スポンサードリンク

全身に冷えを感じる

全身に冷えを感じる
全身が冷えるのではなく、どこか限られた場所だけに
とくに冷えを感じることで、もっとも多いのは腰で、
つぎは手足、ことに下肢の人が多くいます。

 

冷え性は生理的冷たさでないこともあるからカイロを入れても、
冷えを感じて困るものらしく、女性に多い症状ですが、
男性でも冷えから薄毛が進行していることが多いです。

 

人間は定温動物なので、36℃を守るために熱いときは水で冷やし、
寒いときはカロリーを消費して熱を持たせます。

 

体が冷えると体からの放熱をできるだけ少なくするため、汗=水分を蒸発させない仕組みが働き、
血管からも熱が逃げないよう皮膚の下の方を細く流れるようになります。

 

つまり表皮は乾燥して血行が悪くなるということです。
内臓の働きも低下したり、免疫機能や酵素反応などいろいろな面で活動が鈍ります。

 

こうしたことは表皮、末端の頭皮にも現れてきます。

体に温かい食べ物を取るようにする

体に温かい食べ物を摂るようにする>
体を温め、低下した内臓機能を高めるサプリメントを取る。
マッサージをする。
キャップなどで頭皮の皮膚温を上げる。
入浴療法などです。

 

女性の育毛は体の中からも男性に混じって活躍する女性は、
髪だけでなく体にとってもいい環境とはいえず、いろいろな障害がおこりやすく。

 

女性特有の冷え=冷房や冷たい飲み物や生理不順が、
若いのに更年期とおなじ障害をひきおこし、それが薄毛にも影響しています。

冷え性一つの原因

胃腸機能の低下にあります。
消化器系の機能低下が熱産生量の減少に直接関わってくるからです。

 

体が体温を保つ仕組は、食べ物が口から入り、
食べ物が胃腸で消化・吸収され、栄養分が体内に入ります。

 

栄養分が体内で必要に応じて代謝され、熱を産生して体温となります。

 

体温は血流に乗り、体全体に運ばれます。
お腹の機能が悪いと、人と同じに食べていても、体が冷えやすいのです。

 

漢方では、生薬で胃腸機能を高めることによって冷え症が克服できます。
もう一つ、血行にあります。

 

血液循環が悪いために体温が隅々にまで運ばれないためです。
この場合は、血行を良くする生薬で改善できます。

 

腎の働きがおとろえて腎虚になると、ホルモン分泌が低下して
骨が弱くなって腰痛が起こったり、下半身の機能が低下して足腰の不調が起こります。

 

これは老化現象ですが、不摂生による冷えや運動不足による筋力低下、
姿勢の悪さが、気血が筋肉、骨、関節に行き渡らず、腰痛を訴える人が増えています。

 

腎虚にはからだを温める陽気が不足した腎陽虚と、からだを潤す陰液が不足した腎陰虚があります。

 

冷え性一つの原因

貧血

貧血するのは、赤血球の不足、鉄分や銅分の不足、ビタミンBやビタミンCの不足などが主な理由ですが、
神経質・運動不足・不完全呼吸・偏食者が多いので、まずは食生活から改めてください。

 

たんぱく質不足にもなりやすいため、冷え症の人も多いのです。
内臓に異常があると、その異常部がうっ血して、外部が貧血の状態の場合もあります

自律神経の不調

冷え性の人は、冬だけでなく、手足が冷えて寝つかれない人がいます。

 

自律神経の働きが不調になるのは、体質もありますが、精神的な影響ホルモン=脳下垂体、副腎、
卵巣の働きの不調などが続いて血管の収縮くせが身につくと、血流が悪くなるため、冷え性になります。

 

とくに更年期は、卵巣ホルモン分泌量が減少して全身の自律神経の働きが不調になり、
このため各種の異常はもちろん、とくに血管の伸び縮みが悪くなるため、のぼせたり、冷えたりします。

卵巣の働きが悪い

このタイプは、月経不順症となり、脂肪太りのために、のぼせたり、冷えたりします。

 

血管の拡張収縮を行なわせるものは、自律神経です。

 

精神的緊張やホルモンの働きの不調など続いて、血管が収縮し、
この収縮くせが身につくと、血流が悪くなり冷え性になります。

 

筋肉が弾力性を失調しており、感情も不安定になっています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク