スポンサードリンク

間違っている髪の毛の手入れ

生活の頭皮の汚れをそのまま
頭皮に余分な脂やふけがあると、髪が抜けやすくなります
髪を頭皮を傷め、薄毛や抜け毛が増えることがある。

 

頭皮の手入れを正しく行なうと、髪の成長を妨げる障害が取り除かれ、
血行がよくなり、髪の成長に必要な栄養が毛根に届きやすくなります。

 

頭皮の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されています。
皮脂は大切で、頭皮や毛髪を保護するバリアとしても必要で、育毛成分も含まれています。

 

しかし、多すぎると毛穴に酸化して付着し、異常菌が繁殖して
炎症・吹き出物が起こるため頭皮の損傷の原因になります。

 

維持しながら、取り除くことが必要で、頭皮料=ルナレストルセリピッドが開発されました。
ふけは、頭皮の細胞が細胞分裂を繰り返して角質細胞となり、はがれ落ちたもので誰にでも生じます。

 

頭皮が乾燥したり、頭皮炎症が起こると、ふけが多くなります。
脂性によって頭皮に炎症が起こり、ふけが生じるタイプです。

 

脂やふけが頭皮に多くなると、毛穴をふさいで毛髪の成長を妨げます。

 

頭皮に炎症が起こるとかゆみが出ますが、かゆいといって爪で
かいたりすると頭皮が傷つき、かぶれたり細菌に感染したりして、
炎症が悪化するので、レストルスカルプケア頭皮ローションTで改善します。

 

放置していると毛根がダメージを受け、毛髪の成長を妨げます。

 

症状が悪化しているときは、ルナレストル育毛シャンプーを薄めて洗う、
一日おきにシャンプーをするといった手当てが必要で、シャンプーをしすぎると、
必要な皮脂も取られ、乾燥したふけ症になることで、洗いすぎにも注意が必要。

 

シャンプー剤が、髪や頭皮に残ると炎症につながることもあるため、すすぎは十分に行なってください。

ストレス

精神的ストレスだけでなく、不規則な生活などによる身体的ストレスも髪に影響します。
ストレスは、自律神経を乱し血行が悪くなり髪の成長を妨げます。

 

ストレス解消には、38℃くらいのお湯に半身浴で、
20〜30分程度ゆっくりつかると、ストレス解消や血行促進に効果的です。

たばこ・飲酒

たばこは血管を収縮させ、毛根が栄養不足になります。

 

大量に飲酒すると、アルコールに分解にエネルギーやビタミン、ミネラルが
多く消費され、毛根に十分な栄養が届かなくなります。飲酒は適量にとどめましょう。

髪の毛は、毎日少しづつ伸びています

個人差もありますが、通常1日に約0.35ミリで、月にして1センチは伸びています。
人間の髪の毛の生える数は生まれつき決まっており、減ることはあっても増えることはありません。

 

自然に抜ける毛は、普通1日に100本程度と言われ、
これを越えて1日数百本抜ける場合などは異常脱毛と言えます。

 

一般に髪の毛は、成長期の段階から始まり、徐々に太く、長く成長します。
寿命がきた毛の根本は角化が始まり、休止期となって頭皮から抜けます。

 

しばらくすると同じ毛穴から新たな毛が生えてきます。
これが髪の毛のヘアサイクルです。

 

この毛髪の入れかわりが上手くいかず、本来抜けるべきでない毛が抜けてしまうのが脱毛症です。
徐々に進行し、気づくと面積が広がる男性型脱毛症で、休止期毛です。

健康と脱毛

病気、さまざまな身体上の要因で毛が抜けてしまうことがあります。
栄養失調になっても毛は抜けます。毛髪の材料はタンパク質です。

 

材料が足りなくなり成長が阻害され、毛が細くなったり、切れやすくなったりしてついには抜けてしまうのです。

 

ホルモンバランスが崩れても毛は抜けます。女性ホルモンが減少も原因です。
栄養の不足では、特定の食べ物の食べすぎで毛も抜けます。

 

毛を回復させるには時間が必要

時間をかけて悪化してきた状態を、3〜4ヶ月でよくするといったあせりや夢を持たないで、
根気よく時間をかけて段階的に少しずつ改善していくという考えが必要です。

 

髪が弱ったり傷みやすくなる

コシやはり、つやがなくなるのは、主に次の原因からです。
頭皮がおとろえてきた、体のバランスが崩れて末端の頭皮や髪に影響が出てきた。

 

シャンプーやトリートメント、ヘアケア製品、パーマ液、カラー、水道の残留塩素などが
髪の内部に残留したり、頭皮や毛母細胞などを攻撃するからです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク