スポンサードリンク

夜更かしはお肌の仇敵

夜22時〜朝2時までがお肌の黄金の眠りが、
ゴールデンタイム=成長ホルモンが1日において一番分泌されるときです。

 

睡眠を取ることが理想的、と見なされる様になったのです。

 

美肌・アンチエイジングと広く影響している
「成長ホルモン」は、眠りはじめからはじめの3時間に
凝視して脳下垂体から分泌されると考えられています。

 

早い時間から眠りに就くことを意識するよりは、
眠りはじめの3時間を、途切れなくグッスリ睡眠をとることを心がけることで、
睡眠の質はアップすします。

 

さらに、21時後は身体が眠りのセッティングに
取り掛かるので、そういった点では22時に
睡眠を取ることおすすめなのですが、今の時代ライフスタイルで22時に眠ることは辛いです。

 

ポイント点は、眠くないというのにゴールデンタイムに、
寝ようと考え、追いつめられてしまい、目が冴えるので、残念なことに影響して不眠症が
起こってしまう場合が若い人に多いということなのです。

 

「眠れなくちゃ目だけつぶっていたら十分な」
に関しましては、かねてからよく話されていたやり方。

 

だけど、これもまた褒められないという。

 

「眠りについて15分〜20分間眠れなかったら、
 ベッドからいったん出よう」
そうしなければ、次の日、翌々日に大きな影響を与えてしまうわけです。

 

ベッドから出てしまうのは、目が冴えてしまって、
ますます眠く無くなってしまうかもしれないけど、これって…

 

『なかなか眠れない』と考え、焦りつつもベッドにいると、
脳がベッドをリラックスできる場所じゃなくて、
覚醒するところと理解し、記憶にとどめてしまうようです。

 

眠りにつく前1時間は、光を目に入り込ませないこと、
読み物やBGMでリフレッシュすることなどが大切なんです。

 

まだまだ眠くないというのにムリに寝ようと考えるのとは違って、
あなたの生活パターンに応じて、
効果的に質のよい睡眠・黄金の眠りを確保したいものですよね。

 

睡眠のゴールデンタイムがいのちと言いますのは、
こういった様に朝の太陽を浴びて、
日頃から同じようなサイクルを刻むことになるからいのちという意味です。

 

そうすることで日頃から、
体内時計は24時間のサイクルを刻み込んでいけるのです。

 

そうすれば、メラトニンやコルチゾールといったホルモンが予め
分泌の用意をしたり、消化器官も日頃から
一定期間になると休まるから、心と身体のコンディションがよく感じます。

 

というわけで夜中の勤めの人だと、
言うまでもなく自転周期のリズムと異なっていますが、日頃から、
一定期間に眠りについて、一定期間に目を覚ますように
努力するとコンディションが良くなります。

 

何よりも体にストレスを与えるのは、交替制勤務です。

 

深夜勤や準夜勤、日勤が目まぐるしく急変する勤めの人は、
体内リズムが崩れるため、消化器官に負担を掛けたり、
血圧が上昇したり、血糖値が上がったりいたします。

 

世間の依頼だからと言って、
健康状態を管理することに心掛けることが大切です。

 

寝はじめての3時間が黄金の眠りの時間帯

黄金の眠りのゴールデンタイムとしては、
睡眠中重要な時間帯という事でも使用されます。

 

この時は、寝はじめの3時間が、睡眠に対してのゴールデンタイムなのです。

 

眠りに入っての3時間には、睡眠時ひときわ深いノンレム睡眠が起こります。

 

このところで成長ホルモンがたっぷり分泌されるという訳です。

 

3時間の中でも、とくにはじめの90分に、
ひときわいっぱい成長ホルモンは分泌されるのです。

 

それから夜明け前に近くなると、眠りは浅くなるので、
成長ホルモンの分泌量も落ちていくのです。

 

睡眠のゴールデンタイムに分泌される成長ホルモンは、
あなたの身体的メンテナンスにおいてとっても身体に良い物質となります。

 

成長ホルモンの営みには四つあるのです。

 

骨や筋肉の修復や合成、脂肪の燃焼、
免疫力のパワーアップ、お肌の再生工程です。

 

ということなので寝はじめの3時間は、筋肉の育成を考えても、
ダイエットの事を考えても、健康状態を管理することの為にも、
それからお肌の美容を目指すためにも、
価値のある黄金の眠りのゴールデンタイムなんです。

 

健康と美肌のため日々十分な睡眠を取る

黄金の眠りの時間帯に睡眠を取っていると、
成長ホルモンが分泌され、
肌や身体の新陳代謝が盛んになることからきています。

 

ところで睡眠は正常人の場合、ノンレム睡眠とレム睡眠が一組になって、
約1.5時間(90分)単位を作っていて、
この睡眠単位がいくつかまとまって、一夜の眠りとなっているといいます。

 

特に最初の1〜2周期に深いノンレム睡眠が、集中して起こることが知られています。

  • 睡眠は大脳のための休息です。
  •  

  • 大脳の働きによって、身体の様々な働きがコントロールされています。
  •  

  • 深いノンレム睡眠は、大脳に休息ももたらす。

このように、この黄金のねむりの時間帯(4時間)もあながち間違っていないようです。

化粧ののりが悪い

化粧のり。
ファンデーションののりが上手くいかない、
ファンデーションが上手く仕上がらない。

 

その原因は色々考えられますが、
まずしっかりとした素肌作りをしましょう。

 

なぜなら、キメの整った(皮溝、皮丘が規則正しく整っている)
明るい素肌は、化粧下地を使わなくてもファンデーションは
きれいにのり、また仕上がりも美しいです。

 

キメの悪い肌、荒れた肌、あるいは皮脂分泌の多い肌、
毛孔が目立つ肌、これらの肌の方々が
ファンデーションののりを良くしたい場合は、
やはり化粧下地(クリームや乳液がある)の使用をお勧めします。

 

化粧下地で整えて、その上にファンデーションをつけると効果的です。

化粧が濃くて似合わないと言われた

スーパーで並んでいた牛肉や魚がイキが良く見えたので、
買ってきて家で見たら何かくすんで美味しそうでない、などという経験がありませんか?

 

あるいは洋服などを買うとき、
窓際へ持っていって色を確認することはありませんか?

 

スーパーなどで牛肉や魚の売り場の照明が
家庭の照明(蛍光灯)と全く違うことから起こる現象です。

 

特に会社のトイレや家庭の洗面所の照明は、
一般的に暗くグレードの低い蛍光灯の照明が
使用されていて、素肌がくすんでいなくても、
黄ぐすみして見え、必要以上にファンデーションも、

 

重ねたりアイシャドーを濃くしたりして、
それが太陽(白色光)のもとでは、白すぎ、濃すぎ、重ねすぎとなってしまいます。

 

外出されるとき、屋内の蛍光灯でメイクしたら、
一度外光で、化粧の出来を確認したら良いです。

化粧くずれはどうして起こるのですか?

化粧くずれは、ファンデーションや白粉がはげる、
鼻や口の周りを中心にムラになる、全体にくすむ、粉っぽくなることを指します。

 

昔は、肌とのフィット(密着性)が悪く、
はげることが多かったのですが、最近では汗や皮脂の分泌によって、
ファンデーション中の顔料が、凝集あるいは膨潤し、
塗布したときの化粧の均一性が失われ、化粧くずれとなるようです。

 

特に過剰に分泌される皮脂によって
起こる事が多いので、脂(あぶら)となじみやすい、
再分散しやすい顔料を開発するなど、工夫していますが、
まだまだ完全開発には至っていないようです。

 

分泌した脂(あぶら)をファンデーションの上か
ら化粧紙で、そっと押さえる、あるいはファンデーションの後、
素肌水を霧状にして、ファンデーションの上から、
軽く噴霧(スプレー)するなど工夫をすると良いです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク