スポンサードリンク

腎を弱らせるもの

水分、塩分の取り過ぎ、水分の取り過ぎは、排泄のために泌尿器を余計に働かせることになります。

 

塩分の取りすぎも、血液中の塩分の濃度を調節するために水分を余計に取ることになり、
腎臓に負担をかけ疲れさせます。

睡眠不足・夜型

腎の力を回復するためには睡眠が大切です。
眠る時間帯も大切で、深夜に起きている夜型生活や睡眠不足は腎の回復を妨げます。

冷え

腎は冷えに弱いので、腎臓のある下半身を冷やすと、腎は弱ってしまい、髪に影響が出てきます。

ストレス

腎はストレスや不安、ショックに弱いのです。円形脱毛症の原因の一つにあげられます。

血を不足させる

肩こり、貧血、低血圧は、頭部への血液の供給が不足します。

 

頭部の緊張 頭皮の中の血管がつぶされた状態は、血液の流れが悪くなります。
髪が抜けやすい状態です。

ダイエット

急な体重の減少は、血液やその原料であるタンパク質の不足により、
生理不順や生理ストップと併せて抜け毛になる人が多く見られます。

出産後、体調の不良

血液を体内で十分に作ることができないため、
出産後の精神的負担・ストレスも血行を妨げ、原料不足の状態を作ります。

 

他には、食生活の偏り、頭ののぼせも薄毛・抜け毛の原因となります。

 

老化か遺伝も重要な要素です。
薄毛や抜け毛の原因としては先天的なものは半分です。

 

あとの半分は後天的な原因です。
あきらめていた、薄毛や抜け毛が改善できる可能性は十分あります。

身体を冷やす食品、温める食品の例

身体を冷やす食べ物、温める食べ物の例

身体を冷やす食べ物

刺身など、生野菜、牛乳、ヨーグルト、チーズの乳製品、アイスクリーム、甘いもの

身体を温める食べ物

根菜類=こんさい、温野菜、煮物、焼き物、揚げ物、丼もの

身体を冷やす食べ物が好きで、いつもいつもたくさん食べていると、
腎虚と血行不良=血虚の原因となります。

 

髪には不利な状況を作ります。冷たい、温かいと問わず、水っぽいものはすべて水分です。
口から入った水分は腎臓で尿となり、膀胱に溜められ、排出されます。

 

水分が多いと腎臓をはじめとする泌尿器の仕事が増え、
働き疲れ腎虚となり、髪にとってマイナスとなります。

 

塩分の摂りすぎ、とらなすぎは腎の力が低下し、腎虚を招き、髪を作る力が弱くなります。
アルコールは、ほどほどにアルコールには血管拡張作用があります。

 

そのため体内の熱が放出され、身体は冷えて、発汗しやすくなり、
のぼせを生じるため、髪が抜けやすくなります。

 

煙草を吸うと毛細血管が収縮します。
そのため、血行が邪魔され、血虚となり髪の原料が不足します。

頭皮の状態は、髪の悩みの解決の最重要ポイント

髪の状態と症状との一般的な関係を紹介します。

●色

赤い頭皮→のぼせ・炎症→抜け毛に白い頭皮→血行不良、冷え→白髪に

●状態

硬くピーんと張っている=テカテカ光っている→抜け毛にブヨブヨしている→白髪

体の末端部分の血行が悪くなる冷え

コリやむくみなどの他のトラブルを引き起こる原因になるので日頃ケアが大切です。

 

人間は寒いときは体の表面の血管を収縮させて熱が逃げるのを防ぎ、
暑いときは血管を拡張して余分な熱を外に発散し体温を調節します。

 

自律神経が血管の収縮をコントロールしています。

 

自律神経のバランスが崩れると血管の収縮が上手く行なわれなく血流の流れが滞って冷えを招きます。

 

自律神経はホルモンバランスやストレスの影響を受けやすく、
生活のリズムを見直し冷えの原因がないか考えましょう。

 

自律神経のバランスを整える、血行促進、胃腸の働きを高める。

冷えを改善するポイント

東洋医学では「気血水」を生命維持の三要素と考え、
バランスよく体内を循環することで私たちの健康が保たれます。

 

気は生命活動の原点となるエネルギー、血は「血液」、水は「血液以外の体液」。

 

冷えやむくみは、水の流れが悪くなり、体の中に余分な水分がたまって
水毒の状態を招き、各器官の働きが低下してしまいます。

規則正しい生活をこころがけ「気血水」の流れを良くして冷えを防止してください

  • 手や足の先がいつも冷たい。
  • トイレが近い。
  • 水分をたくさん取る。
  • 胃腸が弱く、下痢や便秘を繰り返す。
  • 疲れやすく、すぐに風邪をひく。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク