スポンサードリンク

ニキビにとって「刺激」は極力避けることが重要です

ニキビができている肌は、「炎症」を起こしている状態で、とても刺激に弱くなっています。

 

この時に刺激を与え過ぎてしまうと、炎症が悪化してしまったりニキビ跡の原因になったりしてしまう…

 

具体的に、化粧品における「刺激」とは、界面活性剤(洗浄力)、アルコール、防腐剤、合成着色料、香料など…

 

勘違いしてはいけないのが、上記のような成分がまったく含まれていないものがベストではありません。

 

例えば、クレンジングなどの洗浄するための化粧品であれば、自分のメイクの濃さと洗浄力がマッチしていなければ余計に擦ってしまい、さらに大きな刺激になりかねないからです。

 

含まれる量が極力少ない方が肌に優しいですが、まったく含まれていないから良いのではなく、自分の肌状態・メイクによって選ぶことが重要です。

にきび用化粧品と医薬部外品の違いとは

目的とする効能(働き)の主剤(有効成分)の量が医薬部外品の方が多く、薬事法で定められている薬効剤(特定の成分)が含まれている場合に医薬部外品となります。

 

一般的に医薬部外品の方が有効性が高いといえます。

 

またにきび用化粧品は、洗顔料、お手入れ化粧品に大別されて、薬効剤としては硬い角質層(皮膚)を柔らかにする成分(イオウ、サリチル酸など)、殺菌剤(イオウ、塩化ベンザルコニウムなど)、消炎剤(グリチルリチン酸など)が配合されています。

シミが出来やすいのはなぜ?

シミは紫外線を浴びると、表皮にある色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素を作ります。

 

それが沈着して出来るものといわれています。

 

表皮のメラニン色素は表皮が平均4週間で入れ替わっていますので、だんだん沈着してしまいます。

 

また、真皮で沈着した場合は、真皮は表皮ほど短い時間で入れ替りませんので、シミがなかなか消えなくなります。

 

しかし、シミが出来るのは紫外線ばかりではありません。

 

化学物質(レモン汁に入っている物質、ソーラレンなど)による光敏感症やホルモンのアンバランス(妊娠−分娩など)によって出来る場合もあります。

出来てしまったシミを消すためには

紫外線から肌を守ることが大切です。

 

美白をしているとき、紫外線を浴びていることは何にもなりません。

 

紫外線から肌を守る対策をしていれば、このことだけでも(表皮は約4週間で入れ替る)シミは薄くなります。

美白化粧品を使用する

通常、美白化粧品と呼ばれる化粧品には、美白剤と呼ばれる有効成分が配合されています。

 

これらの化粧品(医薬部外品の方が有効成分が多い)の中で、自分の肌となじみがよいものを使用するとよいです。

美白剤(薬効剤)の成分と作用

美白剤

ビタミンC
ビタミンC誘導体

  • L-アスコルビン酸リン酸エステル
  • 2,3,5,6-0-テ ト ラ-2-エチルヘキサノイル-L-アスコルビン酸
作用

水溶液中のビタミンCは熱に弱く、そのため、安定型ビタミンCが配合されています。

 

還元作用(酸化を元に戻す)を持つことで美白剤として用いられています。

美白剤

アルブチン、ルシノール、エラグ酸

作用

シミなどの要因のメラニン色素(黒色)は紫外線を受けて活性化した酵素チロシナーゼあるいはエンドセリンによつてチロシン(無色)→ドーパー→ジヒドロキシオンドール→メラニン色素(黒色)になります。

 

これらの美白剤はもの反応を抑制するものです。

抗酸化剤

ビタミンE、ポリフェノール、β-カロチン

作用

チロシン→メラニン色素の反応は酸化反応です。

 

また、紫外線(フリーラジカル)の酸化反応によって老人性色素斑やくしみなどが生じます。

 

酸化防止力のある成分として知られています。

 

日本では天然・自然のもの、あるいは動植物系のものは安全で、合成もの、あるいは鉱物系(石油系)は危険ということが比較的広く信じられていると思います。

 

しかし漆液(植物)でかぶれますし、レモン汁の光敏感症によってシミが出来ます。

 

天然・自然か合成か、動植物系か鉱物系かということより、その成分が皮膚科学的に肌に安全か否か、が問題になります。

 

戦後、原料事情の悪化から粗悪な鉱物油を使用した化粧品が市場に出回った時期があります。

 

このようなことから現在も鉱物油がシミの原因であるという、誤解が根強く残っています。

 

しかし、当時のトラブルの原因は、鉱物油そのものに有ったのではありません。

 

鉱物油に含まれている不純物に原因がありました。

 

ですから不純物を取り除いた鉱物油は安全な油分になります。

 

皮膚科で処方されるワセリンは、一般的に知られている鉱物油のひとつです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク