スポンサードリンク

毛穴が詰まるなんてことはありません

きちんと洗えていないことが原因です
本来毛穴はふさがっていて外部からの異物を進入させない構造になっています。

 

通常は皮脂や汚れで薄毛になることはありません。
それよりも、シャンプーでハゲないように使う意識を持つことが大切です。

 

毎日洗うからこそ、薄毛にならない育毛シャンプーを使うことが必要です。

 

市販ヘア用シャンプー

髪の保護と補修が目的です。

 

コンディショニング剤が多く配合されて、薄毛の配慮はされていません。
育毛剤を使ってもヘア用シャンプーを使うことで、効果は相殺されるか不利な面が多くなります。

 

育毛を目的とした育毛シャンプーを使うことを基本にしてアドバイスをしています。

 

皮脂が多いから、脱脂力の強いシャンプーを使い続けていると頭皮が弱って、
皮脂膜のバランスが崩れるので要注意です。

皮脂が多い

皮脂が多い
マイクロスコープで拡大してみると、
頭皮や毛穴の周囲は濡れて見え、皮脂が多く見えます。

 

ほとんどの人がそう見えるので心配しないことです。
皮脂が多いから薄毛になることはありません。

 

頭皮は清潔にすることはなによりもバランスが大切です。
髪の毛はからだの中で、特別な存在ではありません。

 

爪と同様、皮膚の一部と、科学的に考えられています。
成分も、皮膚とよく似た、たんぱく質です。

 

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質が積み重なって皮膚の表面に出てきます。
ケラチンは、年老いた細胞に変化して死んでしまっている細胞です。

 

髪の毛には、一度傷ついてしまうと自分では元に戻ることはできませんので、
健やかな毛を作り出すということと、出てきた毛を痛めないようにケアすることが大事です。

 

髪の毛とか頭皮は、必ず皮脂で覆われて、外からの刺激を防いでいます。
乾燥しないように、内部から脂や水分を補うことが大切です。

 

皮脂にも、育毛成分があるのでバランス良く維持することが大切です。
摂りすぎると、皮脂膜を刺激してますます分泌量が増えて炎症や湿疹を引き起こします。

皮脂を取っても薄毛が改善されません

皮脂を取っても薄毛が改善されません
若い人、仕事や勉強を熱心にしている人ほど交感神経の支配が強くなります。

 

そのために皮脂が多く見えます。
頭皮の表面が光って見えるのが、汗と見間違えている例も多くあります。

 

頭皮を休ませ保護をします。ヒドイ場合はシャンプーを2倍くらいに薄めて使う。

 

指の腹でやさしく洗い、爪を立てたりこすったりしない。
すすぎはいままでの2倍くらいのお湯(ぬるま湯)でよくすすぐ。

 

ヒドイ場合は何もつけない。
軽度なら乾かす前にルナレストルセリピッド=頭皮料を薄くつけておく。

 

リンスやトリートメントは中止し、整髪料も中止したほうがいい。
ルナレストルセリピッドは、ルナレストル育毛シャンプーの前後につけて、頭皮を保護しましょう。

注意

油物や甘い物を摂ると悪化したり、治りにくいのでなるべく避けてください。
緑黄野菜を多めに摂取して、刺激物やコーヒー類は控えめにしてください。

 

肥りすぎの場合は、すこしダイエットすると治りやすくなります。
育毛とは、頭皮を育てることと考えています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク