スポンサードリンク

からだが老化を始める原因を知っているでしょうか

からだのサビ、からだはストレスや強い紫外線、電磁波なで、
金属がサビるみたいに日ごとサビています。

 

その酸化のスピード感をスローペースにする
やり方はいの一番食生活の見直しなのです。

 

理想的はあらゆる条件を克服することながら、残念なことに無理があるなら、
あなたの体内年齢でマイナス点に的を絞って、直していくことにします。

 

その要素のひとつに活性酸素があります。

 

私ども人間が身体の中に酸素を取り込んで
活動のエネルギーとするが、その一部分は活性酸素と化して、
細胞を酸化させ、シミやシワができる原因が発生します。

 

それのみでなくて、活性酸素は異常に反応性が高くて、
私どものからだを作っているタンパク質や脂質、
DNAというものを酸化させ、生活習慣病といった
疾病までも発症させる原因であると言えます。

 

なので、普段より活性酸素を抑制する抗酸化作用の
高レベルな食べ物を摂取し、からだの酸化を阻止するというのが
アンチエイジング(抗加齢・老化予防)は重要になり得ます。

 

栄養バランスの摂れた食事内容は、
肌にだって効果のある食生活となるのです。

 

第一段階はどうしても必要なエネルギーを
しっかりと摂りいれることが不可欠です。

 

ですので、厳しすぎるダイエットはお肌の大敵となります。

 

あなた自身がどんな物を召し上がるかに関しては、
あなたの肌にストレートに影響を与えます。

 

どれほどからだにおすすめだと言っても、
一つの食品のみを摂るといった
バランスの良くない食生活は美肌から遠のいてしまいます。

 

 

体中の酸化予防をするにはサビ止め効果抜群の
抗酸化食料品を召し上がることが望ましい。

 

ビタミンA、C、E、ポリフェノールだったり
抗酸化物質を含む食べ物を摂ることから意識しましょう。

 

肉類、大豆なんかに含まれるタンパク質の補給も忘れることなく。

 

老いを感じさせない美肌を
しっかり作るためには水をたっぷりと摂るという考え方が一番。

 

一日約2リットルの摂取が目安だそうです。

 

水を飲用することから、肌にモイスチュア効果が戻り、
血液の流れが滑らかになり、体中の新陳代謝もアップ。

 

女性に数多くいらっしゃる便秘症も、これによって克服できるでしょう。

 

年齢によって、骨の形成に影響している
女性ホルモンの分泌は減少して、骨密度は悪くなります。

 

そのため対策ということでオススメが、骨を強力にし、
乳がん予防にも効果を発揮する抗酸化物質が
数多く含まれるブロッコリーを摂りいれること。

 

365日摂取すると効果が期待できます。
骨年齢を改善するには、骨代謝を高くすることが望ましい。

 

そうするために骨形成に欠かせないカルシウム、鉄、マンガン、亜鉛、
マグネシウムといったミネラルの補給が絶対必要です。

 

牛乳といった乳製品、アーモンドといったナッツ類を
何としてでも摂ると安心できると思います。

 

筋肉やホルモンを作るだけでないですし、
体全体の細胞生成にだって不可欠な栄養成分の一つとなるタンパク質。

 

毎日の食生活の中から、肉、魚、大豆、乳製品を
バランスを考えて摂取することに注意してください。

 

摂取しづらい場合にはアミノ酸を補給してみてください。

 

老いを感じさせないお顔をキープするうえでも
要求されるというのが口の筋肉。

 

このような筋肉の弱まりは、歯の弱まりにまで影響を及ぼすことから、
ちゃんとパワーアップをやっておいてください。

 

何と言ってもしっかり噛んで食べてみること。
その中でもごぼうといった繊維質を摂取すると役割を果たします。

 

油(脂肪)の摂取し過ぎは肥満体質のファクターに。
からだを酸化させ、血管を老化させてしまうのです。

 

可能ならば高い品質の油を適正な量摂ることからしましょう。

 

いち押しは、胡麻油、エクストラバージンオリーブ油、
キャノーラ油、クルミ油、魚油などでしょう。

 

糖尿病や高脂血症といった危険度を高くし、
血管の老化を促進する太り過ぎ。

 

こういった肥満体質の予防には、
毎日の食生活の改善が絶対必要です。

 

からだのプレッシャーの少ない低インシュリンライフスタイルだったら、
何の問題もなく肥満体質を回避し、
血管の若い年齢をキープするのが不可能ではありません。

 

脳細胞のアンチエイジングを図る時に
どうしても必要な成分は、コエンザイムQ10。

 

それから心臓・血管アンチエイジングに関しても出た、
青み魚に含まれる「オメガー3脂肪酸」(DHAやEPA)が一役買います。

 

食べ物からは摂取しづらいケースでは
健康補助食品で補給した方が良いでしょう。

 

早食いはレプチンやインスリンの働きを乱すため太り過ぎの原因となる。
食事時間は時間を費やしてゆったり、楽しく味わいたいものです。

 

可能なら、朝ごはんやランチだと20分〜、
夕ごはんだと40分〜設定するという意識が素晴らしい。

 

しっかり噛んで味わいたほうが良いでしょう。

 

レプチンとは、メインに成熟脂肪細胞で産出されるタンパク質。
レプチンが増えると肥満体の元凶になる。

 

アンチエイジングだとさしあたって「健康補助食品」を
思いだす人もかなりいると思われますが、
なんと食べ物にだってとてもたくさん抗酸化物質が組み込まれています。

毎日の食事内容に意識を向け摂取するようにしてください

フルーツ

ブルーベリー、ラズベリー、プラム、プルーン、イチゴ、キウイ、オレンジ、ブドウ、グレープフルーツ

野菜

ブロッコリー、トマト、小豆、ホウレン草、ナス、玉ネギ、キャベツ、とうもろこし

これ以外だと

赤ワイン、緑茶

経絡マッサージやツボ刺激とは?

東洋医学の基本は生命の営みを、
人は天の気(酸素)や地の気(食物)を摂り、

 

それが血や水(血液やリンパ液、体液)となって、
身体を循環していて、「気」というエネルギーが
循環を荷っていると考えます(気血循環思想)。

 

その気や血の通る道が「経絡」です。

 

そして、病気とは外から邪気(悪い気)が入ったり、
血や水が滞ったりすると、気血循環がスムーズに
行かなくなると、起こると考えられます。

 

ツボはその気血の循環をよくするための治療点です。

 

東洋医学は数千年の臨床経験をもとに、
伝承されてきたものを、体系化したものと考えることが出来ます。

 

ツボは特異的に神経が集まった場所とか、
合会のツボを刺激すると、頭部の血液循環がよくなったと、
科学的にも色々な裏づけが報告されています。

痩せるという言葉はダメ

健康で美しいプロポーションを作る、ことを目標としましょう。

 

病気になって痩せても全く意味はありません。
健康で美しいプロポーション作りは、どうすればよいのか?

 

大切なことはたくさんあります。
  • 食事をきちんと摂り、身体に大切な栄養分(タンパク質やエネルギー源)を

    補給しながら実行すること。

  •  

  • 余分な体脂肪を減らし、かわりに筋肉を鍛えること。

このことを実行するためには、食生活の改善、
体力に合わせての運動の実行が不可欠な要素となります。

 

そして「美しいプロポーションを作る」には、
この間の美容(ボディの手入れなど)も大切な要素の一つです。

 

これらのことを実行し、目的を達成するためには、時間がかかります。

 

そのためくじけそうになる計画を時に励まし、また支えてくれる、パートナーが必要です。

 

そのパートナーがエステティシャンであって、サロンであると位置付けるとよいでしょう。

 

そういう意味で「良いエステティシャンがいる良いサロン」を選ぶ必要があります。

 

1〜2回のもみ出しエステで部分的に痩せるという、
お話は上手過ぎると思いませんか?

アロマテラピーとは?

植物の精油(エッセンス)を治療に使用する技術のことを、
アロマテラピー「芳香療法」といいます。

 

アロマテラピーという言葉を初めて使用されたのは、
ルネ=モーリス・ガットフォセという名前の、
フランス人が1928年に書いた「アロマテラピー」(aromatherapie)という本が最初です

 

しかし、その原理はかなり古く、「医学の父」として
尊敬されている、古代ギリシアのヒポクラテスは、膨大な数の薬用植物について記述していて、
当時の古代ギリシアでは、オリーブ油を使用して、花びらやハーブから香気を吸収させ、
そのエッセンスを医療や化粧目的で使用していました。

 

今のエッセンスでのアロマテラピー施術の原則です。

ピーリングとは?

固く古くなった角質を強制的に除去し、
つるつるした肌にするピーリングが盛んです。

 

酸で表面を溶解する方法(フルーツ酸、乳酸などを使用する)が
一般的なものですが、植物の粉末(くるみの殻)や
酸化チタンの微粉末を肌の上で転がすことによって、
角質を除去する方法
(エステティックではゴマージュとして知られている)もピーリングといえます。

 

基底細胞が変化した角質(層)は、
基底細胞から数えて本来平均4週間で、
アカとなって剥がれ落ちるのですが、老化すると、

 

剥がれ落ちに関与する酸素の働きが衰え、
なかなか剥がれ落ちにくくなり、
皮膚は肥厚し固くなるといわれています。

 

ピーリングはこの剥がれ落ちにくくなった、
角質層をなかば強制的に除去するものといえます。

 

ピーリングで注意しなければならないことは、
強い酸や強い刺激を、皮膚に与えないことです。

 

強い酸、強い刺激は、肌本来の自然の営みを狂わせ、
肌を傷めることに結びつきかねません。

 

育毛百科トップへ
育毛百科は薄毛や抜け毛と闘う

スポンサードリンク