スポンサードリンク

育毛剤の効果発揮させる脇役が育毛シャンプー

初期の薄毛の育毛には育毛剤よりシャンプーのほうが重要な役割を果たすことはあまり知られておりません。
ですからシャンプー選びはとても大切です。

 

育毛シャンプーはいろいろ氾濫していて、どれを選んでいいか迷うのが現状です。
成分的な内容より、つぎのことを知っておくことは決して無駄なことではありません。

 

自分の健康は自分で守る意識を持つことが大切。
テレビのコマーシャルや新聞の誇大広告に惑わされない、この意識が、
自分の髪の毛をいつまでも輝かせ生き生きと保つことが出来ます。

 

そして、魔法の薬は無いということを知ること。
何事も直線的に改善することはなく、ゆるやかな曲線を描いていくのが通例です。

 

そのほうが体にもやさしくこれが人間の体や精神に自信を持たせる。
急いては事を仕損じる、これは歴史が語っています。

先人に学びましょう

何事も自分のため大切なお金をなくさないためにも必要なこと。
髪はなくなる、お金はないでは、誰もそばに近寄りません。

 

心を積極的に日々を生きるようにするだけで宝くじ1等当選もある。
思うことは勝手で、誰にも迷惑を掛けない。

 

いいですか、心をプラスに向けて笑顔を忘れず、過去・先のことを憂い悩ませ死神を喜ばせてはいけない。

 

世間には鬼ばかりで、人の不幸を喜んでいる人のなんと多いことか、類は友を呼ぶ、気をつけましょう。
言葉はとても大切で行動にも影響します。

 

育毛シャンプーについて戻ります。

皮脂の取り過ぎに注意

髪の毛に必要な成分まで取ることになり、巷では間違った育毛理論が広がっています。

 

薄毛や抜け毛にはよく洗って皮脂をとらなければという育毛理論。

 

コンディショニングタイプのヘア用で洗い、アルコールの多いローションタイプの育毛剤を付け、
頭皮に赤外線を当て育毛成分を浸透させる過激な手当てをして
不利が出て多くの人が進行速度を早め悩んでいます。

 

頭皮を休めることも考えてください。
過ぎたるは及ばざるが如しを思いだしましょう。

 

お金を掛けた分の帳尻合わせのいらない手当てをする、セット料金は危険。
甘い言葉に引っかからないように、がんばりましょう。

 

よく洗って薄毛や抜け毛が改善されるなら、自動販売機で十分、
そして多くの人がこれで改善されているはず。

 

専門家のカウンセリングなんていらない。そんなに簡単であれば。

人間の髪の毛

髪の毛の本数は、個人差がありますが、約10万〜15万本あると言われています。

 

一つの毛穴から複数の髪の毛が生えているように見えても、頭皮の下「毛根」は、
多くの場合は一本一本分かれています。

 

毛根の数が、髪の毛の数にあたると思ってください。
毛根は胎児で出来始め、大人になっても増えることはありません。

 

血液中のたんぱく質が少ないと毛髪に送られる栄養量が不足するため、
毛は切れやすく、抜けやすくなったりすることがあります。

 

マッサージは、頭皮の血行をよくして、毛髪を作る毛母細胞の働きを活発にします。

頭皮マッサージのポイント

血液の循環がよくなるため、頭もスッキリしてリフレッシュできストレス解消にも役立ちます

 

リラックスして指の腹や手の平を上手に使うこと。力を入れすぎて強く叩いたり、
決して爪を立てて頭皮に傷をつけたりしては逆効果になります。
首筋から円を描くように、頭頂部へと柔らかく揉み解してください。

 

マッサージと同時に頭全体を十本の指で、軽くポンポンと叩いていくなど組み合わせてください。
頭頂部と生え際も忘れないこと。

 

血液の循環がよくなるため頭もすっきりして心身のリフレッシュにも役立つので、
毎日マッサージする習慣をつけることです。

 

鏡を見ながら、リラックスして自分ヨシヨシで楽しいイメージをしながらやると効果はアップします。
何事も嫌々では効果も半減します。

 

ツボは、鉄道の駅のようなもので、そのツボをつなぐ線路のような経路というものがあり、
各々に内臓の名称がついています。ツボを刺激で大切なことはこだわらないことです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク