スポンサードリンク

遺伝しやすいのは、AGA=男性型脱毛症

ごく当たり前のことを知らずに、しらないばかりに髪のなくしている人もたくさんいます。

 

そういう人がほとんどといっても言い過ぎではありません。あなたはいかがでしょう。
髪の毛のことをどのくらいご存知でしょうか。

 

父親や両親の親戚筋、特に男性は、母親の遺伝を髪に関しては強く受けると報告があります、
ハゲの家系である場合、自分も可能性があると思って早めに手当をすることです。

 

男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素とレセプターの3つが関係して起こります。

 

男性ホルモンの分泌量が旺盛で、男性ホルモンを補足するレセプターが毛根周辺に存在し、
5αリダクターゼという酵素の働きが重なり脱毛をまねくわけです。

 

そうした脱毛しやすい条件の体質が遺伝して受け継がれるのであって、
脱毛症の家系でも、条件が変化して無事な人もたくさんいます。

 

可能性が高いにしても間違いのないケアをして予防をすることで
AGA=男性型脱毛症の危険性がそれだけ小さくなります。

 

髪は女性ホルモンの影響を受けやすいので、女性の場合は、体質の遺伝の心配は少ないといえます。
しかし、他の原因で薄毛やAGA=男性型脱毛症は起こりえます。

髪の毛に振りまわされないで生きる

髪の毛におびえている人、髪の毛を理解しようとしない人、髪の毛を
無視しようとする人そういった人がもっとも髪の毛に悩み振りまわされ、髪の毛のことで気をもむのです。

 

髪の毛を無視しようとすれば、無駄な考えをいろいろめぐらせてしまいます。

 

適切な学習をうけていればスムーズに処理できることに、
膨大な時間と大切なお金とエネルギーを費やすことになります。

 

大切なのは、髪の毛に翻弄されずに生きていけるようになることと思います。

 

この目標に到達する方法はひとつではありません。
情報の中から、好きなものを選び取っていただければいいです。

頭皮をおおう皮脂の洗い落しをすすめる

テレビコマーシャルが見られます

皮脂が髪の毛の成育の妨げをするという考え方ですが、これは間違いです。

 

髪の毛の原材料は皮脂ですから、洗い落としてしまっては髪の毛の素を捨ててしまうことになります。
健康な身体は、適当な量の皮脂におおわれることを必要としています。

 

その皮脂は体温の維持調節に本来重要な意味合いを持つのが、
清潔生活を希求する現代社会では、その維持よりも排除に気づつかれるのが現実です。

 

皮膚の一つひとつの細胞に水分が含まれ、若さを保っています。

 

若いときにはふんだんに皮脂の分泌があって、皮膚の細胞の中の水分が
体外に出てしまうのを防いでいますが、30代をすぎて皮脂の分泌が
少なくなって角質化が始まり、水分の蒸発が進み、さらに進んだ水分の抜け後がしわになります。

 

皮膚の若さを守るためには、皮膚に悪いことを避けなければいけません。

 

皮脂を大事に維持することが必要です。

 

きれいにするのは、皮脂の上まででいいのです。
皮脂がなくなると皮膚はカサカサになります。

髪は繊細です

精神状態が充実していて、体調もいいと髪も元気ハツラツでセットがしにくくなるわけです。
そのくらい髪は壊れやすく、心や身体の調子に左右されています。

 

悪い状態が続けば、髪も疲れて抜け毛が増え、新しい髪の毛を発育させる環境も落ちてくるのは当然です。
ストレスが起こるとなぜ髪の毛が抜けるのかいくつかの原因が考えられます。

  • 自律神経や内分泌の均衡が崩れ、それによって神経やホルモン変調が起きます。
  • アレルギーや自己免疫の影響などです。

ストレスが密接に関係しています

心身症の代表、自律神経失調症になると、頭痛、肩こり、目の痛み、喉の乾き、発汗、
息切れ、めまい、手足の冷え、ほてり、全身疲労、睡眠障害といった症状が起きます。

 

これらの症状はすべて髪の毛にも影響するということがお分かりいただけると思います。

 

ストレスというと人間関係や重圧などの心の問題だけのようにイメージしがちですが、
寒さ、暑さ、ケガ、中毒といった身体への有害因子もストレスの一種です。

 

現代社会が複雑であればあるほど、ストレスも複雑に絡み合っています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク