スポンサードリンク

温熱じんましんというのは何だと思いますか

凍えるような冬の季節、お風呂に浸かるのって幸せなひとときだと思います。

 

熱いお湯にゆったり。冷え冷えのからだが温まってホッカホッカ。

 

であっても湯船から出てくるとからだがむず痒い、ひどくかゆい。

 

そういった体験ある人は多くいらっしゃるのでは、「温熱じんましん」と考えられます。

 

気温の低い場所から温かい所へ行ったらからだがかゆく変化する。

 

熱い風呂に入ったり、外出から帰宅して
ヒーターに当たったりすることでからだが温まって来た時、
ぽつぽつと赤い発疹が発症することが起こります。

 

これ以外には、
スポーツするとかゆくなるかもしれません。

 

皮膚が少し赤くなってしまって、
耐えられない痒みに見舞われることだってあります。

 

掻くとそれに加えてかゆくなって、
広い範囲にわたって赤みが拡大する場合も
見られると思います。

 

そうすることで回復するまで
時間が強いられてしまうわけです。

 

温熱じんましんとは、
体温上昇が起因して引き起こされる症状で、
接触部位の皮膚の温度が
40〜50℃ほどに上昇する症状なのです。

 

温かさに影響される体温の上昇が元凶となり、
入浴後や運動後で、
暖房器具に当った後に発症しやすいわけです。

 

症状は、かゆみ。

 

さしあたってピリピリするくらいでも、
いきなりエスカレートして
かゆみが取れなくなるというようなケースも。

 

からだが温まると、
蚊に刺されたの際に生じるという感じの
皮膚の赤みや腫れが出て、
かゆみが発症する発疹が現れます。

 

こういった強力なかゆみが温熱じんましんの特徴。

 

温度変化を感じ取り入れ易い血管が集合している腿や、
乾燥しがちなひじやひざゾーンに、

 

ヒスタミンという物質が集まっており、
そういうことから、
皮膚に赤みを帯びたふくらみが発症するらしいです。

 

じんましんとは、
からだが外部からの刺激に敏感に
現れるアレルギー反応なのです。

 

こういったアレルギー性質の人は、
皮膚が異常を感知すると過度に
ヒスタミンという物質が分泌されるのです。

 

ヒスタミンは血管を拡大させて皮膚を赤くさせ、
痒みも発生するじんましんが出現します。

 

じんましんはよく耳にするけれど、
温熱じんましんとは、
温水や温風のといったような
暖かい刺激にさらされるとできちゃうじんましん。

 

とりわけ温度が低い場所から高い所に移動して、
からだが温まると皮膚にブツブツができるようです。

 

予防は温熱を回避すること。

 

ストーブからストレートに温風を受けない対応、
あるいは風呂上がりに
軟膏を塗るといった日頃の手入れが大切。

 

それから発症部分を掻かない行ない。

 

掻いてしまったら、
じんましんが拡散するといった場合もあるから用心です。

 

不安になる人は、とにかく皮膚科を受診しましょう。

 

けれども温熱じんましんは特定しにくく、
ほかのきっかけとなり発生してもからだが
温かくなったので「温熱」と思い違いすることが
多いようなので、日々の生活を
しっかり観察した状況の認識が必要不可欠。

 

考えられる人は、とにかく皮膚科へと
足を運ぶと良いのではないでしょうか。

 

皮膚にある保湿機構

肌のバリア機構が弱くなり、肌の乾燥がすすむとかゆくなる

入浴で皮脂膜やNMF
(ナチュラルモスチャライジングファクター・
 皮膚にある保湿機構で自然保湿因子とういう)
が取り去られ、お肌のバリア機能が弱くなって、
お肌の乾燥が過度に進むからです。

 

年をとると「老人性乾皮症」は、
背中や足がかゆくなるますが、これも同じ理由です。

 

かゆみの対処方法

洗浄料(洗顔料、ボディソープ)は、
活性剤の少ないマイルドなものを選びましょう。

 

入浴後に保湿効果の高い、
化粧水や乳液で水分・油分を補い
皮膚のバリア機能を整えてください。

 

顔剃りは肌がつるつるする

化粧のりが良い、
と女性が顔剃りをする方が増えていますが、
ゆき過ぎには注意が必要です。

 

皮膚の最外層で外部環境から、
肌や身体を守っている角質層(0.02mmの厚さ)を
傷つけがちです。

 

男性の髭剃り後の皮膚表面を
拡大観察すると、
表面が肌荒れしている様子が良く分かります。

 

腋下の手入れ方法とは?

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。
腋下になるのは、アポクリン腺が関係しています。

 

アポクリン腺は腋窩のほか、
外陰部、肛門周囲などに分布しています。

 

アポクリン汗はたんぱく質や脂肪を含み、
普通は乳白色をして無臭ですが、
空気に酸化されたり、細菌によって
分解し変質すると、特有のにおいを発生します。

 

ペラルゴン酸やカプリン酸などの揮発性の
低級脂肪酸やトリメチルアミンなどに分解します。

 

アポクリン腺が肥大したり、
分泌異常の方は腋臭になりやすいので、
お手入れとしては常に清潔に保つ工夫と、
制汗剤や殺菌剤入りのデオドラント製品での
お手入れを勧めます。

 

足の汗は、エクリン腺で99%が水分で
残りの1%に、塩化ナトリウムや尿素などを含みます。

 

たんぱく質や脂肪が少ないので、
普通は変臭しませんが、
通気性の悪い靴などでは、

 

多量の汗が分泌され、
それによって足の皮膚が軟らかくなり、
菌も増殖して結果として、

 

イソ吉草酸などの低級脂肪酸ができ、
足臭となります。

ネイルエナメルを多用すると爪が割れる?

指先に力を入れたり、者を持ったりする上で、
爪は大変大切な役割をしています。

 

爪は髪と同様に皮膚の一種で
硬いケラチンから出来ています。

 

しかし、その中には水分が10〜12%程度
含まれていて、この水分が爪の柔軟性を保っています。

 

ネイルエナメルやそれを洗浄するリムーバーは有機溶剤から成り立っていて、
これを多用すると爪から水分や極少量含まれている脂(あぶら)分を奪うこととなり、
結果、爪が割れたりするのです。

 

台所洗剤の多用によっても、同様な現象が起こることがあります。

 

この場合の処置としては、しばらくエナメルの使用を止め、
ネイルトリートメントを行って水分や脂肪を補い、しばらく様子を見ましょう。

 

どうしても、使用する場合は、
エナメル中に水分を含有させたマイルドなものの使用をお勧めします。

夕方になると足がむくんで困る?

お仕事で立ちっぱなし方、あるいは椅子に座りぱなしの方は、
夕方になると靴も入らなくなる程度、足がむくんでくることを経験しています。

 

むくみは、血液や体液の循環が悪くなって起こる現象です。

 

簡単に言うと、「重力」によって下に滞ってしまうことによって起こります。

 

老廃物を重力に逆らって心臓の方向に
戻す「力」のひとつに、血管の周りの筋肉の運動があり、立ちっぱなしなど、
同じ姿勢をとっている人は、この筋肉の運動不足によって、
一層むくみやすくなります。

 

同じ姿勢をとらないで、時々4〜5分でも、
「歩く」「体操をする」など、身体や足を動かすだけで〈むくみ〉はかなり改善されます。

 

もちろん、足のツボ刺激、マッサージあるいは足浴などはとても効果的です。

皮膚と免疫

乾布摩擦をすると風邪を引かないという、
意味は皮膚を鍛えれば、身体の抵抗力(自己回復力)を高めるので、

 

風邪(暑さ、寒さといった急激な
温度変化によって引き起こされやすい)を、引きにくくなるということです。

 

このことに関連して、最近の皮膚研究で、
皮膚に存在する「ランゲルハンス細胞」という細胞が、
人の身体の免疫(病気に対する抵抗力)と、深いかかわりを持っていることが分かってきました。

 

また、ランゲルハンス細胞が
皮膚の神経と結びついていて、相互影響を及ぼしていることも分かりました。

 

皮膚は心、身体の健康と深い繋がりを持っています。

 

このようなことからも、
「皮膚に心地よい刺激を与える」
「皮膚を鍛えることは心や身体の健康に大きな
影響を及ぼす可能性を持っている」ことが分かります。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク