スポンサードリンク

タバコ(たばこ)を吸う

タバコ(たばこ)
するとニコチンの作用で血管が収縮します。
吸い込んだ一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結びつきます。

 

本来、ヘモグロビンは酸素と結びつき、身体のすみずみまで酸素を運ぶのが役目。
それができないので、身体の末梢神経は酸素供給不足となります。

 

心臓は不足している分の酸素を供給しようとして、心拍数を上げて血流を増やすため血圧は上がります。

たばこの3大有害物質

ニコチン依存

 

タバコ(たばこ)の煙に入っている3大有害物質は、ニコチンとタールと一酸化炭素です。

 

タバコ(たばこ)が細長いのは、ゆっくり燃やして不完全燃焼させるため
不完全燃焼させることで、一酸化炭素がたくさん出るということです。

 

タールは化学物質の総称で、タバコには、4000種類の化学物質の集まりです。

 

タールには「泥みたいなもの」と言う意味を知っていますか?

 

タバコの中に入っているニコチンは、
気持ちを落ち着かせて、いい気分にしますが、2時間もすれば消えます。

 

もともとの自分ではなくなり、ニコチンがあって普通という脳になります。
もう一度吸うと、もっと欲しく、やめられなくなり、若い脳ほど早くこうなります。

 

タバコ(たばこ)の成分中のニコチンが脳に作用し脳細胞に変化を起こすからです。

 

その結果、ニコチンなしで、脳が常に働かない状態になってしまうので、
脳が常にニコチンを欲しがるようになります。

 

タバコ(たばこ)を吸って体内に入ったニコチンは徐々に分解されて減っていくので、
それを補うために1日に何回も吸わないといられなくなります。

 

「ニコチン依存病」という脳の病気です。

禁断症状とは

タバコ(たばこ)を吸う人は、体内のニコチンが減ると脳が正常に働かなく。
とても眠くなったり、イライラして集中力が無くなり、怒りっぽくなったりします。

 

禁断症状で、とても苦しいため、
タバコ(たばこ)を吸う人はいつでもタバコ(たばこ)のことが頭から離れません。

 

タバコ(たばこ)を吸うとニコチンの作用で食欲が落ちたり、体調も悪くなるので、
体重が減ることがありますが、健康的にやせたのではなく「不健康にやつれた」状態。

 

タバコ(たばこ)を止めると体調がよくなり食欲も出るので
食べたいだけ食べていると体重が増えることがあります。

 

甘いものやファストフードを控え野菜を増やすなど食生活に注意して、
運動をすればそんなに体重が増えることはありません。

 

タバコ(たばこ)を吸うと体の老化が早くなり、皮膚の老化も早く、
しわも3倍以上に増えるという研究結果も出ています。

一酸化炭素について

一酸化炭素
血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを増やします。

 

同時に善玉コレステロールを減らします。

 

タバコ(たばこ)は頭で、身体に良くないということが分かっていても、
禁煙できないという人は少なくありません。

 

喫煙によって体内に増える活性酸素は、ペニスの血管を収縮させます。
喫煙男性の精子は数が少なく、運動能力が低く、奇形や染色体異常が多いことがわかっています。

 

喫煙は、卵巣機能の老化を促進し、月経が早くなる「早発閉経」を起こします。
30代で閉経が起こる可能性は、喫煙女性では非喫煙女性の約2倍とも言われます。

 

閉経が早期に起こると、ホルモンバランスが崩れて
骨がもろくなる骨粗しょう症が起こりやすくなります。

 

喫煙していると骨の「骨組み」であるコラーゲン線維の形成が妨げられ、
いっそうもろいうスカスカの骨になります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク