スポンサードリンク

リフレッシュに香りを利用するアロマテラピーは、気持ちや身体の良くない事を癒やす

ストレスには、物理化学的、生理的、心理的ストレスが
存在しますが、ひときわ、
心理的ストレスが溜まるだろうと考えます?

 

心理的なストレスを浴びせられる事態に対人関係でのトラブルや、
精神面での苦しみ、プレッシャー、興奮、不安や恐怖心、怒り、
悲しみ、喜びなど、暮らしていく上で、避けられないものです。

 

ストレスと賢く対応していかなければ、
健康を損ねてしまう様になりかねません。

 

どんなことであれプラス思考で思われると上手くいくと思いますが、
それほどいとも簡単に性格をチェンジするというのが困難だと思います。

 

そのために、香りを活用して脳をリラックスさせるやり方

ストレスを感知している中、快適に過ごせるBGMを聴いたり、
リフレッシュできる香りを嗅いだり、明るすぎない間接灯かりの
ルームに居ると、気持ちが安定されたことはないだろうか?

 

アロマ(香り)テラピー(療法)は、植物の香りが、
心や身体に影響を与えて、私たちが前から身につけている
「自然治癒力」を100パーセントの力で高め、
精神と身体いずれも健やかにしていくという考え方でしょう。

 

「素晴らしい香りだなぁ〜」と閃いたら、ストレートに、
脳や神経に働いて、神経系をリラックスさせたり、
興奮させたりする作用が期待できるわけです。

 

植物の花、葉、種子、根、皮などから生み出される
それらの香りは、 植物別に多種多様な効き目があって、
リフレッシュやストレス発散の役に立ってくれるのです。

 

アロマテラピーでの疲労回復は、
一般的に医療とは異なり控えめではありますが、
症状が軽症だという場合は威力があることから、
即効性を体感し易くなってます。

 

さらには、手間なしで始められることから、
アロマテラピーは話題を呼ぶ疲労回復、ストレス発散法なのです。

アロマテラピーがどうして疲労回復に効き目があると思います

アロマテラピーでの治療の方法ではトリートメント、
入浴だったり多種多様なハウツーを挙げられますが、
殆どの人に馴染み深いのって香りを楽しむ方法でしょう。

 

そうして、香りを楽しむ方法でのアロマテラピーの成果は、
脳やホルモン分泌の作用の影響でもたらされそうです。

 

この効能から中枢性疲労回復、
ストレス発散、リフレッシュといった効果が得られます。

アロマテラピーの効果の仕組み

エッセンシャルオイルの香りは鼻を介して、大脳辺縁系で処理されそうです。

 

大脳辺縁系はこういった香りに合わせ、情動とつながり、
感情を目覚めさせたり行動を促進すると同時に、
視床下部に電気信号を伝え、 ホルモンの分泌を活性化させ、
血の巡りをアップさせたり、血液中の酸素を増加させるとかおのおの器官を整えます。

 

だからこそ、エッセンシャルオイルの香りに合わせ
不安を解消できたり、 疲労を立て直したり、
集中力をアップしたり、意欲を出したり、
心の中を平静状態に戻すという効果のほどが生じます。

 

アロマテラピーは女性のみなさんを中心として
知名度が高まる始めたのですが、
利用に関してはいくつもの注意が必要。

 

エッセンシャルオイルのタイプに応じて、
アレルギー反応が見受けられることもあります。

 

妊婦や幼い子どもたちにマイナスに作用も起こる
エッセンシャルオイルも存在します。

 

経口服用や皮膚塗布は害を引き起こすケースがあるため、
プロのレクチャーを欠かせません。

 

油分がいっぱい入っている時に、火気近い距離での使用は禁物です。

 

エッセンシャルオイルとは植物原料100%のタイプを意味し、
さまざまな混ぜ合わせ物混じりのアロマオイルではありません。

 

そういう理由で、アロマオイルだったらその効き目を
パーフェクトに得られないかも知れません。

 

ティッシュににじませて香りを嗅いだり、お湯に入れ込んで香りを
満喫する時に、1%希釈(1滴あるいは多くて数滴)でしっかりと効果を発揮します。

疲労感に効果があるアロマテラピー

疲労感に効果が見込めるエッセンシャルオイルはさまざまあるのですが、
今回は、3種類「脳倦怠感」、「やる気、集中する力、リラックス」、
「精神安定、不安解消」のアロマを参考にしてください。

ローズマリー

ローズマリーは、脳に作用してリフレッシュしてくれるでしょう。

 

具体的にいうと脳倦怠感となる原因のひとつである
血の流れ低下を阻止し、疲労回復にプラスするものです。

 

その他には、ローズマリーは記憶の向上にお奨めできるとされ、
認知症の症状改善でも活用されているのです。

 

ほんの少し近くの種類に、
副腎皮質に刺激をもたらしてアドレナリン分泌を促進する、
ゼラニウムを挙げることができます。

ペパーミント

ペパーミントは、ふさわしい気分爽快な香りから
精神的な癒やしに効果を見せてくれます。

 

さらには、敏捷性や集中する力を強力にし、
疲労感や無気力を軽くすることから、
抑うつに対し治療有効性、疲労回復効果を発揮します。

 

ユーカリでも似ている効き目が見られます。

ラベンダー

ラベンダーは、精神的な安定、不安解消、憂うつの抑制に役立ちます。

 

ティッシュペーパーなんかに精油を1滴垂らし、
枕元に置いておくと気持ちを沈め、熟睡し易くなるのです。

 

カモミールでも同じような効き目が見られます。

オリジナルのアロマ・香りで疲労回復

アロマテラピーがどうして結果が期待できるか 「森林浴」、
「園芸仕事・庭園仕事」、「公園散策」だったり
自然な緑を通して得ることができる香りにだって、
アロマテラピーに勝るとも劣らないで疲労回復効果のほどを持っております。

 

とある研究によって、 緑の香りに含まれる青葉アルコール、
青葉アルデヒドの香りを嗅いでいますと、
疲労感によって活動がダウンしてくる脳の前帯状皮質の
活動がダウンしづらく変わることが証明されているのです。

 

さらには、ハーブの園芸仕事と疲労感の因果関係を
研究するテストでも、 園芸仕事は神経症症状の改善や
プレッシャー、不安、抑うつ感、疲れというものをコントロールする効果を持っていました。

 

疲労度のガイドラインである唾液中の
コルチゾール濃度をダウンさせ、仕事に左右されるストレスを引き下げ、
中枢性疲労感の回復即効性が確認できました。

 

何よりも建物の中での園芸仕事よりは、
屋外による仕事のほうが効果があるそうです。

 

英国で実施された研究だと、
脳に脳波装置を付けてお出掛けするテストを行ってみると、
公園や緑地の散策は精神疲労感は元気になり、
脳波は瞑想の際に類似したものとなって、
クルマの行き交っている道路上や商業地区による
散策は、興奮やイライラする気持ちの感情の高ぶりに似たのに陥ってしまった。

 

公園や植物園という緑のいっぱいある広場は、
中枢性疲労は元気になり、ストレスをリラックスさせ、
集中する力を良くする効果を発揮します。

恐怖とホルモンと免疫の関係

悲しみ、絶望、不安などの気持ちが長く続くと
免疫(病気から身体を守る仕組み)機能の
低下が起こり様々な、病気を引き起こすことが良く知られています。

 

ある人が初めてジェットコースターに乗りました。

 

恐怖を感じた脳は、恐怖に対抗するよう視床下部を通じて、
糖質コルチコイドというホルモンを分泌します。

 

糖質コルチコイドは、肝臓に身体を構成する
細胞のエネルギーとなる、ブドウ糖を作らせます。

 

作られたブドウ糖は、血液を通じて全身に運ばれ気力を高め、
身体の動きを高め、ストレスを克服しようとします。

 

ですから、ジェットコースターに乗っているときは、
そのことで胃潰瘍になったり、十二指腸潰瘍になったりする人は、ほとんどいません。

 

それはジェットコースターから降りれば恐怖が取り除かれ、
恐怖が一時的であるからです。

 

もちろん、恐怖を感じない人もいます。
ところが戦場に行き〈恐怖〉が長く続くとどうなるでしょう。

 

糖質コルチコイドはブドウ糖を、どんどん作り出すために、
肝臓だけでは足りず、筋肉などのたんぱく質を
アミノ酸に分解し、それを原料にブドウ糖を作り出す作業に入ってしまいます。

 

当然傷の治りが遅くなるなどの、症状を引き起こしてしまいます。

 

ですから、ストレスのひずむを引き起こすのは、
脳の感じ方(心の持ち方)次第であり、
またその日のストレスは、明日に持ち越さないことが大切になります。

 

ストレス解消法としては、悲しみ、不安、
絶望に対極する感情、すなわち喜び、リラックス、
希望、幸福、心地よさ(快)といった、感情で心を満たすことが大切です。

 

もちろん香りもストレス解消法のひとつの手法としては有効です。

 

化粧品メーカーと大学の共同研究で、エステティック施術中に香りを流すと、
免疫グロブリンの分泌量が増大したとのデータもあり、
香りを美容生活に上手に取り入れることはとても良いことといえます。

 

しかし、その場合注意する点が1つあります。

 

お客様や自分が好きな香りを流すことです。

 

バラやユリの香りはいい香りだと、一方的に思いこんで流さないことです。

 

万一その香りが嫌いなお客様だったら、
ストレス解消どころかそれが、ストレスを引き起こす要因になりかねません。

アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダは、インドの伝統医学です。

 

伝統医学とは、近代医学が普及する
以前から存在している医療方法を指し、
民族の文化や伝統に根ざし体系化された医学です。

 

アーユルヴェーダ、
中国医学(漢方医学)、チベット医学、
ユナニ医学の医学が世界の4大伝統医学として知られています。

 

さて、アーユルヴェーダですが、
アーユル(生命)とヴェーダ(真理)の合成された言葉で、
人それぞれある内なる治癒力(自然治癒力)を引き出し、
高め、そのことによって健康に人生を生きる。

 

そのための方法について
医・食・住・心の持ち方などについて、
具体的かつ多岐に渡って記述されています。

 

アンチエイジング(抗老化)化粧品とは?

Aging(エイジング)は、老齢化・老化・加齢を意味します。

 

加齢とは、生命体が年齢(時間軸)とともに、
衰退の過程を経ていくことです。
また乾燥、紫外線、酸化によって肌が老化します。

 

このような加齢・老化により、
生理的・機能的・形態的変化をもたらします。

 

例えば、形態的変化を肌で見れば、
しわ、しみ、たるみ、透明感やハリの低下などが相当します。

 

これらの機能的、形態的変化をもたらす要因を明らかにし、
その要因を化粧品に配合された
保湿剤や薬効成分あるいは、マッサージなどの
美容行為によって、その進行を遅らせる化粧品を
Anti-Aging(アンチエイジング)化粧品といいます。

 

また一方で、Aging(エイジング)は、心理的変化をもたらします。

 

身体的な衰えや記憶力の低下は、
不安感を引き起こし、自尊心を傷付けます。

 

また子どもの自立、退職、友人の死などなど、
生活環境の変化は孤独感など〈心の老化〉も促進させます。

 

〈心の老化〉は、肌や身体の営みに
悪影響を及ぼし、生理的、機能的、形態的な老化を一層、促進させることになります。

 

その視点で考えると、心に快、喜びをもたらし、
心を癒すなど、ストレスからの解放を目的とするアロマテラピー化粧品や、
マッサージクリームを使用しての、エステティックマッサージなどの美容行為も、
広い意味では
Anti-Aging化粧品(Anti-Aging美容行為)と言えなくもありません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク