スポンサードリンク

美しい髪を取り戻したい

美容師の話しで、馴染みのお客様の髪をセットしているとその日の体調や精神状態が分かるそうです。

 

心配事があったり、疲労が溜まっているといつもより髪の毛に張りがなくしんなりして、
髪の抵抗力がなく、セットが楽だそうです。

 

髪にストレスは大敵。現代は男社会、職場の環境も万全とはいえず、
仕事も持つ女性は、家事や育児に大変です。

 

逆に社会との接点で限られた専業主婦にとっては、
相談相手のいない孤独感がストレスの原因になっている場合もあります。

 

ストレスの材料になることが私たちの周辺には山積みになっています。

 

このように、さまざまな生活上の問題、睡眠不足、運動不足などは、
直接間接に毛根の活動抑制につながります。

 

精神的ストレスが体に与える影響は人それぞれです。
動悸、めまい、肩こり、偏頭痛など極度のストレスから神経症になる場合もあります。

 

ストレスによって起こる症状は、自律神経とホルモンが大きく関わっています。

 

心と体が正常に機能するためには、自律神経とホルモンのどちらも、微妙なバランスを保つ必要があります。

 

自律神経とホルモンのバランスは、髪にも影響を与えます。
自律神経は血管を包み込むように分布しています。

 

神経が血管を収縮させたり拡張させたりして、血液の流れをコントロールしています。
血液は体の各臓器に栄養や酸素を送り届ける重要な働きをしています。

 

血液がスムーズに流れなくなると、当然体にさまざまな障害が起きます。

血液は生命の川

血液が体中を巡り、各種の栄養素、酸素、熱などを運んで、生命を維持します。
血液は体に必要な物質を運び、必要のないぶつ質を回収します。

 

血液や体液の成分や量を調節します。
傷や病気を治し、病気にかからないようにするなどの働きをします。

 

血液に含まれる成分には、それぞれの役割があります。
赤血球に含まれるヘモグロビンは、細胞に酸素を運びます。

 

白血球は、細菌などの異物を攻撃して体を守ります。
血小板は傷口の血液を凝固させ止血します。

 

血漿は、細胞に栄養やホルモンを運んだり、老廃物を持ちかえると同時に、
電解質=ナトリウム、カリウムの量や体液を調節したりして、体を常に一定の状態に保つ働きをします。

頭皮にも同様のことがいえます

ストレスによって自律神経が反応して頭皮の血管が収縮すると、毛根に運ばれるはずの
血液の量が減って、栄養が届かなくなり、弱々しい髪の毛しか生えてこなくなります。

 

ホルモンは各細胞の活動を刺激することによって、体全体の機能の働きを調節する役割をしています。
脳下垂体ホルモンに異常が生じると、成長ホルモンに影響を与えるため陰毛やわき毛が薄くなってきます。

 

甲状腺ホルモンの機能が低下すると、髪の毛は柔らかく、やせ細く、うぶ毛のようになってしまい、
このような状態が続けば、髪の毛全体のボリウムがなくなってきます。

 

髪のトラブルにはさまざまな原因で起こります。
ストレスが占める割合は大きいと思います。

 

気にしないことが一番ですが、そうもいきません。

 

女性の体はデリケートなので、薄毛の原因も複雑多岐にわたっています。
いちばん恐いのは「薄毛だから」と男性とおなじ手当をすることです。

 

せっかく手当をしているのに効果がないとか悪化している女性の多くは、
この手当の方向を間違えていたからです。

 

女性の薄毛は手当の方向さえ間違わなければ、男性よりずっと改善率は高い。

 

原因は1つでなく最低でも6つ以上が複雑に絡み合って発症し、進行しています。
きちんと手当をすればよくなります。

毛根に対するシャンプーやリンス、トリートメント

ヘアケア製品の攻撃は、突然薄くなったり、脱毛するのではなく、
見えないところで長い時間をかけて徐々に現われます。

 

症状が現われたときは相当に進行し回復が困難なこと、時間がかかることも多いです。
初期のうちに素早く予防することが大事です。

 

育毛剤が効かないのもシャンプーに原因

シャンプーで頭皮が悪化し衰えた状態で育毛剤を使っても効果は半減か不利です。

 

シャンプーを育毛・頭皮用に替え頭皮を改善しながら育毛剤を使うとよく効きます。
最初から育毛剤を生やしたり増やすことは無理です。

女性の洗いすぎは薄毛の原因にもなります

男性のギラギラした脱毛症と違い、女性の敏感な頭皮には、
洗いすぎは次第に頭皮や毛が弱り衰えてきます。

 

皮脂が多いといわれた女性の80%以上は、皮脂が多く見えるだけ、
皮脂も取る手当てをしていると薄毛は進行します。

 

男性と女性の皮脂が多い原因は違い、皮脂が多く見えるのが、
実際は他の原因であることが多いです。

 

リンスやトリートメントも、髪が長く損傷毛なら必要なケースもありますが、
使わないか、頭皮に使いないように、耳から下の毛先中心に使うように。

 

カラーやパーマにも気をつけてください。

 

基本的にカラーやパーマは配合成分や技術によりダメージを受けるので、
頭皮回復をして頭皮や毛穴を守りカラーやパーマをしましょう。

 

育毛のプロが業務用として使う処方設計され、薄毛・細毛の改善だけでなく
損傷毛やカラーやパーマも頭皮や髪を傷めないなど、高機能性を持たせ、
弱った頭皮を保護・改善することで、太く寿命の長い毛が生える頭皮に育てます。

 

安全性を重視し自然由来の成分が基本なので、アレルギー体質のことを考えた処方、
価格より効果を優先し頭皮の育毛環境を整えるルナレストル育毛・頭皮用シャンプー。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク