スポンサードリンク

ダイエットは、髪にも影響を与えます

ダイエットは、当然髪にも影響を与えます
栄養状態の悪い人の髪はツヤがなくパサパサしています。

 

この髪は、いくらヘアケア商品で外面をとりつくろっても美しくはなりません。
見かけは確かに細くなっても、貧弱になるだけで、髪までもやせ細ってしまいます。

 

ストレスも、ダイエットと同様に髪には大きな悪影響を与えます。

 

何か外からの刺激を受けると、それに対して、
体質に関係なく何らかの反応をします。

 

この反応をストレスと呼びます。

 

ストレスには、良いストレスと悪いストレス

善玉ストレスを受けると、集中力が高まり、意欲が湧いてきます。

 

交感神経からアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され、
血流をよくして脳に酸素がたくさん運ばれるようになります。

 

悪玉ストレスは、逆に集中力を奪い、交感神経の働きが抑制され、
副交感神経の働きが高まり、血流が抑制されて脳の酸素が不足気味になるためです。

精神面が充実しているときには

運動でストレスを解消
食べ物もおいしく感じられ、消化もよく、血行にもよいので、
肌や髪が美しく輝いています。

 

善玉ストレスと仲良くすることは、仕事上の成功はもちろん、
心身の健康に裏付けられた真の美しさを保つためにも必要なことです

 

髪の美しさも、全身の健康と密接に関係しています。

プールと赤毛

プールの水は、殺菌のため、塩素で消毒しています。
水道水に、さらに次亜塩素酸ナトリウム溶液や次亜塩素酸カリウム溶液は漂白剤です。

 

泳いだ後、髪をきれいに洗うことが不可欠です。
なるべく早く、髪に付着した消毒剤を洗い流してください。

  • 髪のつやがなくなる。
  • 切れ毛、枝毛が多くなる。
  • 漂白作用て髪のメラニン色素が破壊きれる。

 

その結果、つやもなく、パサパサの赤茶にやけた毛髪になります。

皮膚を守る大切な役目の角質層

角質層の表面にはさらに皮脂膜があり、水分の蒸発を防いでいます。

 

洗うと言うことは、最後の皮脂膜と関係があります。

 

皮脂、汗、角質の中の成分などが混じり合った複雑なもので、
薄い膜が細菌や汚れに対してガードもしています。

 

空気にふれて「酸化」変質します。
体からせっかく良い皮脂が出いても時間がたてば硬くなり、酸性になってくるのです。

 

なので、皮膚の表面は弱酸性になっています。
肌にはアルカリを中和する機能も備わっています。

 

頭皮のあかであるフケは古くなった角質や皮脂の変化したもので、
増えていることは新陳代謝が活発になっているということです。

 

皮膚を守る大切な角質層

リンスは髪のためによいと思い込んで使う人がいます

サラッとなる、枝毛をコーティングして健康な髪にと思いがちですが、
リンスは洗濯のときの柔軟仕上げ剤と同じで、たいへん吸着しやすく髪の毛に残ります。

 

残るように処方されているから「リンス」なのです。地肌(頭皮)に残るのが問題です。

 

リンスには、刺激性があり、刺激成分の陽イオン界面活性剤は、リンスには使えても、
女性がお肌に直接つける化粧品には使用できないことになっています。

 

傷んだ髪の毛は、どうしても上手くセットできません。

 

頭皮の育毛環境と損傷毛には「レストルスカルプケアトリートメント 頭皮・髪両用」をおすすめします。
頭皮・髪両用のためのトリートメントです。

ストレートパーマとは

髪の毛をストレートにするわけで、頭をクルッと動かすと髪の毛もサラサラと動き、さわやかに見えます。

 

初めのうちはサラッとしていて清々しく見えますが、
薬剤をつけてピーッと伸ばしているわけですから、そのうちに傷んできます。

 

やがてパサパサになり、サラサラにするために、いろいろな物をつけます。

 

これでは、髪の毛は傷んでしまいます。
テレビコマーシャルは、時代を反映しています。

 

どんなコマーシャルが多いかを見ると、どんな時代なのかは明らかです。

髪の毛に対する正しい知識を持ってください

きちんとしてケアーすれば、抜け毛、薄毛はいくらでも防ぐことができます。
以前は、電車の中などでも、毛先をいじっている女性をよく見かけました。

 

傷んでいるために、毛先を手で一本一本きれいにしていたのです。
ところが最近では、こんな女性をとんと見かけなくなりました。

 

髪の毛が傷まなくなったからではありません。
皆が傷んでいるため、それが普通の状態になり、気にならなくなってしまったのです。

 

次から次へといろいろな物をつければ、髪の毛が傷むのは当然です。

 

それを防ごうとして、リンスやトリートメント剤をやたらにつけるので、
ますます傷んでしまうし、髪の毛一本一本が細くなってしまいます。

 

そうなると、よほどの技術がないとスタイル作りはできません。

 

いろいろな物をつけて、そこに熱を加えれば髪の毛が傷むのは当たり前です。
徐々に抜けてしまって、どうしょうもありません。

髪の毛さえあれば、短くも、長くもできます

無くなってしまったらもう何もできません。

 

市販のシャンプーは「洗いあがりの感触」を重視し、
傷んだ髪を保護・補修するコンディショニング成分が残留するように設計されています。

 

シャンプーやリンスの界面活性剤

頭皮や毛穴の周囲に残留しやすく、毛穴の内部に浸透して、
毛を細くしたり、3〜6年ある毛の寿命を短くしていき、使いつづけていると、終いには産毛状態になります。

 

抜け毛の毛根部分が、マッチ棒のようにふくらみが無く、
ひょろひょろした毛根があったらシャンプーは「ルナレストル育毛シャンプー」に替えてみましょう。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク