スポンサードリンク

悩み別若返りアンチエイジング方法

ここでは老化によって引き起こされる悩み別に、正しい若返りアンチエイジング方法を紹介します。

シミ対策

第一に紫外線対策を徹底することです。外出するときは必ず日焼け止めクリームかUVカット効果のある化粧下地やファンデーションを塗りましょう。春夏は帽子や日傘も忘れずに。

 

また、メラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してシミを薄くするビタミンCを積極的に摂りましょう。

 

ビタミンC摂取にオススメの食材は、ゴーヤ、パセリ、パプリカ、ブロッコリー、ピーマン、いちご、キウイなどです。

 

乾燥、シワ、たるみ対策

あらゆる肌トラブルを引き起こす元となるのが乾燥です。

 

乾燥を防ぐためには、きちんと保湿することが大切。

 

そして、肌作りのカギとなる良質なタンパク質と、抗酸化作用をもつビタミンA、ビタミンEをたっぷり摂りましょう。

 

ビタミンAは肌や粘膜を強くします。

 

植物性食品の中ではβ-カロテンとして存在し、体内でビタミンAとして働きます。

 

ビタミンAは鶏レバー、ウナギ、ニンジン、春菊、ホウレン草、カボチャ、ニラ、小松菜、チンゲン菜などに多く含まれます。

 

ビタミンEは肌の奥で酸化を防止し、肌を保護するバリア機能を正常に保ち、うるおいをキープしてくれます。

 

ビタミンEはアーモンド、アンコウの肝、スジコ、タラコ、アユなどに多く含まれています。

アンチエイジングに「早過ぎる」はない

アンチエイジングは老化を予防し、美しく健康な肌を保つための美肌対策ですから、若いうちからはじめても早過ぎるということはありません。

 

20代でも成長過程が終了していれば、老化が始まるのです。

 

若々しい肌を保ちたいのであれば早めに対策を立てることが大事。将来の自分のために、今できることから始めましょう。

肌は内臓の鏡、心の鏡、環境の鏡

肌は身体の健康、心の健康、そしてそれまで過ごしてきた環境の結果を反映として、その人その人の肌があります。

 

紫外線、乾燥、酸化が肌の老化を促進させる3大要素で、紫外線の影響(それまでどれくらい紫外線を浴び、また蓄積されてきたか)が、一番大きいです。

 

若いとき、夏に肌を焼いて真っ黒になっていたことを何年も繰り返した、人は肌が人よりも、速く老化しがちですから注意してください。

なぜ年をとると老化するのか?

人の身体はすべて細胞から成り立っています。

 

細胞は物を生産する工場のようなもので、身体を構成する、たんぱく質や骨など様々なものを作り出しています。

 

真皮の線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、あるいはヒアルロン酸などの、皮膚を構成する物質を作り出しています。

 

皮脂(皮膚の脂)は、脂腺細胞が作っています。

 

この細胞の数が年を取ると減ったり、また細胞の働きが衰えたりすることによって、老化現象が起こります。

 

老化防止は、この細胞の働きを低下させないようにすることが、大切なことになります。

 

細胞は物を生産する工場のようなもので、この働きを低下させないようにするのは、工場にエネルギーや原料が必要で、細胞に栄養分(たんぱく質の原料であるアミノ酸あるいはビタミンなど)やエネルギーをきちんと補給して、また細胞の環境をよい状態に置いて上げることが、大切なことです。

 

もちろん髪や皮膚、そして爪もすべて細胞が作り出した物です。

 

美しく健康で、艶やかな髪や皮膚には、それらを作り出している細胞にきちんと、栄養とエネルギーを送って上げることが大切で、紫外線などの外部の悪い環境から保護し、細胞をよい環境に置くことが大切です。

 

皮膚を老化させる外部環境要因として、皮膚の老化を加速させる4大環境要因

  • 紫外線
  • 乾燥(空気の乾燥、エアコンなど)
  • 酸化(汚れ、過酸化脂質など)
  • ストレス(怒り、悲しみ、絶望など精神的負担)

過酸化脂質とは

身体はたくさんの細胞から成り立っています。

 

その細胞は脂質と呼ばれる細胞膜によって包まれています。

 

過酸化脂質は、その脂質(あぶら)が過度に酸化されたものです。

 

天ぷらを揚げるとき、何回も何回も使っていると、無色のものが茶褐色になり、その油で揚げた物を食べると、気持ちが悪くなる(油あたりをする)ことがあります。

 

これは空気中の酸素によって油が酸化され、天ぷら油の中に過酸化脂質ができ、それに害を受ける現象です。

 

人間は空気中の酸素を吸って、それを体内で反応させエネルギーとして活用しています。

 

どの場所もいつも酸化されやすい状態にあります。

 

そのうえ、酸素を活用するとき「活性酸素」といって、反応性の高い酸素が、発生してしまいます。

 

人間は、活性酸素の害から守る仕組みが備わっています。

 

それは、SOD(スーパーオキシドジスターゼ)という酵素の存在です。

 

ところがこのSOD(スーパーオキシドジスターゼ)という酵素は、30代ぐらいから体内での量が減少してきて、そのため活性酸素によって、脂質が酸化されやすくなり、過酸化脂質が蓄積します。

 

過度に蓄積が進むと、細胞膜が破壊され、細胞死に至ります。

 

動脈硬化などが起こりやすくなります。皮膚も細胞から成り立っています。

 

皮膚の場合は、紫外線によってもこの反応は起こります。体内、体外とダブルパンチを受ける可能性を持っています。

 

酸化防止剤としては、ビタミンC、ビタミンE、β-カロチン、一部のアミノ酸が知られています。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク