スポンサードリンク

無添加化粧品の素晴らしさとは

大半は、無添加化粧水はお肌に対するやさしさを追い求めた結果としての商品になると思います。

 

無添加化粧品は旧表示指定成分を含まれていない、異なっている成分でも、アレルギーや刺激、細胞毒性といった引き金になりうるのをチェックして、可能なかぎり除外します。

 

ニキビケアや美白という薬用化粧品とは違うようで、あり得る特定の効果は持つことはありません。

 

これって、副作用を回避するからなのです。

 

異常なほど何かしら効果を追い求めた化粧品は、局面で副作用が発生することだってあります。

 

人体が保持している生まれながらの修復作業を急がせるのって、人体にムリをさせてしまうことにつながります。

 

薬で例えたら、抗生物質は随分卓越したものなんですが、投薬と共に腸内細菌の安定性を失って下痢といった元凶となることもあります。

 

化粧品だって同じようなケースが考えられます。

 

シミを作りあげるメラニンの排泄を肌細胞に作用して促進するって、ターンオーバーを狂わせるのです。

 

もしくは、ニキビができる原因を殺菌すると健康的な皮膚に欠かすことのできない細菌すらも殺菌しまいかねません。

 

アンチエイジング(加齢対策)はシワやたるみなどを良くするものなんですが、成分を奥深い場所に染みわたらせることから、バリア膜が一時的に破損することから、敏感肌になり得る。

 

オーガニックコスメの場合でも、高度な効果を有するものは同じくらいに副作用が生じるリスクも存在することを認識しておくべきです。

 

薬の原料にもなり得る植物の成分は強力で、摂取しても元気であった場合でも、お肌だと刺激が発生することがよくあります。

 

こういった無理があるスキンケアをして肌細胞にムリをやらせてしまった場合は、肌生まれ持った保湿機能は悪化して、細胞が生きることに必要な水分が失ってしまうのです。

 

これって乾燥肌の引き金となる引き金にもなりかねません。

 

そのような中、無添加化粧品は、細胞に対して制限なくストレスを加えずに、お肌が本来持っている力がしっかり機能出来るよう、環境を整備するのを意図しているのです。

 

そのためには、化学由来か植物由来か、なんか関係なしにて、肌細胞に対し強要しないくらいの角度から原料が厳選が行われ、開発されているわけです。

有効性の高い化粧品は効果的に考えて使う

高レベルな美容効果が期待されている化粧品は、間違っても悪いわけではなく、必要に合わせて利用するのって少しも支障ありません。

 

そこには、活用のタイミング、あるいはあなたのお肌との適性を見極めないとダメです。

 

すなわち、抗生物質を長い間毎日飲み続けていくのはよくないのと同じく、美容効果抜群の化粧品は、活用するタイミングをキッチリと断定することが求められ、これって非常に重要になります。

 

例として、月経終わった後1週間の、お肌が健やかなタイミングといった場合だけ活用したり、肌細胞がエネルギーを失う月経前1週間は使用を回避する、といった配慮ができると思います。

 

お肌が敏感でトラブルを引き起こしやすい方は皮膚科医を受診することで安心できると思います。

お肌に負担を与えない無添加化粧品

肌の手入れはしっかりとやっているのに、速攻でお肌が潤いがなくなってくる、保湿が保持できない、肌の荒れやできものといった肌の悩みが現れる方は、毎日使用中の肌の手入れ化粧品がお肌にダメージをもたらしていると考えられます。

 

肌細胞にムリを強いていますと、こういったことが出て来るわけです。

 

無添加化粧品は、使用し始めて間もなく見ることができる効果が出てくるものとは違います。

 

けれども、手間を惜しまずに段階的に肌細胞のエネルギーを取り返すことができます。

 

無添加化粧品を活用するうちから、ひたすらに抱いていたお肌の悩みが気がつけばクリアしていたというのは数えきれないほどあります。

無添加化粧品を選択するときに心に留めておきたいこと

パッケージにおける「無添加」といった言葉だけで信頼して手に入れてしまう方は大半ですが、成分はキッチリと確かめましょう。

 

可能ならばメーカーのショッピングサイトや商品カタログにて安全性や無添加についてのスタンスを読んで、あなたがご自身で納得できればオーダーするというのが望ましいですね。

 

とりあえずはお試し品やサンプルというものを確保して確認し、あなたの肌を満足させるかそうでないのかをテストしてみることがいいと思いますね。

 

無添加化粧品には乾燥肌や敏感肌の方にプラスの面があげられますが反面、防腐剤や安定剤が無添加にも多く見られるので保存に注意してください。

 

開封以降はできる限り早く使用し切ったり、冷蔵庫保管したりする用心を行なってください。

 

また、大量に生産できちゃう化学成分不必要で、徹底的に天然成分などより開発されている無添加化粧品の製造には一定レベルの経費が発生するため、値上がりしてしまうことだって少なくありません。

 

そうは言っても、間違えずに決めた無添加化粧品はお肌へ活用するダメージを可能な限り小さくして、元気で清潔感のある素肌を育むことを狙った手入れに役立ってくれることでしょう。

 

即効性はなくても、長い目で見れば生まれ持った素肌を取り戻すための近道であるかもしれません。

成分が無添加な化粧品は基本的に存在しない

唯一の例外は温泉水だけの水

よくいわれる無添加化粧品というのは、防腐剤、色素、香料などを配合しない、あるいは化学合成原料やアレルギーを起こしやすい成分を、配合しないという、化粧品のようです。

 

従って、従来表示を義務付けられていた指定成分(102成分)ができるだけ、添加されていない化粧品という意味のようです。

 

実際には、化粧品の成分は何百、何千とあり、その中の102成分だけが、アレルギーが起こしやすい成分により、102成分についても、皮膚障害を起こす刺激性・アレルギー性物質が除去され、化粧品原料としての安全性も高まっています。

 

現在では、全成分表示によって指定成分が決まった背景は、過去に皮膚アレルギー症例が報告された成分のリストであり、それを逆手に解釈し、指定成分が入っていなければアレルギーが起こらない安全な化粧品、という錯覚を持たれているようです。

 

しかし、アレルギーを引き起こすアレルゲンは、人によって様々であり(Aという物質が一郎さんに安全だからといって、二郎さんにも安全とは限りません)また、102成分意外でもアレルギー症例が報告された成分は多数あり、指定成分が入っていないから安全、と盲目的には信じるべきではありません。

精製オイル使用とは?

植物は空気、水、土の中の栄養素の炭素、酸素、水素、窒素などの元素を持つ成分を元に化学反応によって、植物の生命活動、種の保存に必要な様々な化学物質を作っています。

 

この化学物質の数は構造上、酸類、アルコール類、アルデヒド類、ケトン類、エステル類、フェノール類、セスキテルペン類及びテルペン類などに分類される何百、何千もの物質といえます。

 

従って、植物オイルは単一物質でなく、様々な化学式で表すことが出来る成分(化学物質)の混ざり合ったものということができます。

 

例えば、イラン・イラン(花々のなかの花の意味)というエッセンスがありますが、この中にはオイゲノール、ゲラニオール、リナロール、イランゴール、テルペン類、ピネン、安息香酸ベンジル、蟻酸、サルチル酸、吉草酸の誘導体などが含まれています。

 

植物の実から原産法やローラン法をもとに機械的搾油法によって採取したオイルは、分子量の違う様々な脂肪酸、脂肪酸エステル、あるいはテルペン類などの夾雑物を含んだ茶褐色の液体です。

 

この中から夾雑物を除去し(きれいに)、水蒸気蒸留などで目的となる成分の純度を高め、取り出すことを精製といいます。

ヘアリンスの働きと使用上の注意点とは?

ヘアリンスは洗髪によって毛髪から奪われた油分を補ったり、毛髪に柔軟性を与えます。

 

また界面活性剤の吸着による電気的反発によって、毛髪同士が付着するのを防ぎ、ゴミやホコリの付着を防止します。

 

これらのリンス効果が出る理由は次のようなもの。

 

毛髪は濡れているときは、陰イオン側に帯電した形を取ります。

 

界面活性剤(リンスの成分)が、そこに吸着していくわけですが、吸着する向きはシャンプーの場合と逆で、親水基側(水と馴染みやすい部分)が、毛髪の表面に吸着していきます。

 

従って、毛髪同士は表面を親油基側が覆った状態になっているので、お互いに電気的反発を起こし、付着し合わずテレビコマーシャルに見られるような、さらっとした状態になります。

 

リンス剤の主成分として使用される、界面活性剤は陽イオン(カチオン)活性剤が主で、特に塩化ジステアリルジメチルアンモニウム(表示名=ジステアリルジモニウムクロリド)あるいは塩化ステアリルトリメチルアンモニウム(表示名=ステアリルトリモニウムクロリド)などの第4級アンモニウム塩が多いようです。

 

これらの成分は、皮膚アレルギー刺激的反応を比較的起こしやすい、成分であることから、敏感肌の方やにきびで炎症を起こしている方は、リンス剤が直接付着しないように、より注意が必要です。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク