スポンサードリンク

パターン別くすみ改善方法で、透明感を回復させる

くすみは日々の着実な改善方法でお手入れが可能です。

 

しかしながら無視したら、複数の原因が複合的に重なって、肌の手入れ効果が現れにくくなりかねません。

 

くすんでいると気づいたら、早いうち手入れを心がけた方が良いでしょう。

 

くすみにはいくつもの種類があって、手入れ方法が変わります。

 

あなたのくすみの種類を理解し、肌にふさわしい手入れを始めるべきです。

 

何種類かのパターンが混ぜ合わさっているケースもあり得ますから、あなたのくすみの状態をしっかりと見てみましょう。

メラニンくすみ

日焼けや炎症などのダメージのせいでメラニンがごっそり生成され、排出がスッといかない結果に影響されるくすみ。

 

こうした場合の改善方法は、美白成分たっぷりの化粧品を活用してお手入れすることが必要です。

 

ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、エラグ酸、コウジ酸など、何種類もの美白成分を組み合わせた医薬部外品が販売されています。

 

成分や感触ーなんかで、あなたのお好きなのを選んでください。

乾燥くすみ

このくすみだと、一番いいのは保湿がキーポイント。

 

セラミドやコラーゲンなどのモイスチャー効果成分をたっぷりと角質層に与えるやり方で、角質細胞をみずみずしく、ふっくらした状態にしましょう。

 

化粧水単独では保湿になりません。

 

絶対条件として保湿効果抜群の美容液やクリームを塗り重ねた方が良いでしょう。

 

乾燥肌の女性の人は洗いすぎないということも重要です。

 

肌のタイプにフィットするように効果的に選ばないといけません。

血行不良による青ぐすみ

マッサージがイチオシ。

 

指のすべりをスピーディーになるようにマッサージ用のクリーム使って、肌に負担を与えないように注意してやさしくマッサージしていきましょう。

 

朝、肌がくすんで化粧のりが良くないときは、2〜3分マッサージしてからファンデを塗ると役に立つでしょう。

 

さらに、日ごろから身体を冷やさず、体を動かすなど、血行を良くするライフスタイルに気をつけ下さい。

汚れくすみ

古い角質がストックした結果によるくすみなら、ケミカルピーリングでお肌のターンオーバーを高めるのがおすすめ。

 

ピーリング用の化粧品をうまく使い、不要な角質限定で取り去ります。

 

ピーリングその後の肌は敏感になってくることから、クリームやバームでバッチリ保湿やることを忘れないで…

糖化による黄くすみ・茶くすみ

元凶となるAGEsを作らないことを考えて、糖質オーバーのフードスタイルを再検査することが重要。

 

甘めのデザートをストップするばかりか、ご飯・小麦・とうもろこしといった糖質を控え目にする、食事時に葉野菜を一番に口に入れるとか、食事のとり方も創意工夫やってみましょう。

 

さらに、糖化したコラーゲン線維は基本として戻ることはありません。

 

紫外線、喫煙は、酸化ストレスの原因です。

濃い産毛くすみ

ムダ毛処理だと安全カミソリでの剃毛が一番で安全ですが、何度も行うと、バリア障害から肌荒れや、メラニンくすみの悪化を起こしかねません。

化粧品などによる油やけ

油やけといったくすみの多くの場合は、劣化した化粧品が災いして現れる刺激性皮膚炎と炎症後色素沈着です。

 

そう簡単には少なくならないリップカラーやアイシャドウを2年、3年と使用していることはないでしょうか。

 

劣化した化粧品は肌のトラブルのもとになり、炎症を起こすことでシミやくすみの原因となります。

 

捨てるにはまだ早いと言っても、劣化した物はバッサリと処分しましょう。

 

さらにメイクして時間が経過すると、お肌の上で化粧品の油脂成分が酸化反応を起こしてるのです。

 

ワンデイの最後には面倒くさいけど完璧にお化粧を落とすということを忘れないことです。

皮膚がくすんで見える原因とは

  • 皮膚につやがない。
  • しみにより広い面積が黒っぽく見える。

こういう現象を「くすみ」といわれています。

皮膚がくすんで見える現象としては

  • 角質層のキメ(皮膚の表面)が荒れていて光が乱反射する。
  • 年を取ると皮膚に過酸化脂質が増加し、それがたとえば、

    皮膚のβ-カロチンなどと結合し、皮膚の色をくませる。

  • メラニン色素(主に黒色メラニン)が沈着する。
  • 血液の循環が悪い。

などの原因が考えられます。

くすみのお手入れとしては

  • 角質のキメを整える(水分、油分を補給し瑞々しい肌を作る)。
  • 過酸化脂質を増やさないようにする(抗酸化)。
  • 新陳代謝をよくする。

などが大切になります。

毛穴の黒ずみのお手入れ方法とは?

皮脂や角栓が混ざり合った固まりが空気に触れて酸化したり、
汚れが付いて黒ずんで見えるのが、毛穴の黒ずみです。

 

黒ずみが気になる部分は、丁寧に洗顔し、毛穴に詰まった皮脂や、
汚れを除去する、パックやシートで取り除きます。

 

爪で無理に押し出すことは、肌に負担をかけると共に、
皮膚を傷つける可能性があるのでいけません。

 

また、毛穴の黒ずみを取るパックやシートは、皮膜の力で、
黒ずみを取るので、周りの皮膚(角質層)を、傷つけることもあります。

 

したがって、1日に何回も何度も使用することは避けてください。

冬の季節の赤ら顔の原因は?

赤ら顔は、基本的には血行不良によって、起こると考えられます。
皮膚の比較的浅い部部にある、
毛細血管の血液循環が、悪くなり起こる現象です。

 

そういう点で、白色肌で透明感があり
、皮膚が薄く見える方が、赤ら顔が目立ちやすいといいます。

 

マッサージなどで日頃から、血液循環をよくすると共に、
角質層の保護機構を高める、
乳液やクリームによる、お手入れを人一倍こまめにしてください。

敏感肌

敏感肌とはどんな肌なの?

敏感肌とは、年齢や体質に関係なく、肌への刺激に対して、皮膚トラブルを起こしやすい肌のことです。

 

  • 物理的刺激(強く擦るなど)に敏感。
  • 化学的刺激(アレルギー体質を含む)に敏感。
  • ある条件下で肌のコンディションが悪くなり(更年期、妊娠中、季節の変わり目、過労、ストレス)

    ホルモンや自律神経の変調により敏感。

などが考えられます。

 

同じ敏感肌といっても、原因が異なるため対処方法はそれぞれ異なります。

生理によって肌が敏感になる

女性ホルモンバランスの変化により性周期があります。

 

女性ホルモンの中でも代表的なエストロゲン(卵胞ホルモン)は、肌に潤いとハリを与え、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、皮膚の分泌を促進するため、にきびなどの原因の一つといいます。

 

これらのホルモンの分泌量が、大きく変化する性周期により、身体や肌にも様々な変化が現われます。

 

特に、生理の前後はホルモンの量変化が大きいところから、肌トラブルが生じやすいです。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク