。

 

足元の冷えとのぼせは同時に出やすく、下半身の冷えがのぼせの原因になります。
汗かきはハゲ体質です。

 

汗は本来体温調節を目的とし、生理機能として出るものです。
頭皮や顔に汗が出やすい人は上熱=のぼせの状態で髪のトラブルが起きやすい状態です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク