スポンサードリンク

頭頂部・分け目の薄毛を回復させる改善策

髪の老化ならばそれまでですが、薄毛コンプレックスが悩みで、お出掛けの頻度も少なくなって…

 

分け目から地肌が透き通っていきますから、ヘアースタイルでも四苦八苦。

 

風が強い日や雨の日はランチタイムに誘われても問題外という。

 

以前は心から陽気なキャラだった、このところ薄毛が原因で別人みたいに性格が暗くなり、お付き合いも弱気になってしまった。

 

頭頂部やつむじ周辺を上から見られるのに恐怖に感じている、いまや美容院に出掛けるにも抵抗に思うように変化し、家の中で三面鏡見つつ自分自身切っている。

 

似たような悩みを抱えている女性の人が次から次へと増加しているそうです。

 

分け目の薄毛に限ったことではなく、抜け毛や脱毛症で思い悩んでいて、30代20代と若々しい女性の中にも根の深い問題となってきつつある、といった統計も上っていました。

 

年齢層や原因にも影響されますが、女性の薄毛は男性のよくあるハゲとは異なり、良くなりやすいと聞いています。

 

「ちょっと前から、抜け毛が多くなったなー」とわずかながらでも心配になったら、一刻も早くなんらかの改善策を。

頭皮の血行活性化を心掛けた方が良いでしょう

ヘアサイクルが正常でなくなる理由は、健康に悪い生活習慣・食事内容、ストレス、運動不足、頭皮にストレスをかけるようなヘアケアなどが主なものです。

 

そのような、活き活きした髪の成長や頭皮環境を正しく管理することに必要な「血流」を悪くさせる引き金になります。

 

女性の薄毛の一番の背景にあるのは「ホルモンバランス」と「血行不良」と考えられることから、血液の流れが停滞するのはヘアサイクルの正常でなくなることが薄毛の進行にすごく影響しています。

 

頭皮ケア用のシャンプーで頭皮を清潔な状態に保持し、血行活性化に向けて頭皮マッサージ、食生活やサプリで髪の発毛に欠かせない栄養成分を摂り込み、潤いがなくなってフケやかゆみが発生しないように、頭皮の保湿を忘れないようにする。

薄毛の原因とは

@男性ホルモン原因説

テストテロン(男性ホルモン)の分泌が活発な人は、テストステロンが、毛母細胞の活性を阻害するので、ハゲてきます。

A皮脂分泌過剰説

皮脂腺から分泌された、皮脂がふけを多く発生し、毛孔に詰まることで、細菌を繁殖させたりして、毛の発育を妨げている。

B頭皮緊張説

血液循環が悪くなり、毛母細胞に栄養が届いていないため、毛の発育が滞る。

Cストレス説

このような原因で、毛母細胞の活力が無くなってくるので

  1. 頭皮を清潔にする
  2. 血液の循環をよくする
  3. 毛母細胞への栄養補給
  •  頭髪はたんぱく質、食べ物からアミノ酸を補給する
  •  毛母細胞の活力を高める薬効剤(育毛剤)の補給

などがとても大切で、ストレスを減少させる対策も忘れないことです。

切れ毛、枝毛はなぜできるのか?

毛髪は、ケラチンの繊維がタテに束になっています。

 

そのため横には切れにくいのですが、タテには裂けやすい性質となっています。

 

ブラッシングを逆毛で行うと、毛髪の先から裂け目が入り、毛髪がタテに裂けたのが枝毛です。

 

健康な毛は、水分が10〜20%含まれている状態で、それが毛髪の柔軟性を保っています

 

トリートメント不足で髪が、乾燥していると毛は、一層裂けやすくなります。

 

切れ毛は、ブラッシングなどで、横に切れにくい毛が切れてしまう現象ですが、これは毛髪の表面を覆い毛を保護している、キューティクルが剥がれたり、傷ついたりしていると起こるといいます。

 

切れ毛、枝毛の予防は、シャンプー(洗髪)後に、毛の手入れ、トリートメント(水分、油分の補給)をきちんと行うとよいです。

パーマで髪・頭皮が傷む

パーマ剤はチオグリコール酸を主成分に使用していますが、これは化学作用の強い物質です。

 

この成分で、髪に化学反応を起こしているのが、パーマーです。パーマによって、髪と頭皮は傷みやすくなります。

 

パーマ剤は頭皮につくと、地肌にも悪影響を及ぼし、ふけが多くなったり、かぶれたりします。

 

パーマ剤の取扱には注意が必要です。

 

パーマの後は、日々のトリートメントをよりこまめにすることが大切です。

毎日シャンプーしているが、ふけが減らない

このふけは乾燥したふけでしたら、毎日のシャンプーに原因があるかもしれません。

 

一般的なシャンプーは、アルキルサルフェートあるいは、アルキルエーテルサルフェートなどのアニオン活性剤が主成分です。

 

アニオン活性剤はよく泡立つ、汚れを落とす力(洗浄力)が、強いなどの特色を持つ活性剤ですが、同時に脂分(あぶら分)を、取り去る力(脱脂力)も強い性分です。

 

そのようなシャンプーで、毎日洗髪していると、頭皮の脂分を必要以上に、脱脂したりあるいは、頭皮を刺激し、それが頭皮の異常角化となって、乾燥性のふけを生じさせる要因になります。

 

このような時は、シャンプーの回数を減らしていくか、もっと脱脂力のマイルドなシャンプーで、例えばベビーシャンプーで洗髪して様子を見ましょう。

 

また、すすぎが不十分ですと、頭皮にシャンプー成分、あるいはリンス成分(カチオン活性剤が主成分)が、残っていることも、ふけの発生に結びつくやすいので、十分なすすぎを心がけてください。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク