スポンサードリンク

ヘアケア製品について

毎日のヘアケアを行う。
もっとも重要なのが、PHバランス(水素イオン濃度指数)の管理といわれます。

 

私たちの皮膚にはホメオシタスと呼ばれる恒常性機能(一定して変わらない)があります。

 

少しでもPHバランスが狂うと、汗に含まれる乳酸によって
自然にもとの状態に戻るようになっているのです。

 

しかし、毛髪そのものには汗腺がないので、ホメオシタス(恒常性)機能を持っていません。

 

強いアルカリ性などの成分が付着すると、ケラチンタンパク質が切断され、
毛髪キューティクルが膨張します。

 

キューティクルは髪の内部を保護するものですから、
キューティクルが膨れ上がると、髪の毛は瀕死状態となります。

 

パーマやカラーなどの際に使うアルカリ性の第1液は髪を痛めるだけです。
ヘア用シャンプーは、髪に成分が残るように処方されて、育毛シャンプーと目的が違います。

 

シャンプーの成分は、浸透しやすく毛穴の中へ浸透して、
外根鞘皮の接続部や毛母細胞を攻撃して、細胞を弱める結果、毛は細くなり薄毛化します。

 

すすぎは、シャンプー成分を残さないためにします。

 

皮膚障害

ルナレストル育毛シャンプー

キューティクルの剥れ
育毛シャンプーは、頭皮や毛穴に残留しにくく、
弱った頭皮にも刺激が少なく、頭皮の育毛環境を整えます。

 

髪をさっぱりするのを重視している感触より、
薄毛(育毛)を中心に処方しています。

 

コンディショニングと違います。

 

石けんシャンプーは、もともとアルカリ性でクエン酸で酸性にしても
アルカリは残り(残留アルカリ)完全中和は出来ないので、みてくれを酸性にしています。

 

界面活性剤は、殺菌剤として使います。
シャンプーは、一番大事で、毎日使うことで、毛は細くなります。

 

毛が細くなり、寿命が短くなるほど、頭皮・毛穴を老化していきます。
頭皮回復が必要です。

女性の皮脂の多いのは、自己申告の半分くらい

あぶら紙とりを頭皮に当て、ベタッと濡れれば皮脂が多いと分かります。

 

皮脂は、シャンプーして30分で戻り、遅い人でも2時間で戻ります。
女性の育毛は、男性と同じ手当てはだめ。

 

頭皮クレンジング、洗浄力の強いシャンプーなどで、皮脂を取る手当ては、
角質がはがれ、頭皮が薄くなり、頭皮のバランスが崩れます。

 

防衛・栄養の膜が破られて、知らないうちに、頭皮状態がまばらになり、
何年もかかって薄毛化になっています。

 

髪を良くしていくこと。
育毛手当をして改善されれば、おしゃれが楽しめます。

シャンプーに配合されている成分の界面活性剤とは

頭皮の毛穴の汚れ
界面活性作用を応用して汚れや皮脂などを取り除いています
これは、石けんシャンプーも同じです。

 

界面活性剤は洗浄作用のほか
「浸透作用・殺菌作用・催奇形性」などがあります。

 

男性は皮脂の分泌量が豊富な分だけ角質層が強く、
ところが皮脂分泌量が少ない女性は、角質層が弱いために侵入を許しやすい弱点があります。

 

毛穴や細胞内へ浸透して細胞を殺したり弱らせるため、次第に薄毛になります。

 

薄毛が心配な人は、注意しましょう

細胞を出来るだけ攻撃しない「ルナレストル育毛シャンプー」を使うようにします。
すすぎ洗いは、大切です。ていねいにしてください。

 

頭皮が弱っているときは、頭皮を頭皮料で保護してシャンプーをしてください。
薄毛にならないシャンプーの使い方をする。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク