スポンサードリンク

ゆっくりと薄毛になる

気虚、血虚タイプは気がつくのが遅れることが多い
毛穴が詰まっている、皮脂が多いことが原因ではないので、
皮脂を取る手当で悪化させています。

 

女性の薄毛は、気血水の乱れで薄毛や抜け毛になり、
最近では、女性の男性化による薄毛が急増しています。

 

体の気血水のバランスが崩れたことが引き金になります。

 

皮脂を取る手当ては、頭皮や毛の組織の老化を早めます。
皮脂が多いから薄毛になることはありません。

 

仕事や勉強を熱心にしている人ほど交感神経の支配が強いため、皮脂が多く見え汗と間違えます。
皮脂にも、髪に潤いを与え、育毛成分も含まれているのです。

頭皮のケアの基本

頭皮を清潔に保つことです。

 

頭皮に余分な脂やふけがあると、髪が抜けやすくなります。
誤ったヘアケアで髪を頭皮を傷め、薄毛や抜け毛が増えることがあります。

頭皮のケアを正しく

髪の成長を妨げるトラブルが取り除かれ、血行がよくなります。

 

髪の成長に必要な栄養が毛根に届きやすくなります。
頭皮の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されています。

皮脂は大切です

頭皮や毛髪を保護するバリアとしても必要で、育毛成分も含まれています。

 

多すぎると毛穴に酸化して付着し、異常菌が繁殖して
炎症・吹き出物が起こるため頭皮のトラブルの原因になります。

 

維持しながら、取り除くことが必要です。
ルナレストルセリピッド=頭皮料がその役目をします。

ふけ

頭皮に炎症
頭皮の細胞が細胞分裂を繰り返して角質細胞となり、
はがれ落ちたもので誰にでも生じます。

 

頭皮が乾燥したり、頭皮炎症が起こると、ふけが多くなります。
脂性によって頭皮に炎症が起こり、ふけが生じるタイプです。

 

脂やふけが頭皮に多くなると、毛穴をふさいで毛髪の成長を妨げます。

 

頭皮に炎症が起こるとかゆみが出ますが、
かゆいといって爪でかいたりすると頭皮が傷つきます。

 

かぶれたり細菌に感染したり、炎症が悪化するので、
レストルスカルプケア頭皮ローションTが必要です。

 

放置していると毛根がダメージを受け、毛髪の成長を妨げます。

 

細胞分裂
症状が悪化しているときは、
ルナレストル育毛シャンプーを薄めて洗い、
一日おきにシャンプーをするといった手当てが必要です。

 

シャンプーをしすぎると、必要な皮脂も取られ、
乾燥したふけ症になることで、洗いすぎにも注意が必要です。

 

シャンプー剤が、髪や頭皮に残ると炎症につながることもあるため、すすぎは十分に行なってください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク