スポンサードリンク

育毛剤の効果

髪の毛の成長を促進する成分がメインに定められた製品です。

 

養毛剤とよく似ていますが、現在生えている髪の毛の成長を活性化させ、抜け毛をブロックする効き目を主流としている。

 

育毛剤には、医薬品や医薬部外品に割り当てられた販売物が数多く、有効成分が含まれているために、養毛剤よりも大きい効果が発揮されるでしょう。

育毛剤の効果の中には、主として次に挙げるものがあります。

  • 頭皮の毛母細胞や毛根細胞に作用して代謝活動を活発化し、育毛をサポートする。
  • 頭皮の血の巡りを良い状態にして毛乳頭に対する栄養補給を増加し、髪の毛の成長を促進する。
  • 微生物の増殖や炎症をコントロールするので、抜け毛を食い止める。
  • 保湿成分の作用で頭皮の乾燥を防止し、育毛条件を円滑にする。

 

女性用育毛剤のケースでは、女性の感受性の強い頭皮に刺激をもたらし過ぎに気をつけるよう、有効成分の濃度が男性用とは違ってやや低く配合がなされて、指定された効果のほどがゆるやかに反映されるように考えられている販売品がけっこう多いことも特徴的です。

養毛剤の効果

抜け毛を少なくして、髪の毛を保護をすることを専用としています。

 

栄養成分や保湿成分、皮脂・フケを減少させる成分などが主体にして配合がなされて、効きめが安定した化粧品に区分される商品がほとんどです。

 

とにかく手間なく使用することができる種類となっています。

 

頭皮の環境を調整して今のところ生えている毛髪の抜け毛を防止し、髪を健やかに保持する効果が期待できることが養毛剤です。

発毛剤の効果

毛母細胞に働き、抜け毛後に新たな形で発毛に導くことを狙ったタイプです。

 

養毛剤・育毛剤がずっと前から自然に生えている毛髪の状態をキープするものであるのと比べ、発毛剤はアグレッシブに毛髪を発毛に結びつける効果を期待して、毛母細胞の活発化や細胞分裂する確率の高い成分が含まれています。

 

発毛剤は薬事法で医薬品に規定されたものが多くて、ドクターから処方してもらう医療用医薬品と、薬剤師のいるドラッグストア等で購入可能な第一類・第二類・第三類医薬品とがあるのです。

医薬品・医薬部外品・化粧品の違うところを学習する

育毛剤・発毛剤・養毛剤には、有効成分などで「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」がございます。

 

医薬品は効き目・効能はより高いと公表されています。

 

その分だけ、副作用の確率が避けられないことから、医師や薬剤師の判断を仰ぎつつ活かすことオススメします。

育毛剤の働きについて

毛を生み出す毛包の数は、男性の脱毛症の方でも減らないところから推定すると、男性ホルモンの影響などのさまざまな要因により生育する頭髪の、密度(本数)が減る(抜け毛の増加)、1本1本の毛が細くなる、などによるものと思われます。

円形脱毛症はストレスが原因って本当なの?

円形脱毛症(十円玉大の脱毛症状が見られる)の原因は明確に分かっていませんが、現在のところ、精神的ストレスが原因で起こるとされています。

 

従って、毛母細胞の破壊や活動の低下によって起こる、脱毛(ハゲ)とは異なり、精神的ストレスが取り除かれれば、元通りに回復されるとされています。

 

ですから、原因となるストレスから心を開放し、栄養と睡眠を十分取り、心と体に休養を与え、癒すことが、円形脱毛症を治癒する一番の療法です。

 

その上で毛母細胞の働きを高める育毛剤を使用したり、血液循環を良くする頭皮マッサージなどの手入れを取り入れることです。

化粧品の品質

化粧品と医薬部外品の違いとは?

医薬品は病気の治療を目的とするもので、その多くは病院や薬剤師のいる薬局でしか、販売することができません。

 

それに対し、化粧品は美容を目的とするもので作用が、緩和でなくてはなりません。

 

では、医薬部外品は、医薬品と化粧品の間に位置するものといえます。

 

薬事法で、医薬部外品と表示するように決まっているものとしては、パーマ液、浴用剤、薬用化粧品などがありますが、この場合は、主剤(薬剤)の配合量などについて規制されています。

 

ところが同じ日焼け、雪焼けを防止する化粧品などでは、同じ範疇でも医薬部外品になったり、化粧品になったりします。

 

これは主剤(薬剤)の量と作用(有効性)の違いで分かれています。

 

総じて、医薬部外品の方が、化粧品よりも主剤の量も多く有効性が高いです。

安い化粧品と高い化粧品

化粧品に使用されている原材料(成分)の多くは、医薬部外品原料規格(外原規)、食品添加物公定書や日本薬局方などに収載されていて、化粧品原料としての規格が定められています。

 

化粧品は高い化粧品も安い化粧品も成分の大部分は、外原規や日本薬局方などの規格基準が定められた、原料から構成されていて、その点から見れば人に対する安全性、有用性は確保されています。

 

もちろん会社独自の成分開発、処方開発が行われ、その開発費用が、価格に反映されている場合もあります。

 

このような前提を踏まえて少し、価格差について説明します。

 

化粧品は原材料の差だけで、良さが決まるわけではありません。

良い化粧品に必要な要素とは

  1. 安全性(使用して安心)
  2. 機能性(美白機能、抗シワ機能)
  3. 安定性(使用し終わるまで外部環境の影響で省化されない)
  4. 嗜好性(その人のフィーリング、肌感覚、生活感覚にマッチする)

4つの要素が必須です。

 

中でも化粧品は時計、テレビなどの実用品などと違い、肌に直接付けるものですから、安全性が条件で、そして自己表現につながるものですから、嗜好性も重視されます。

 

この4つの要素を安全な形で満たすため、化粧品は皮膚科学、物理化学、色彩学、心理学などの、最新の人間総合科学技術に基づいて作られます。

 

単に宣伝費に、お金がかかっているからとか、容器が高いからといったものではありません。

 

一部化粧品の中には、不当に高い価格の物もあるかもしれませんが、一般的には高い化粧品には、上記の化粧品の具備すべき、価値があるといえます。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク