スポンサードリンク

髪の毛の根元部分

毛穴をふさぐことが、髪の甦りをさまたげ、薄毛・脱毛の原因にもなります。

 

抜けるものは抜けてしまったほうがいい。放っておいても直ぐに抜けます。
髪の毛も体毛も皮膚から生まれます。

 

皮膚の細胞が変化して髪の毛や体毛、爪、歯になります。
髪の毛や体毛は発生学的には皮膚と同じです。

 

発毛に関係する組織の全体が毛包で、その中の最も重要部分が毛根です。
毛包の最も深いところにあるのが毛乳頭です。

 

毛乳頭の周辺には毛母細胞がびっしりと詰まっています。
毛母細胞は活発な細胞分裂を繰り返し、上へ上へ伸びます。

 

それが長く連なったのが髪の毛です。
髪の毛は毛母細胞の分裂によって作られます。

 

髪の毛の寿命は、一般には男性で2〜5年、女性は4〜6年くらいです。
髪の毛は寿命が終わると自然に抜け落ち、髪の毛を作る毛母細胞も消失します。

 

また毛母細胞が再形成されて発毛が始まり。
毛穴から新しい髪の毛が甦ります。

 

発毛と脱毛の繰り返しをヘアサイクルといます。
ヘアサイクルは、成長期と退行期、休止期、脱毛期の4段階に分けられます。

 

成長期の初期には、毛包が成長を再開し、生理活性がストップしていた毛乳頭も再活性化します。
成長期は、2〜6年ほど続きますが、なんらかの信号が毛包に送られ、毛包は休止の準備を始めます。

 

これが退行期で、2〜3週間続きます。
退行期には、毛包にある色素細胞がおとろえてメラニンの合成を止めます。

 

髪の毛は黒々した色艶を失っていきます。
同時に毛包が萎縮し、毛母細胞の細胞分裂も急速に衰えていきます。

 

そうなると、皮膚と密着している毛乳頭と毛母細胞が分離します。
髪の毛が皮膚から分離して宙に浮いた状態になります。

やがて休止期に入る

休止期では毛母細胞の分裂は一節なくなり、
これまでの髪の毛が頭皮にとどまっているだけの状態になります。

 

この期間は、4ヵ月〜6ヵ月ほど続きます。
とどまっていた髪の毛は、引っ張られたり、ごしごしされると簡単に抜け落ちます。

これが脱毛期

これでヘアサイクルが完了したわけですが、健康な毛包なら休止期の末期、
つまり脱毛期に再び成長期に入ります。古い髪の毛が生え始まります。

 

ところが、休止期、脱毛期になっても
毛母細胞の再生が起こらないと髪の毛が生えない場合があります。

 

毛包の数は個人差があります。
日本人の場合は、約10万本と考えられ、そのすべてに髪の毛があるわけではありません。

 

髪の毛があるはふつう90%ほどです。
残りの10%は休止期から脱毛期に入っています。

 

しかし、脱毛症になる毛包が増えてくると、10%が20%、30%に増えてきます。
髪にボリウムがなくなり薄くなってきます。

 

さらに増えると地肌が見えてきて、ついには脱毛状態になります。

脱毛にもさまざまなタイプがあります

最も多いのは、髪の生え際や頭のテッペンが脱毛する男性型脱毛症です。

 

ふつう後頭部は脱毛しません。男性特有の脱毛症です。
男女、年齢を問わない円形脱毛症もあります。

 

なにかの病気の合併症として脱毛症になったり、
抗がん剤などの薬剤の副作用の脱毛症になる場合もあります。

 

タイプが違うということは原因が違うことで、男性型脱毛症は男性ホルモンの影響で、
円形脱毛症はストレスの影響と現代医学は説明をしています。

 

ホルモンの影響だと、男性ホルモンは胸毛などの体毛を濃くしますが、
なぜ、髪の毛だけに脱毛させるのかその疑問は解明されていません。

 

そこで、皮脂によって毛穴がふさがれたことに原因があると唱える人もいます。
皮脂を取り除く、頭皮洗浄を使う人もいます。

 

もし皮脂が脱毛症の犯人なら、女性の薄毛や円形脱毛症や
皮脂の分泌がおとろえ少なくなった高齢の脱毛にも説明ができません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク