スポンサードリンク

髪を豊かにする

冷えは腎の力を低下させ、髪にマイナスになり薄毛や抜け毛の原因で、
頭皮に安心なシャンプーをヘア用シャンプーをやめてルナレストル育毛シャンプー。

 

ヘア用とは傷んだ髪の保護などコンディショニング作用を持つシャンプーで、
髪の感触はよくなるが、毎日使っていれば毛は細くなります。

 

リンスやトリートメントは毛質を悪くするし、育毛環境を悪化させます。

 

ルナレストル育毛シャンプーを使う。リンスやトリートメント、整髪料を使わないで、
マトリックスローションを使いましょう。

 

洗髪はヘアケアの第一歩。

 

ヘアケアは洗髪に始まって洗髪に終わると言い、シャンプーは選ぶこと。
髪の汚れには、大きく分けて外からつく汚れ、体の中から出る汚れがあります。

外因性の汚れにはホコリ

排気ガス、タバコの煙、ヘアスプレーや頭髪化粧品も、
時間が経って性質が変わって外因性の汚れの一種となります。

内因性の汚れ

内因性の汚れ
皮脂や汗、フケがあります。
皮膚には皮脂腺が皮脂=あぶらを分泌する器官があります。

 

頭皮には、この皮脂腺が身体の他の場所よりも多く存在しています。

 

皮脂の分泌量も多く、髪の毛が密生しているため、
頭皮があぶらっぽくなりやすいのです。

 

一般的に男性が女性よりも皮脂量が多くなっています。

皮脂や皮膚の角質層

皮脂や皮膚の角質層は本来、頭皮や髪の毛を保護する役割があり、体にとって必要。
髪の毛が汚れていると、ベタつくだけでなく、頭皮のかゆみや炎症をおこします。

 

微生物によって変質した皮脂が頭皮を刺激して、抜け毛の原因となることもあります。
そのことからもシャンプーは大切です。

◆ほとんど傷んでいない状態

キューティクルの表面がなめらかで、規則的なパターンを示し丸みを帯びて、
ツヤがありくし通りも良い髪です。

◆少し傷んでいる状態

キューティクルの先端が少し欠けてギザギザし、間隔が少し不規則で、
くしやブラシなどによる軽い痛みが見られます。

 

手触りが悪く、ヘアスタイルが落ち着きません。

◆傷んでいる状態

キューティクル(毛表皮=硬いタンパク質、役割は、保護・ツヤを決定する)が部分的に剥離、脱落して
間隔が著しく不規則で、くしやブラシなどによる深い傷、ツヤもなくなり痛みは加速度的に広がります。

◆かなり傷んでいる状態

キューティクルがほとんどなく、コルテックス(毛皮脂=やわらかいタンパク質で、太さ・柔らかさ、弾力度、
色調を決定する)が露出して、髪の毛がパサつき、まとまらなく、枝毛・切れ毛がとても多く見られます。

髪の毛の傷みの原因とは

普通髪の根元部分から傷んでいるのではなく、
とくに毛先部分に傷みがあり、枝毛や切れ毛も毛先にできます。

 

傷みの原因で、キューティクルに影響を及ぼす要因には、摩擦があります。

 

シャンプー中、タオルドライ時、ブラッシングやブローなどの摩擦によって、
キューティクルは傷つき、はがれ落ちることがあります。

 

毛先はこれらの影響をくり返し受けるので、傷みやすくなっています。
パーマやヘアカラー、ブリーチなど化学的処理によっても、髪の毛は傷みます。

 

キューティクルよりもコルテックスのタンパク質に影響を及ぼし、アミノ酸の変性や溶出を起こします。

 

これは特に、アルカリ性が強い(pHが高い)場合に促進されます。
アミノ酸の変性や溶出が起きると、髪の毛は一般的に弱くなります。

白髪の悩み

毛根で髪の毛が作られるとき、通常はメラノサイト(色素細胞)で作られたメラニン顆粒が、
髪の毛の中に送り込まれるために髪に色がつきます。

 

白髪とは、何らかの原因によってメラノサイトが消失し、
メラニン顆粒が送り込まれなくなり、髪の毛が白くなる現象です。

 

なぜ、メラノサイトが消失するかは十分に解明されていません。

 

損傷毛

毛髪は、摩擦、熱、化学物質によって損傷を受けます。

 

美容技術はダメージを与えることが多く、技術者の腕による差が非常に大きいので、
毛髪のことをしっかり勉強している技術者のいるお店に行くことが大切です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク