スポンサードリンク

ノンケミカル化粧品というのはあると思いますか

合成界面活性剤、防腐剤、合成香料。

 

肌にダメージをもたらすのを含まれていないスキンケア化粧品を使ってみたい人はほとんどです。

 

化粧品もうんざりするくらいイメージに役立つため紛らわしい表示の無添加もしくは自然派など植物由来、あるいはオーガニックだったり。

 

一般的にいってノンケミカルとは

「化学合成物質系統のものが全て配合されることなく」「界面活性剤に防腐剤、合成香料に合成染料とか一切無添加」と、信用していらっしゃる方が多いと思います。

 

化学的なものを一切合財未使用の化粧品というものは存在していることが、不思議なのです。

 

化学物質は全部が全部害悪だと考えていらっしゃる方からしてみると、ノンケミカルは無添加と一緒レベルと認識している化粧品がノンケミカルなのは認められない。
無添加もしくは自然派または植物由来に、ノンケミカルだという表現に誘われてはいけません。

 

さらに、ノンケミカルという化粧品が、肌に良かったら触れませんが、ほとんどの場合あまり多くないはずです。

 

脱ケミ・ノンケミについては、化学物質を配合されている化粧品を控えましょうといったスキンケアのスタンスです。

 

合成界面活性剤、合成ポリマー、防腐剤などこのような化学物質は、肌において刺激が生じたり、アレルゲンと化します。

 

細胞間脂質を溶かすので肌に限って言えば良いなんてことがないです。

 

ですのでこういった成分を含まれていない無添加化粧品やオーガニックコスメや自然派化粧品を使用することをお勧めしますというわけです。

 

「化粧品を使ってののはストップできないのだけど、どっちみち使うならば肌にシンプルなタイプを使ってみたい!」といった需要はアップしているのは明らかに、敏感肌化粧品ではなくたって何種類もの化粧品ブランドは可能な限り無添加(=ノンケミカル)の路線へと舵を切っている様に考えます。

 

けれども、ノンケミカル化粧品の特徴ですが、ケミカル化粧品と比較して使い心地が劣っていたり、作用が弱めであるのが利用してストレスが蓄積されることでしょう。
有効性と低刺激を兼ね備えているノンケミカル化粧品がないのが、脱ケミ・ノンケミ派のジレンマじゃありませんか。

無添加や天然成分であるから低刺激じゃないのです

無添加や天然成分といった表示を気にかけて、化粧品を選択するところで注意したいというのが、無添加だという表示はさほど当てできません。

 

それから天然成分であるから心配無用だという証拠はなにも無いという意味です。

 

化粧品の原料に、天然成分より抽出したタイプと化学的に結び付けたものがありますが有害性や安全性に変化はないのです。

 

例えるなら、皮膚科でよく処方してもらうワセリンは石油から化学的に抽出されたものなのですが、とっても安全性が高くて発疹がでるのってほとんどないのです。

 

反面、天然成分といえど植物成分の幾つかはアレルギー反応を発症させたり、肌が発疹がでる引き金となります。

 

よって、天然成分=肌にダメージを与えない、といったキャッチフレーズやフィーリングにはウソが存在するということなのです。

 

無添加においても界面活性剤、香料、防腐剤、鉱物油、アルコールが含まれてない化粧品が「無添加」アピールしますが、ウソ偽りなく無添加じゃあ腐りますし、 品質もダウンするものなのです。

 

だけども、実際のところそんなのがほぼないとするとが特定の成分は未使用ですが、同じような効き目を見せる違った成分を含むということになります。

 

そいつが刺激になってしまうのか、アレルギーが現れるかに関しては使って確かめてみないとハッキリしないところがあるんです。

 

どっちにしろ、無添加や天然成分といったポイントで予断を許さないということが化粧品と言えます。

 

植物成分入りというのは肌に無反応じゃない

植物であるならばどれもこれも穏やかではありません。

 

正しく、食品であればリスクが少なくても、皮膚に塗布するのって違うはずです。

 

なぜかというと、植物にはひとつひとつ自分自身を守るために必要な毒(植物がカブレ易い)を持っているからです。

 

一方で、消化器官の方と言ったら人は眼でチェックし、匂いを嗅ぎ、舌でテストし、だけど毒を口に入れてしまった場合、反応呼び覚まして放出し、胃腸で分裂すませてから身体内に入れられます。

 

うっかりして毒成分が身体中に入り込んだ場合、肝臓で無毒化するわけです。

 

だけれど、皮膚にそういうメカニズムはございません。

 

であるからこそ、化粧品使って肌から栄養成分というものを入ることができる、浸み込ませるといった振舞いは、人工的そのものズバリでしょう。

 

無理やりにそのことをするとなると肌が不健康になってシワができやすくなりかねません。

 

刺激の強力である植物はビックリするぐらい多く見られます。

 

ヒノキから抽出するヒノキチオールといった成分は殺菌防腐剤には知られていますが、悪名高いフェノールやサリチル酸などを上回って厳しい配合規定されております。

ケミカル=化学 化学合成原料は肌に悪い?

無添加化粧品という表示には、科学的定義が無く、不正確な表現であるとともに、安全性を保証するかのような、誤解を呼ぶ恐れがあるため、商品のキャッチフレーズとして掲げることは、原則として認められていません。

 

最近は、このルールが徹底され新聞などの広告でも、無添加化粧品のキャッチフレーズも大分少なくなりました。

 

変わって増えてきたのが、「ノンケミカル化粧品」あるいは「ケミカルフリー化粧品」の表現です。

 

消費者の持つ漠然としたイメージ、実際にはこの決め付けは、誤りがあることを、逆手により、化学合成原料が入っていない(ノン)化粧品と表現しているつもりです。

 

しかし、美白原料として多用されている安定型ビタミンC(アルコルビン酸リン酸Mg)などは化学合成されていて、また保湿剤として広く用いられています。

 

BG(ブチレングリコール)やグリセリンも化学反応を活用して作られています。

 

化学反応を利用した化学合成原料なしに化粧品は作れません。

 

「ノンケミカル」という表現も無添加化粧品に同様、不正確でまた安全性を保証するような、誤解を呼ぶ不適切な表現といえます。

 

ノンは「無い」ですから入っていない、使用していないの意味になり、ノンアルコールの場合はアルコールが入っていない、ノンオイルの場合はオイルが入っていないという意味になります。

 

仮にオイルを使っていない乳液に、ノンオイルという表現があれな、これは特定の原料だけが、入っていない意味ですから、正確な表現ということになります。

 

同様にアルコールフリー、オイルフリーのフリーも入っていない、使っていないという意味となります。

混在成分で肌トラブル?

@消炎剤・グリチルリチン酸2K配合の化粧品です。
 肌荒れ、にきびの予防や悪化を防ぎます。

 

A消炎剤・グリチルリチン酸ステアリル配合の化粧品です。
 肌荒れ、にきびの予防や悪化を防ぎます。

 

Bマメ科の植物甘草(カンゾウ)から抽出した植物エキス配合。
 肌荒れ、にきびの予防や悪化を防ぎます。

 

@は甘草(カンゾウ)から消炎効果の高い、グリチルリチン酸2Kを高純度で(他の混在物をなくして)抽出した水溶性物質。

 

Aは甘草(カンゾウ)から抽出した、グリチルリチン酸をさらに酸で、分解して精製し高純度で抽出した脂溶性物質。

 

Bは甘草(カンゾウ)から水溶液や油に溶け込んだ物を取り出したもので、一般的にグリチルリチン酸2Kの純度は低く、他の溶解物質が混在しているもの。

 

つまり@〜Bは、全て甘草という植物から作り出されたものなのです。

 

言い換えれば、植物エキスというのは、抽出成分の中には、中心となる有効成分の外に、様々な水や油に溶け込む、成分が混在しているものと、いっても過言ではありません。

 

もちろん、化粧品に使用されている原料は事前に検査し、安全性を確認していますが、植物エキスだから、安全で効果が高いと盲目的に思わないで、肌によっては、極稀ですが、特に敏感肌やアレルギー肌の方は、混在成分で肌トラブルを起こす可能性が、高くなるわけですから。

 

十分注意が必要です。

化粧水の泡立ちはなぜ?

化粧水は「水」だけで構成されているわけではありません。

 

肌のキメを整え、しっとりと滑らかにすることを実現するため、保湿剤や高分子あるいは、微量の油性成分などが配合されています。

 

また豊かな気持ちで使用できるよう、安全性が確認された微量の香料を配合することもあります。

 

水に溶けない肌の美容に大切な、油性成分などの成分を透明で安定した形で、水の中に溶かし込むためには、可溶化剤(水に溶かし込むことを可能にする成分のこと)とも言われている、界面活性剤を使用します。

 

化粧水の「泡」は、化粧水を使用するときの、振動によって空気が巻き込まれ界面活性剤が、泡立ったものと思われます。

 

または保湿効果を高める、ヒアルロン酸などの高分子が配合されていることにより、生じた泡が消えにくくなることも考えられます。

 

化粧水に用いられている、界面活性剤は洗剤やシャンプーなどに気泡・洗浄剤などとして用いられる、ラウリルエーテルサルフェートなどといった、アニオン活性剤ではなく、より安全性が優れたノニオン活性剤が用いられており、肌への安全はより高いものと思われます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク