スポンサードリンク

ストレスが白髪の原因となるわけ

白髪となるには、それなりの理由にからメラニン色素が不足しているからです。

 

髪色を左右しているものはメラニン色素の容量とバランス状態です。

 

色素が髪の毛に組み込まれる事がなくては、白一色な状態で成長してしまうのです。

 

そういったメラニン色素を作り上げているのが、メラノサイト細胞ですが、基本的にメラノサイトですがストレスに傷付きやすいです。

 

メラノサイトは神経細胞にそっくりの性質をそのままのため、ストレスが加わると適正な働きを行ないません。

ストレスによる自律神経の異常と白髪の関係性

さらに、ストレスを溜めていると自律神経のバランスも正常に働かなくなります。

 

そうすることで血行が悪化して、頭皮から髪の毛へしっかりと栄養成分が送られ無くなります。

 

際立って不足することが多いものはミネラルです。

 

ミネラルが不足していると、メラニン色素を合成させる酵素が力を発揮してもらえないことから、どうしても白髪の原因となる次第です。

 

それに加えて、神経系のつながりが鈍化すると、基礎代謝の乱れや免疫力の弱まりにだってなりかねません。

 

頭皮が健やかな状態に保持されなくて、髪の毛にまでデメリットとなって現れてきます。

ストレスが原因の白髪に対する手入れ

白髪への対策は、何はともあれストレスの元凶を取り除くしか無いでしょう。

 

今の仕事や人間関係を原因とするストレスであったら容易に取り除くことは不可能かもしれないが、ライフスタイルを改善するだけでずいぶん和らげるのができるはずです。

規則正しい日々の生活を試してみる

何はともあれ規則正しいライフスタイルをマスターしたほうが良いでしょう。

 

一年を通じて就寝時刻がバラバラになっているなら、睡眠時間が中途半端で、結局は自律神経のバランスが失われる原因となっています。

 

さらには、難しずぎるダイエットやバランスが取れていない食生活を続けていると心身双方にストレスが強いられると思われます。

頭皮マッサージ

ストレスから起こる白髪は、細胞本来の機能に一過性の異常が現れている状況です。

 

なので、血行障害を良くするのみでも大きい効き目が出る時もあります。

 

頭皮マッサージで血の流れをよい状態にして、メラノサイトに申し分ない栄養成分をもたらしてやるようにしてください。

 

さしあたって、両方の手の指の腹を頭皮に押し当てます。

 

頭皮をストレスなくつかむみたいにして、痛みを感じないレベルに前と後ろに動かしてください。

 

この場合、指の場所はズラさず、頭皮を動かすようにして下さい。

 

動きずらいゾーンの頭皮は、血の流れが不良で、コリが見られる部位です。

 

凝っている部位を集中的にマッサージするようにしましょう。

頭皮マッサージで気を付けるケース

力を入れ過ぎないように気を付けてください。

 

痛みを伴うレベルの力強さは逆の効果になってしまう。

 

爪を立ててはいけません。頭皮が傷がつくきっかけとなります。

 

頭皮に関係なく、飲酒状況でのマッサージは止めた方が良いです。

 

酔いがまわるのが早まったりすることも考えられます。

 

毛髪に必要不可欠な栄養成分は頭皮の真皮層の毛細血管から毛乳頭によって取り入れられます。

 

血の巡りを良くすることで、白髪はもとより、抜け毛予防や育毛にだって良い結果が期待できます。

深呼吸

ストレスを回復するには、リフレッシュすること、すなわち副交感神経を活発化するのが大事です。

 

ストレス発散のテクニックはいろいろとあるけれど、圧倒的に手軽であるのが深呼吸でしょう。

 

まず身体中の息を吐き切る
できるだけ心静かに息を吸い込んでいく
吸い込んだ際の2倍の時間をかけるイメージによって、ゆるゆる息を吐いていく

 

このことを4〜5回反復するだけでも、副交感神経の活動が活発化いたします。

 

何よりも腹式呼吸は効果が期待できるそうですので、むしゃくしゃしたタイミングとか、ぜひともお試しください。

白髪防止

毛球部にあるメラノサイト(メラニン=黒色を作る)細胞が少なくなり、そのために白髪になるといいます。

 

メラノサイトの量は、皮膚などでは年とともに減ることが知られ、髪も皮膚の変形したものといえますので、同じような現象が起こると考えられます。

 

数の減少も原因のひとつですが、古い毛が抜けて新しい毛が生えるとき、メラノサイトが新しい毛球部にうまく移行しないことによるといわれ、この色素細胞の移動を、スムーズに行えば、白髪になるのを予防でき、その移行をスムーズに行わせる成分が、白髪防止に効果的です。

若い女性でも薄毛(脱毛)の人が増えています

薄毛(脱毛)は、男性だけの問題と限られていました。

 

その理由としては頭髪は、女性ホルモンが支配していて、男性ホルモンの分泌が活発な人ほど、毛母細胞の活性が阻害される可能性が、高かったからです。

 

ですから、女性も更年期後は目立って薄毛になる方もいます。

 

現在は、更年期前の女性で、薄毛(脱毛)に悩む方が多いその原因は、はっきり分かっていません。

要因1 若い頃から頭皮と髪を傷めすぎている

染毛剤に使用するパラフェニレンジアミンやパーマ剤として使用する、チオグリコール酸アンモニウムなどは、数ある化粧品使用成分の中でも、毒性・刺激成の高い成分として知られています。

 

高校時代から髪を染めたり、パーマをする回数が多いほど、頭皮(地肌)や髪を傷めることとなり、健康な髪の生育を妨げ、抜け毛が増え、髪が細くなり、抜け毛パターンに入った8〜10年後ころから、薄毛が目立つようになると考えられます。

要因2 ストレス社会で心身が蝕まれている

円形脱毛症など抜け毛の原因のひとつに、自律神経失調が挙げられています。

 

現代は高ストレス社会。競争社会で頑張る人々は知らず知らずの内に、ストレスで自律神経系、内分泌系の正常な営みに乱れが生じています。

 

ホルモンや自律神経系は、血液循環、消化、吸収など身体の代謝や活動を順調に、営ませる重要な働きをしています。

要因3 栄養の偏り

毛髪は、毛母細胞が食べ物から摂取するたんぱく質、ビタミン、ミネラルを基に作り出しているものです。

 

毎日、食べ物から原料となる成分が、供給されなければ、健康で美しい髪は育ちません。

一時染毛料と永久染毛剤の違い

染毛剤とは、頭皮の色調を変化させる化粧品です。

 

染着の仕組みから永久染毛剤、半永久染毛剤、一時染毛剤の3つに分類されます。

永久染毛剤(医薬部外品)

染毛タイプのメカニズム

染料が頭皮の毛皮質や毛髄質に浸透し、化学変化を起こし染着する。

 

髪質でも落ちない。

ブリーチタイプのメカニズム

毛に酸化剤を作用させて、メラニン(黒色)を酸化し分解し、脱色する。

 

アルカリ剤(1剤)と過酸化水素(2剤)を使用直前に混合使用するタイプが多い。

半永久染毛剤のメカニズム

染着力向上させた溶剤に溶かした染料を、頭の毛皮質まで浸透させる。

 

洗髪の度に少しずつ除去される。

一時染毛剤のメカニズム

ヘアリンスやトリートメントの時に、酸性染料を吸着させる。

 

続けて使用し、少しずつ染める。

 

ホームユース用の永久染毛剤を使用する時は、事前にパッチテストを行うなど、使用上の注意をよく読み、使用してください。

 

永久染毛剤に用いられている成分は、アレルギー性皮膚炎などを起こす成分が多く、皮膚に付かないようにするなど、十分に注意をしなければなりません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク