スポンサードリンク

化粧品でかぶれたらどうしたらいいのか

化粧品の使用を中止して、皮膚科専門医の適切な治療を受けましょう。

 

低刺激性の石けんなどで肌にのせた化粧品を取り除く、ほてりがあれば水でひやしたタオルで熱をとる、などの応急ケアはできますが、素人療法は悪化のもと。

 

皮膚科専門医を訪れて適切な治療をうけましょう。

 

問診の際には、いつ、どんな状況で、どんな症状になったか、をできるだけ詳しく説明することが大切。

 

症状が治まっても、原因がわからなければ再発する可能性があります。

 

何を使ったときに悪くなったか、何を使ったときは大丈夫だったか、ひとつひとつ確認していくことで、原因を調べることができます。

 

また、かぶれた原因物質が何かを調べる「パッチテスト」という方法を実施している皮膚科もあります。

化粧かぶれの原因になりやすいもの

香料・色素・基剤成分などが多く報告されています。

 

これらの物質は、化粧品だけでなく食品や薬品、衣料品などに含まれていることもあるので、日常生活でも十分ご注意ください。

 

香料・色素・ラノリンアルコール(乳化剤)・ヘアダイの染料(PPDA)・金属

化粧品のかぶれ

試供品、サンプル化粧品は無料なので、あれこれ使っていたら、かぶれた経験はどなたでもあると思います。

 

かぶれは、皮膚に湿疹が出来る、赤くなる、かゆくなるなどの症状を起こす現象で、接触皮膚炎のことをいいます。

 

化学物質は、多くの方は自然(植物)抽出物ならば、安全と思うと思いますが、実は自然抽出物は、何十、何百種の化学式で表される物質(成分の集合体といってもよく、オーバーに表現すれば「化学物質のかたまり」)といってもよいのです。

 

自然(植物)抽出物だから「かぶれない」などと、頭から信じるようなことは、考えないでください。

 

化粧品は、本来化学物質を活用して製造された肌を、健康にし、美しくする工業製品です。

 

多くの化粧品メーカーは、出荷前に製品の安全性を様々なテスト(経口毒性、パッチテスト、モニターテストなど)を、行い確認して上で、市場に出しているのですが、人によっては「かぶれ」などの症状が起こってしまうことがあります。

 

かぶれは化学物質などに触れ、湿疹、炎症、かゆみを起こしますが、タイプとしては2種類に分かれます。

 

1つは、化学物質そのものの持つ刺激によって、引き起こされるかぶれです。

 

パーマ剤に使用しているチオグリコール酸が顔に付いてしまって、かぶれるといった場合です。

 

多くの化粧品かぶれは、この刺激性接触皮膚炎と呼ばれるかぶれです。

 

もう1つは、アレルギー性のかぶれで、この場合アレルギー反応を引き起こす物質(アレルゲン)は、人によって様々。

化粧品かぶれを避けるための注意点をいくつか挙げます。

  1. 現在かぶれを起こしている人は、化粧品の使用を避けること。
  2.  

  3. 自分の肌の特徴を知る(乾燥肌か?機械的摩擦に弱いか?化粧品かぶれを起こした経験は?などなど)。
  4.  

  5. 自分の体の体調を知る(生理は?体調は悪くないか?)。
  6.  

  7. アレルギー体質は?アトピーは?
  8.  

  9. あれこれ化粧品を替えない、一度に化粧品を替えない(ブランド切り替え時など)。
  10.  

  11. 使用法(能書き)をきちんと読んで、正しく使用する(使用濃度、流すタイプかなど)。
  12.  

  13. 初めて使う化粧品は、少しずつ肌にならす。
  14.  

  15. 成分表示を見て成分の特徴を知る(以前にかぶれを起こした化粧品と同一成分の配合の有無などを調べる)。
  16.  

  17. 違和感を感じたら、使用を一先ず止めて様子を見る。

レモンの汁と日光の肌への影響

オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、
レモンなどのシトラス類の果実に皮に含まれる、
精油中には多種類のクマリン誘導体が含有されています。

 

ベルガモット類から検出されるベルガグテン
、ベルガモテン、レモンやグレープフルーツから
ベルカプトール、フロクセリン、シトロプテン、など
光毒性のあるクマリン誘導体が検出されています。

 

果実の汁を絞って、日光に当たると、
これらのクマリン誘導体の光毒性によって、
皮膚に炎症を起こしたり、しみを作ってしまう、原因になります。

頭皮・頭髪のトラブル

毛が薄くなるのはどうして?

毛が薄くなるハゲは、太く硬い毛が、細く柔らかい毛に変わる、毛の成長期が短くなり、休止期が長くなるためと、考えられています。

 

その他には、遺伝的な要因、ストレスが原因とされるトラブルがあります。

 

毛母細胞(毛を作る細胞)を、包み込んでいる、毛包の数は赤ちゃんのときに、完成するためそれ以降は増えることも、減ることもありません。

 

男性脱毛症でも、毛包の数は変わりません。ハゲは、毛包の活力(毛母細胞が毛を作る力)が低下するためと考えられます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク